ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
ホンダが開発したASIMOから始まった、夢の二足歩行人形ロボットの実現。
ToHeartのメイドロボット「マルチ」の実用化は直にやって来ると願い続けて
はや20年が経過しましたが、未だに我が家にマルチはやって来ません(^_^;)

ロボットの開発自体は世界中で毎年進歩してはいるのですが、今ひとつこれと
言った決め手になるロボットや新技術が、なかなか世間の目に触れる事が無い
事も、ロボット進化の実感が沸かない点でもあると思います。
ASIMOを超えるインパクトは難しい、という事でしょう。


そんな折、トヨタが人体の動きをトレースするロボット「T-HR3」を発表しました。



ネットでも話題騒然となっていましたが、私は動画を見て無かった事もあって、
あまり気に留めていませんでした。
そして今日、初めてT-HR3の動画を見たのですが、これがなかなかインパクトが
大きくて驚かされました(;´∀`)

まるでパシフィック・リムのイェーガーじゃないか!

操縦者がヘッドマウント・ディスプレイでロボットの視点から操縦出来る所も
子供心を熱くさせるものがあります。


しかしそれ以上に驚いたというか、驚かされたのが滑らかな動き。
操縦方法を見ると巨大ロボット感満載なのですが、開発者の人はこれを介護や
体が不自由な人の手足として使おうという考え方で、更に驚かされました。

確かに柔らかい動きや、風船を持ってボヨンボヨンと凹ませても割らない動き、
少女とハイタッチするトルクサーボ技術は、正に人と触れ合う為の技術です。
人と生活するパートナーロボットという発想は、最初見た操縦システムから
連想される巨大ロボのイエーガーとは真逆のものです。

そう、むしろメイドロボ・マルチの為のコア技術と言っても過言ではありません。


動画の後半に少女と共にヨガに興じるT-HR3を見ると、ベイマックスにも見えて来ます。
人に寄り添い人と共生するパートナーロボット。
是非とも実現して欲しいと、T-HR3の映像を見ると願わずにはいられません。

次は外観を美少女型にして、トルクサーボシステムをフルに活用した、お手伝い
ロボットを作って頂きたい(;^ω^)
そう、正にマルチのようなロボットを!
これが我が家に来るまでは死ねないな!!

再読に映像を見た時はパシフィック・リムかと思ったら、気付いたらマルチが
実現されそうな期待に溢れていました。
もういっそマルチが我が家に来るまでのカウントダウンを今日から始めたい気分。
夢があふれる未来は、案外もうすぐそこまで来ているのかも知れないな!

# by onikibi | 2017-11-24 00:33 | Comments(0)



昨日、新製品を紹介したフランスのスマホメーカー「Wiko」
昨日の新製品「View」の発表と合わせて「くまモンのすまフォン」も発表しました。

これは以前から発売されている「安かろう十分だろう」でお馴染み「Tommy」という
1万5千円のローエンドスマホの外装と化粧箱に、熊本県のゆるキャラ「くまモン」を
プリントしたコラボ・モデル。

12月発売予定で、価格はベースとなったTommyと同じというアナウンス。
売上の数%分を熊本地震の復興支援金に送られるそうです。

くまモン好きの方は、僅かでも復興支援になるという所にも魅力を感じるのでは
ないでしょうか?

Tommyはスペックが低いローエンドのスマホですが、3Dゲームをやらない限りは
スマホとして通話・Web閲覧・SNSを使う分には十分な性能という事で、コスパの
高い製品です。

技適の無い低価格輸入スマホを買うよりは、問い合わせ窓口があるだけでも
買って使う低価格スマホとして、スマホに詳しくない一般ユーザーの人が
使うには十分実用に耐える品では無いかと思います。


格安SIMが普及して来た今現在、低価格で実用に足るスマホが少ないSIMフリー
スマートホン市場において、やたらと高性能を目指さないWikoの姿勢は
個人的に好感が持てます。

フランスではスーパーマーケットで吊るしで売ってたりするそうですから、
日本でも気軽に買えるスマホとして、デジタルガジェットに詳しくない
一般ユーザーが不安なく買って使えるスマホを、これからもどんどんと
発売して欲しいと思いますヽ(*´ヮ`)ノ

# by onikibi | 2017-11-23 12:19 | Comments(0)

以前ブログにでも紹介したフランスのスマホ「Wiko」
その時は格安のスマホを日本向けに発売し「安かろう十分だろう」という
低価格低スペックを逆手に取った扱いやすいスマホで、お高いスマホが
多い昨今の日本市場に、安いけど粗悪品では無いスマホを持ち込みました。


個人的に好感が持てる製品だったので注目していたのですが、そのWikoから
新しいミドルレンジのスマホが発表されました。



新しい製品の名前は「View」
ミドルローのプロセッサを搭載し、画面サイズは5.7インチ。
アスペクト比が18.9という今流行の縦長スマホです。

このサイズで18.9比画面のスマホと言えば、iPhoneⅩを始めとして各社が
フラッグシップの製品で発売するお高いスマホが集中しています。

その中でWikoのViewは予想価格が3万円程度で、大きな縦長画面のスマホを
出して来た訳です。
プロセッサがミドルローの性能である事を除けば、メインメモリも3GBあり
カメラも十分な性能がありそうで、更にデュアルSIM対応と十分なスペック。

オマケにmicroSDカードのスロットは通信SIMと別の場所に設置してあるので、
SIMを2枚差してもSDカードでメモリの拡張もが出来るというのが出来ます!
地味に良いポイントを押さえている所も好感が持てますね。


価格を考えると結構お得な製品では無いでしょうか?
バリバリと3Dゲームをやりたい人はiPhoneを買って頂くとして、普通に
スマホを使う人に取ってはかなり有望な選択肢になりそうな予感です。


前にWikoが出したTommyも、カタログスペックの低さとは裏腹に、実機を
買って使った人の感想は「これで十分」という好評が多かったですから、
今回のViewもスペック以上に使い勝手が良いスマホである可能性が高い
という期待が高まります。


12月発売という話ですから、早く実機が見てみたい製品ですね(*´ω`*)
高くて高性能のスマホもいいですが、やっぱりコストパフォーマンスの
高い製品は夢があるなあ。

# by onikibi | 2017-11-22 19:43 | Comments(0)

新しいタッチペン

c0058052_17345164.jpg

えー、結局ネットで探して買いました。新しい静電式タッチペン(^_^;)
1200円程度で二本入って、替えの先が二種類、それぞれ3つ付いていました。




c0058052_17352495.jpg

本体のキャップを上下入れ替えるとリバーシブル。
二種類あるタッチ部分の好きな方を選べます。

因みに私は最初、100円ショップで買った時はこの丸くて柔らかい先の
タッチペンが、今ひとつ合いませんでした。



c0058052_17355787.jpg

で、キャップを外して反対側がこっち。
前使っていたのと同じ、細い先に円盤状の半透明なタッチパーツが付いてます。

実際に試してみた所、ネットの評判通りに使いやすくてタッチの感度も良好。
金属製の本体はある程度の重さが合って、手に持った時に操作し易いです。
一本あたり600円程度ですが、さすがに100円の製品とは雲泥の差。
タッチの感度は当然、本体の丈夫さは扱い易さも格段に良いですね(;´∀`)

まー100円ショップと比べる事自体がナンセンスですが。
あっちはあっちで「これでいいや」とか、緊急用途に叶えばいいですから。



で、もしかして100円ショップで買ってダメだった丸い先っぽのタッチペンも、
この製品ならもしや…と思って使ってみたら、やっぱり抜群に良かったです。
先の形状に関係なく、ちゃんとした値段のタッチペンを買えば十分使えると
いう事が分かりました。

いやいや、当然ですがちゃんと使い続けるなら、こういうのケチったらダメ
ですね(^_^;)

お陰でWebブラウザとAmazonビデオ専用に使ってたFireHD10ですが、
テキストエディタやツールを入れて、そこそこ便利に使いそうです。
単純に安いAmazon専用タブレットとして買った割には、必要なアプリが
結構揃っている事に驚きました。

もういっそGoogle Playもユーザーの自己責任で正式に解放しちゃえよ!
と思ったほど。
本当に、予想外に便利だなあ…FireHD10(*´ω`*)


# by onikibi | 2017-11-21 17:39 | Comments(0)

メグ尽くめ

c0058052_21125092.jpg
ちょ~と時間が空いたので、もう1回映画のごちうさを観て来ました(;´∀`)

先週は木曜日に行ったので、当然来場特典も何もありませんでしたが、今回はなんと
月曜日に行っても来場特典がありました!!(*´∀`*)
ありがとう神様、ありがとうスタッフの皆さんヽ(*´ヮ`)ノ



c0058052_21140544.jpg
という訳で頂いた来場特典の複製ミニ色紙はメグ。
もちろん4種類の絵柄からランダム配布なので、これはこれでメグとご縁が
あったと言うことですね。
チマメ隊はどのキャラを頂いても文句はありません。
それ以前に来場特典が頂けるだけで文句はありませんとも、ええ。


映画も存分に堪能して来ましたが、これ早くBlu-rayが欲しいなあ。
日々の疲れを取るマッサージ代わりに、毎日見ていたいアニメだ。


ついでにコラボドリンクも買って特典をゲット!
まさかこっちも補充されているとは…

c0058052_21143122.jpg
頂いた特典はなんとまたもメグ!
本当に今日はメグと奇遇な縁がある日でした。
これはもしやメグのお母さんとおれが結婚するフラグなのか!?
メグ、俺の事をパパって呼んでくれても宜しくってよ?
オホホホ!(*´∀`*)


・・・いかん、これではお父さんが変態と誤解されてしまう。
それではメグがあまりにも不憫だ。
俺がメグのお父さんになる事は勘弁しておいてあげよう。
メグの為だ、涙を飲んで草葉の陰から見守ろう・・・オロロ~ン( ;∀;)


という訳で今日も楽しいごちうさでした。
しかし平日なのに女の子のお客さんも多いな、ごちうさは。
すっごい若いイケてる感じのパパさんが、友達と一緒に息子を連れて鑑賞に
来てる姿もあったな。
なかなかバラエティに富んだ客層に驚かされました(^_^;)


# by onikibi | 2017-11-20 21:15 | Comments(0)

100円のタッチペンが…

c0058052_16183775.jpg

以前100円ショップで買った静電式タッチペン。
板橋まで行った時に立ち寄った100円シヨップで買ったのですが、これが結構便利で、
スマホではなくFire HD 10で使っていました。

ところが先日、キャップの先に平らなタッチ部分が引っかかって、力を入れて抜いたら
先がベロンと飛び出して、ヘニャヘニャと曲がってしまいました…(;´Д`)

当然これではタッチ出来ませんし、よしんばタッチしてもスワイプ等の操作が不可能。
う~ん、気に入って使ってたのに残念。
100円だから贅沢を言うのも無理な話ではありますが、タッチペンの便利さに慣れて
しまっていたので困ります。

もちろんもう1本、100円のタッチペンはあるのですが、こちらは先が太くて丸く、
タッチの感度そのものが悪いので、使い勝手はすこぶる悪いです。


仕方なく近所の100円ショップを回ったのですが、同じ製品は売ってないどころか
静電式タッチペン自体がありません。
唯一あった静電式タッチペンは、もう一本持ってる奴と同じタイプ。


板橋の100円ショップに行っても、今この製品を扱っているかどうかの保証は
ありませんし、100円ショップの製品ではやはり心許ない。
これだけ便利に使っているのだから、覚悟を決めてちゃんとし静電式たタッチペンを
買った方が良いのかも知れません。

取り敢えずネットのレビューを見て、感度が良く使い勝手の良さ気な製品を
探してみるか。


まさか静電式タッチペンがタブレットでこんなに役立つとは思ってなかったよ…

# by onikibi | 2017-11-19 16:17 | Comments(0)

スズキが先月の東京モーターショーで発表したクロスビー。
大ヒットした軽自動車「ハスラー」の拡大版とでも言うべき小型車です。

このクロスビーの特設サイトが早くも公開されました。
噂では12月に発売されるという話ですから、11月中旬に特設サイトをオープンさせる
というのも納得です。

というか、東京モーターショーで発表した時点で、既に生産開始まで準備が進んで
いたんですねえ。
やっぱりショーでお披露目した新型モデルが2ヶ月以内に発売されるというのは、
ショーで見て「いいな!」「欲しい」と思った人には嬉しいでしょうね。
興奮冷めやらぬ内に手に入る訳ですから、そりゃあ購買意欲も高まるってものです。


来年には街中を走り回る姿が見られるでしょうから、今から楽しみです(*´ω`*)
スズキは便利で面白い車が多いですね。



# by onikibi | 2017-11-18 20:39 | Comments(0)

今年発売されたASUSの新型スマートホン「ZenFone4」
私の使っているZenFone3の後継機となる新型ですが、本体の性能が格段に上がって
いる事もあって、スタンダードなモデルでも5万6800円に価格が上昇していました。

確かにカメラも本体の性能もかなり上がりましたが、値ごろ感があったZenFone3に
比べると高くなった感も随分とありました。
もちろんASUSだけの事では無く、スマホ界全体でミドルレンジの性能と価格が上昇
しているというのもありますが…

しかしそこはそれ、メーカーの思惑に較べて1年でユーザー全体の財布の中身が潤う
訳ではありません。
そこで出てきたのがこのZenFone4カスタマイズモデル。
チップセットとメモリ容量を落として、価格を1万2千円も下げたモデルを投入
して来ました。

これでも当然ZenFone3よりは高性能、もちろんカメラはデュアルカメラのまま。
同じ価格帯のスマホの中でもかなり高性能なのですから、最初からこれで良かった
のではないか?とも思います(^_^;)


しかも発売開始はキャンペーンで更に5千円引きの3万9800円!
去年俺が買った発売直後のZenFone3と同じじゃねーか!!Σ( ̄□ ̄;)
しかも性能が上がった上にデュアルカメラだと!?

…くそう、俺が欲しいよこれ…(;´Д`)


でも今のZenFone3で何も困ってないんだよな。
1年以上使ってもバッテリーのヘタリ具合も少ないし、まだ全然行ける。
デュアルカメラの為だけに買うのもなぁ…


そうですよね、今はスマホは完全にコンデジ代わりの高性能カメラですから、
各メーカーがミドルレンジのスマホに力を入れるのもの分かります。
買う人も、今は完全カメラ性能で選んでる人って多いですもんねえ。
そう考えるとミドルレンジのスマホは、カメラ性能分を入れてスマホとしても
十二分に高性能なんだから、決して今の価格が高い訳では無いんですよね。


とは言えホイホイと買い換える訳には行かない値段ですから、やはり買う時に
自分の使い方と希望に合った性能のスマホを選びたいものです。

次に私がスマホを買い換える頃にも、今回のZenFone4カスタマイズモデルの
ようなお値打ち品が、各メーカーから出揃ってるといいなあ( ´ー`)y―┛~~

# by onikibi | 2017-11-17 22:29 | Comments(0)
【今更ですがネタバレあり】

















c0058052_17032746.jpg

という訳で、公開から1週間ほど遅れて観て参りました。
隠れごちうさファンの私は、実は心待ちにしていた映画でもありました(;´∀`)

池袋のHUMAXシネマズで観て来たのですが、一番大きいスクリーン1での上映
だったので、今となってはやや古い劇場ですが、大満足でしたヽ(・∀・)ノ
やっぱりスクリーン1での上映はいいのう~(*´ω`*)


映画の内容は今更語るまでもありませんね、みんな観てるよな( ´ー`)y―┛~~

これだけのキャストを1時間程度の時間で、どれだけ纏めるんだろうと思って
いたのですが、そんな素人の杞憂など軽く吹き飛ぶ出来の良さでしたね。

今回のリゼの活躍は素晴らしかったなあ、相変わらずのリゼなのですが、それが
上手くみんなと噛み合っていたのでほっこりします(*´∀`*)
リゼも努力してます、成長してます、みんな成長してるんです!


成長といえば、チノの成長ぶりも目覚ましいものがあります。
チノが音頭を取ってみんなを花火大会に誘うなど、1期が始まった頃には全く
想像出来なかったことですよ!?
素晴らしいぞチノちゃん、立派になったのう…( ;∀;)
子供は本当に1日経つと成長してますね、侮れません。
もちろん中身の話しですよ?私は決してやましい目で見てません。
私は決してやましい目で見てません。

大事な事なので2(略



何気に帰省したココアと実家の家族の話も良かったです。
モカさんのサプライズぶりは、ソーの弟・ロキにも負けないな!
ロキと並べて比べる人も居ないと思うが、俺がそうだ(;^ω^)

ていうかココアの地元、港と駅がある街は一見するとド田舎には見えません。
けれどココアの実家のベーカリーがある場所は山側で、道路も未舗装路だし、
溢れる海沿いの地方都市感は、瀬戸内生まれの私には近視感がありました。

でもパンの中にパンを入れるサプライズはどうかと思うぞ(^_^;)
まぁモカさんの焼いたパンなら俺も泣いて喜ぶけどさ。
確かにお客さんには受けてたけど、泣いて喜んでた客は居なかったけどな。
つまり、泣いて喜んだらモカさんは俺と結婚してくれるかも知れない。

…これはワンチャンある?( ̄ー ̄)ニヤリ


そんなこんなで、仕事明けにはピッタリの映画でした。
あ~、俺も焼きたてパンが食いたくなった。
りんごが丸ごと入ってるやつ…





そうそう、今回はココアだけが実家に帰省していましたね。
つまり、当然チノちゃんたちを連れてココアが実家に帰る話は
アニメ3期でやる!!

という事で宜しくて?

# by onikibi | 2017-11-16 17:11 | Comments(0)


HTCが12月1日に、日本で未発売の最新スマートフォン「HTC U11+」と「HTC U11 life」を
タッチアンドトライイベントで発表するそうです。
国内大手キャリアの秋モデルは発表済みで、順次発売が始まっていますから、これはもしや
SIMフリー端末として発売する予定があるのでしょうか?

HTCの端末はまだ使った事が無いのですが、前々から気になるメーカーではありました。
最近ではGoogleと組んでPixelやPixel2を開発した事でも有名ですが、日本にAndroid製品が
入って来た頃からスマホを出しているので、一度は使ってみたいブランドでした。

キャリア向けに出す製品以外は、あまり日本に製品を投入して来なかったHTCですが、
これを機に格安SIMで運用出来るSIMフリーのスマホを発売してくれたら嬉しいです。


個人的にも選択肢が広がるのは嬉しいですし、ましてやPixelシリーズを作っているHTCと
いう事であれば、選ぶ楽しさも膨らむというものです。

特に「HTC U11 life」はAndroid One プラットフォームですから、OSのアップデートに
関しても安心して使えます。
Pixel2が未発売な日本市場ですから、ここは是が非でも発売して欲しいところ。

めっちゃ期待してますよ!!ヽ(・∀・)ノ

# by onikibi | 2017-11-15 01:33 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi