ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
メルセデスの1強があまりにツマラナイので興味が失せたF1…と言いながら、
結局今年もシーズンが開幕するとワクワクするんですから困ったものです。

今週末の3月24日から2017年のF1GPウィークはオーストラリアのアルバート・
パークからスタートします。

今シーズンからエンジンの開発トークンが廃止されたり、ウイングのサイズが
変更されたり、タイヤサイズが大きくなったりと、変更点が多くて各チームの
パワーバランスが微妙にシャッフルされたと思わせるテスト結果を受けての
今年の開幕戦。


しかしテストでは開幕用のアップデートを持ち込んで無かったり、エンジンの
出力を抑えてテストしていたチームもあって、本当の実力は開幕戦が始まって
みるまでは分かりません。
まぁこれも毎年の事ですが(^_^;)

それでも今年はメルセデスの独走を止められるか否かに、昨年以上の注目が
集まってる感があります。
打倒メルセデスの最右翼との期待が高いフェラーリですけど、もしかすると
トラブルで躓くスタートになるかも知れませんし、開幕戦はまだまだ未知数な
部分がたくさんあります。

テストでトラブル続きだったマクラーレン・ホンダが、トラブル対策が出来た
途端にスムーズに走るかも知れません。


色んな意味で期待と不安が入り交じる開幕戦は、やはりテンションが上がります。
木曜日の記者会見を経て金曜日からはいよいよフリー走行の開始。
今年は一体どんなドラマが待っているのでしょうか?


決勝は3月26日の14時(日本時間)からです、お見逃しなく!!
# by onikibi | 2017-03-23 01:28 | Comments(0)

従量制でもいいかな

格安SIMを便利に使っているのですが、前々から外出時にモバイル通信環境を用意
したいなと思っていました。
Wi-Fiが無い場所でもさっとPCや他のモバイル機器をネットに繋げる事が出来れば
便利になるのは間違いありません。
NintendoSwitchも買ったしね!!


そこでモバイル・ルーターを買って、データ専用格安SIMをもう一枚追加して運用
しょうと考えていたのですが、毎月どれくらい使うか分からないSIMに、格安とは
いえ定額料金を支払い続けるというのは、年額にすると結構な出費になるなあ…

等とケチな事を気にしていたら、ズルズルと手が出ず今に至っています(^_^;)



そこでふと「毎月使った分だけ支払う」従量制のSIMにしたらどうだろう?
と考えて色々調べてみたら、今の格安SIMは各社従量制プランも結構あるんですね。
しかもボッタクリとか超割高なプランではなく、私のような考え方をするケチな
ユーザーの希望に沿うような料金プランで驚きました(;^ω^)


そうか~、今の格安SIMは本当に様々なプランに対応してるんだなあ。
格安定額から始まって、従量制から使い放題プランまで至れり尽くせりです。

スマホ本体と購入する分割支払いもあれば、留守電に転送電話に保証サービス
まであるんですね、充実ぶりが大手キャリアと変わりません。
いやはや、まさか僅か2年ほどの間にこんなに拡充するとは…


もう次のスマホ買い替える時は、今のプランを終了してMNPでスマホごと新規で
契約した方がお得だな。


…やってる事がガラケー時代の大手キャリアの時と変わらくなって来た…
格安SIM業者ではなくてユーザーの私が、ですけどね(;^ω^)

まあデジタルガジェットは趣味なので、スマホは欲しい物を自分で買うとは
思いますけど、気付けば格安SIMがキャリア時代と変わらない気軽さで使える
事に改めて驚きます。
10年前からは想像もつかなかった事ですけどね、いい時代になりました。



後は通話とSMSが使えるSIMフリーの携帯電話機が増えてくれたら、PHSの番号を
格安SIMに移せるんだけどなあ…
Nokiaさんお願いしますよ、日本向けのストレート端末を是非!!
# by onikibi | 2017-03-22 01:52 | Comments(0)

ひるね姫・色々な気付き

※ネタバレしかない!!注意!!!※

c0058052_01445102.jpg























仕事のスケジュールがズレたので、この隙に三度ひるね姫を見にユナイテッド・シネマへ。
安近短の便利さでちょっとした気分転換にちょくちょく映画鑑賞へ行くお陰で、ポイントが
結構溜まっていました。
なので祝日ですがポイント消費で0円鑑賞(;^ω^)

三連休最後の日も劇場はギュウギュウ詰め。
平日は経営が心配になるくらいガラガラなので、週末連休に大混雑しているのを見ると
ホッとしますね(;´∀`)



という訳で、ガツンと刺さる分かり易い刺激は少ない映画ですが、ジワジワと心に
染み渡る良い作品ですね「ひるね姫」は。


無粋な考察や矛盾を指摘する気は更々ありませんが、作品自体は一見現実の世界の物語で
あるように仕立てられているのですが、夢の世界であるハートランドが本当にココネの
夢だったのか?という部分が上手くボカしてあると感じるのです。

最初はてっきり夢の世界が本当で…という流れと思いきや、途中でココネがハートランドの
物語は夢と気付く部分や、魔法と思っていたタブレットを使った新幹線のチケット入手とか
お弁当のゲットも、書き込んだSNSを志島電工時代の同僚が見て手配していたというオチも
作中で丁寧に明かされています。



それでも、本当にあれはココネの夢だったのか?
実はこの事件に関わる人間の何人かは、ハートランドから現実世界に渡って来た人たち
なのではないか?と思わせる部分が幾つかあります。

それはタブレットの存在。
ココネが生まれた時代は作中の舞台から逆算して約17年前。
2003年に通信SIMを内蔵してPCに繋がり、タッチパネルを搭載した薄いタブレットは
完全にオーパーツです。
そしてこのタブレットの存在を知っている人間は、全て夢のハートランドの中で
設定の姿が存在します。
そしてもちろん彼らは2002~3年頃から2020年まで稼働し続けて、現在の通信インフラ
にもPCにも対応したこのタブレットに、全く疑問を抱いていません。

更にココネたちを助けてお弁当や新幹線のチケットを手配した志島の人たちも、終盤の
ココネの夢に登場した時には、ハートランドの世界での姿がちゃんとありました。


しかし、モリオだけはハートランドでの設定が無いので、そのまま今のモリオとして
夢に登場します。

つまりハートランド王の志島会長も、役員の渡辺も、ココネの母親のイクミと共に
自動運転プログラムを開発してた面々も、全員ハートランドの登場人物であると
いうことです。
面白いのは、イクミと自動運転プログラムを開発していた志島電工の人たちが、
夢の世界ハートランドで子供になった自分たちの姿を見て、驚きより「やった!」
っていう表情をしていたところです。

ハートランドに「いた」人たちは、現実世界とリンクしたココネの夢に登場しても
戸惑わないという演出は、細かい部分ですが徹底していたように感じます。




そして3度目に見ていて気付いたのが、志島電工本社屋30階から1階の吹き抜けに落下する
ココネを助けに行った、母親の作ったプログラムで動く自動運転サイドカー・HEARTが
垂れ幕を駆け上がってココネをキャッチする瞬間、夢の世界のHEARTと同じように変形して
いるのが見えました。


ファンタジックで粋な演出と言えますが、深読みすると色々な不整合が「ハートランドは
存在する世界」という符号で一致します。

しかし敢えてその事を裏に秘め、表のドラマではハートランドがココネの夢の世界である
という着地点を見せたからこそ、家族愛のドラマは見事な大団円を迎えました。



でも本当に全てが夢で家族のドラマとして辻褄を合わせるなら、作中の時代に合わない
不都合やオーパーツを、もっと上手く誤魔化したり処理出来たはずです。
この作品をじっくり観ると、監督は辻褄合わせの不都合潰しをを敢えてしなかったのでは
ないかと感じました。

夢の世界を夢と切り捨てる事は、人間が持つ未来の「夢」自体を否定する事になりは
しないか?という考えがあったのかも知れません。



お陰で作中に散りばめられた、整合性の合わない欠片を拾い集める事で「ハートランド」が
実際にあるんじゃないか?と思わせてくれる仕掛けを用意していた事に感謝します。




父親のモモタローがココネの部屋でぬいぐるみのジョイを見つめながら
「全てを知ってるのはお前だけだな」
というセリフも、今となってはすごい意味深に思えて来るから面白いってもんです。
(※セリフは私の記憶の再生なので、文意の方を汲み取って下さい)




因みにエンジンヘッドは、車好きの私からすると見どころ満載でした!
エンジンを緊急停止した時にてっぺんに飛び出したのは、恐らくスパークプラグでしょう。
そしてプラグは6本、配置からしてV型ではなく3気筒ずつの並列6気筒?
しかもスパークプラグという事はディーゼルではない。
うむむ、エンジンヘッドの内燃機関はどんな構造なのか気になります…
排気管の配置からしても、排気の表現や音から判断しても、外燃機関では無いはず。

最後の新型エンジンヘッドは、ちゃんと四肢に伸びるドライブシャフトがありましたね!
すげーな、デフの構造とかどうなってんだ?
なかなか自動車好き、内燃機関好きには興味をそそる部分が多くて楽しいですヽ(*´ヮ`)ノ
エンジンヘッドの解説本出ないかな?



あと、終盤に警視庁からモモタローやモリオ、元志島電工(現・志島本社開発部門?)
の面々を乗せてお台場に向かうミニバンは、完全にモーター音しかありませんでしたね。
恐らく電気自動車なんでしょう。
しまった!排気管の有無を確認してなかった!!Σ(゚Д゚)…一生の不覚…orz

まあ排気管があったとしても、レンジエクステンダーかも知れないし…(;^_^A



ハートランド城がバイクのクランクケースだったり、面白いところはじっくり見ないと
楽しめませんね。
公開初週でこういう事言うのもアレですが、早くブルーレイ出ないかな…(;^ω^)



# by onikibi | 2017-03-21 01:46 | Comments(2)

開店初日に行って参りました、キッチンABC江古田店。

さすがに新規オープンだけあって店内は綺麗でした。
カウンターとテーブル席があり、いかにも「街の洋食屋さん」という雰囲気が
とても良いです。


c0058052_00185557.jpg
c0058052_00132973.jpg
メニューを見てとりあえずジャンボ焼きを注文。
後から気付いたのですが「ジャンカラ」なんていうメニューもあったのね。
メニューを眺めていると一通り頼んでみたくなりますが、まあ今後もお世話に
なると思うので、追々頼んでみましょうか。




c0058052_00135630.jpg
こちらが到着したジャンボ焼。
盛り付け方や食材は洋包丁と見た目は同じ。
ボリュームたっぷりなので当然半ライスで(;´∀`)

味付けは…洋庖丁よりちょっと甘めというか、辛味を強く効かせてない感じ。
でもご飯は進むので、なかなか美味しいです。
正直、かなり洋包丁のジャンボ焼きの味を忘れて来てるな~と、痛感しました。

そしてこのキッチンABCのジャンボ焼きを食べてみて、ああ、昔大塚に住んでいた
頃のキッチンABCで食べた懐かしさがこんな感じだったと、懐かしさと心地良さが
満足感にプラスされて行きました。

もちろん当時とは微妙に変わっていると思いますが、初めて食べた感よりも
舌に乗せた味に心地よさを感じたのは、思い出補正込みでも嬉しかったです。


お味噌汁は大根と大根の葉に、豚の挽肉が入ってました。
これがまた料理に合うので、更にご飯が進みます。
オッサンにはピンチの店だな…(;^ω^)



個人的には大満足なので、自炊に疲れたり仕事明けでスタミナが欲しい時は
顔を出そうかと思います。



さて、今度は何を食べようかな?
からし焼肉は外せないな。
でも手ごねハンバーグも気になる…
# by onikibi | 2017-03-20 00:14 | Comments(0)
※注・ネタバレあり※


























c0058052_00020838.jpg
本日(3月18日)公開の「ひるね姫」を観て来ました。
決して大作でも感動作でもありません。
ありませんが、観た後にスッキリした清涼感が漂う作品でした。


ある意味去年から来てるアニメ映画の流れに乗ってない、実にアニメらしい作品です。
それは決してオタク向けという意味では無く、映画ファン向けという訳でも無いです。

なので「君の名は。」とか「この世界の片隅に」を観て、アニメ映画に対する期待と
ハードルが上がった観客からは肩透かしかも知れません。
こう書くとツマラナイ映画に聞こえてしまいますが、確かにガツンと来る分かりやすい
感動の嵐やら、あっと驚くどんでん返しは無いです(;^ω^)


でも、だからこそ私は好きになりました。
感動とか心に刺さるボルテージを上げた作品は、個人的にはもう十分という気分だった
ので、上手い具合に私の心をほぐしてくれた作品だった事が良かったです。




…出て来る登場人物がね、観てる方にグイグイと過剰に迫る事が無いんですよ。
節度あるといいますが、自分の主張をぶつけたり感情を発露させ是非を迫るとかも無い。
あくまで我々が生きる世界の節度の中にある、そんな感じが観ていて楽でした。



冒頭からいきなり夢の世界のお話だったり、その世界があるあるなファンタジーとロボの
未来世界だったり、思い切りアニメらしさ全開で来てるのに、ココネの日常に出て来る
人たちは、私達の日常に居る人々と変わらない安心感。

そして主人公のココネは走る走る走る!
全力でなくても日常的に走る場面が多く、一見ぼーっとして強い主張の見えないココネ
だからこそ、彼女が動く・走るという場面がよく描かれていて、それだけで見てる私の
気分も軽くなり弾みます。
そしてこの「走る」シーンも、さり気なく、無理なく入っていて押し付けは無し!
走ってるぜココネちゃん、オオォォォ!!…な~んて暑苦しいのは全くナシ。
自然に走ってるのがまた良いんですよ(*´ω`*)



ベタな恋愛要展開も、泣かせに掛かる父娘の絆とかも、壮絶なるスペクタクルと悪の
もたらすカタルシスも、そんなもんありません(;´∀`)
いやあるっちゃあ有るんだけど、そこは舞台装置とか物語の背景であって、この映画の
肝では全くありません。



「この世の終わり」と「この世での成功」の定義が、人それぞれで違うというのが
物語の増幅装置として、それぞれのキャラクターを上手く動かしてくれています。
それは悪役の渡辺や志島自動車の会長だけでなく、まだ高校生のココネも、父親の
モモタローも、亡くなったココネの母親も、みんな違うのです。
物語の住人であっても、分かりやすい善と悪の2極を選ぶ必要も隷属する必然も無い。

人は世間に左右される事なく、自分の人生を自分で決めて生きれば良いのです。
逆に言えば個人や企業の大事件が、決して世界の人々全てを脅かす問題になる必要なぞ
無いのです、たとえ物語の世界であっても。



この「他愛ない」ところが、この作品の良さなのかも知れません。
少なくとも私に取ってはそうでした。
いやまあ、映像的には「他愛ない」ではない出来事が起きてますが(;^ω^)

まあね、いいんですよ、ミニスカートで走りまくってるココネのパンツが見えなくても!
ガッカリしません、欲しがりませんとも!!

何が言いたいかというと・・・・明日また観て来ようかな(*´ω`*)
# by onikibi | 2017-03-19 00:02 | Comments(0)

SING

※注・ネタバレあり※
























c0058052_02223171.jpg
公開初日が金曜日、ユナイテッドシネマ豊島園は会員デー!
という訳で3月17日公開の映画「SING」に行って来ました。
ミニオンズでお馴染みのスタッフが手がける最新作、個人的には前作「ペット」がお気に入り
だったので、迷わずSINGも観に行きました。


吹替版/字幕版・共に観たのですが、どちらも最高!
もちろん歌が売りの映画ですから、原語俳優が歌って喋る字幕版をオススメしたいのですが
どっこい、吹替版も負けてません!( ´∀`)bグッ!

確かにミニオンズのスタッフが描き出した動物たちはユニークですし、見た目も鮮やかな
映像は楽しさに溢れてます。
けれどこの映画、動物CGアニメなんて括りをふっ飛ばして、見事なヒューマン・ドラマを
描き出してます。

没落した劇場を盛り立てようと懸命な主人公 バスター・ムーン(コアラ)も、友人で
金持ちの無気力ボンボン・エディ(羊)も、心優しいギャングの息子ジョニー(ゴリラ)も、
才能はあれど強欲でプライドが高い故に成功しないジャズミュージシャン・マイク(鼠)も、
歌に情熱を秘めたる主婦・ロジータ(豚)も、パンクを愛し恋に敗れたティーンエージャー
アッシュ(ヤマアラシ)も、内気で人前に出られないが歌を愛し美声を有するミーナ(象)も、
陽気なダンサーだけどスポットライトの当たらないグンター(豚)も、そして劇場で元気に
働くお婆ちゃん ミス・クローリー(トカゲ)も、観た人の心に誰かが必ず刺さるはず!

予告のオーディションシーンが全てと思っている貴方!この映画は必見ですよ!!



夢の終わりは諦めたその瞬間にやって来ます。
しかし夢を諦めても恋を諦めても、生きてる限り代わり映えしない明日はやって来るのです。
希望を失い気力を失っても、生きてる限り人生は続くのです。

ならば死ぬその時まで、夢を見ることも追いかけることも出来るはず。
挫けないのではなく、挫けた後に立ち上がり前に進む、そんな映画です「SING」は。


いや~、本当に面白い映画でした(*´ω`*)
これはブルーレイ買うな。
豚がね、主婦のロジータが最高!!
ヤマアラシのアッシュもいい!
ゴリラのジョニーは、こいつだけで一本映画撮れるんじゃね?ってくらい。
ネズミのマイクが歌うシーンは、是非とも字幕/吹き替え両方共堪能して頂きたい!!
これぞエンターテイメント!!!

本当にオススメの映画です「SING」ヽ(*´ヮ`)ノ


# by onikibi | 2017-03-18 02:30 | Comments(0)

RYZEN5でも良いかも…

AMDの新しいCPU「RYZEN7シリーズ」が発売され、自作市場ではかなり好評の様子。
アキバでは対応マザーの品薄も続いてるようで、PCパーツ市場に活気と熱気が溢れる
というのは喜ばしい限りです(*´ω`*)

その人気のRYZENシリーズにスタンダードモデルの「RYZEN5シリーズ」が4月から
加わります。
紹介記事はこちら↓

AMDの4コア/6コアCPU「Ryzen 5」は169ドルから



6コア12スレッドと4コア8スレッドのモデルが発売され、それぞれのモデルで更に

性能差を儲けた2つの製品に分けられています。

魅力はもちろんコストパフォーマンス。

今後ソケットAM4対応マザーも増えて価格もこなれてくれば、RYZEN5が有力な

選択肢に入る事は間違いないでしょう。


これは次のPC構成の想像が膨らみますね。

今のうちに値の落ちて来たグラフィックカードを買っておこうかな?

グラボは今すぐ使えるし、買い替えたら前のグラボはそのままセカンドマシンに

移植すれば使えるので困りません。


ソケットAM4マザーとRYZENの安定供給&値落ち待ちで、先にグラボを買うと

いう選択は案外悪くないかも。

妄想膨らむ自作の皮算用ではありますが、焦る事無くじっくりと検討する事に

しましょうか。


# by onikibi | 2017-03-17 01:28 | Comments(0)
c0058052_15481321.jpg
近所に出来る懐かしの定食屋という事で、個人的に気になる「キッチンABC 江古田店」が
3月18日の土曜日にオープンする事が決まりました!
先週はまだ内装工事をやっていたので、オープンは月末になるのかなと思っていたのですが
どっこい、二日後にはオープンという嬉しいニュースヽ(*´ヮ`)ノ




c0058052_15483070.jpg
しかも店頭には食品サンプルのガラスケースが置いてありました。
新規オープンのお店でこういうのも、なんだか懐かしい感じがします。
さすが「昔ながらの洋食屋さん」です。



c0058052_15491353.jpg
しかもサンプルの中には「ジャンボ焼き」が!
これ、以前同じ場所で営業していた「洋包丁」でも人気メニューの一つだったんですよね。
豆腐の洋風辛子煮?とでも言うのでしょうか、似たようなメニューは江古田の線路沿いにある
「ランチハウス」でも出しています。
当然味付けは違うのですが、使ってる食材も調理法もほぼ似たような感じ。

もしかして昭和の洋食屋さんではメジャーなメニューだったのかも知れません。
私は東京に初めて来た時に「ジャンボ焼き」のメニューを食べて初めて知りました。

なのでお豆腐を使ったこの「」ジャンボ焼き」は、青春時代から続く東京での印象的な
定番メニューとなりました。

洋包丁が江古田から無くなった時は残念でしたけど、まさかその跡地に懐かしいキッチンABCが
支店を出すとは思ってもいませんでした。
個人的には非常に縁を感じる出来事なので、気になってブログにも書いていたという訳です。



という訳で待ちに待ったキッチンABC 江古田店の開店。
開店当日に入れるかどうかは運次第でしょうけど、オープンしたら必ず食べに行こうと思います。
あ~楽しみ~♪(*´ω`*)

# by onikibi | 2017-03-16 15:49 | Comments(0)

寒すぎ

c0058052_20231285.jpg
天気予報で寒くなるよとは言っていましたが、まさかこんなに寒くなるとは思っても
いませんでした(^_^;)
仕事場の中に居るとあまり寒さを感じなかったのですが、外に出るともう空気が冷たい!
そして日が陰ってるせいで、目に映る景色もすっかり冬のそれ。
あまりの寒さにお昼はラーメンを食べに行きました。

明日は一転、平年の暖かさに戻るそうですから、寒暖の差で風邪を引かないよう気を付け
たいと思います。
いやマジで(;´∀`)


すっかりいいオッサンの私は、可能な限り自宅でラーメンを食べないよう気をつけては
いるのですが、やっぱり猛烈にラーメンを食べたくなる時というのはあります。
そんな時にスーパーで見かけたのが、冒頭の写真にあるこんにゃく麺のラーメンです。

私は血糖値は正常なのですが、オッサンの自覚を持って糖質の摂取には気を付けてます。
決して糖質ゼロとかはしませんが、それでもラーメンは糖質コントロールの大敵。
でもラーメン食べたいよね!という気持ちを誤魔化すオッサンの味方ヽ(*´ヮ`)ノ

という訳で買ってみました。

そうでうす、初めて買いました。
しかも見た瞬間に衝動買い。


つまり、
つまりですね、

美味いかどうかは全く不明・・・・・・(;^ω^)




オッサンは大変だナ~( ´ー`)y―┛~~

# by onikibi | 2017-03-15 20:23 | Comments(2)

2013年にWiiU専用ソフトとして発売された「レゴシティ アンダーカバー」
NintendoSwitchとPS4のマルチプラットフォーム対応版として、6月29日発売
される事が決まりました!

私は既にWiiU版を持っているのですが、外に持ち出せるNintendo用を買いたいと
思ってます。
なにせWiiU専用版は、画面の付いたWiiU GamePadを操作端末として使うシステム
だったお陰で、GamePad画面だけでゴロ寝プレイが出来ないという残念な仕様。

しかしNintendoSwitchならばそのまま外にも持ち出せますし、家の中でゴロンと
寝転がってプレイすることも可能な訳ですよ。スバラシイ!!ヽ(=´▽`=)ノ


既に4年遊んでる訳ですが、未だにゴールドブロックが300/450しか集まってません。
オープンワールドなので、飽きること無く今でも楽しく箱庭世界で暴れています。
という訳で、もうこの際内容が同じソフトでもNintendoSwitch用を買いますよ。
前述のように外に持ち出せるだけでも価値がありますし。

唯一悩む事があるとすれば、ソフト本体を超お手軽なカートリッジにするか、
或いはダンロード版にして入れ替えの僅かな煩わしさを軽減するか。
ネット上でゼルダの検証を見る限り、SDカードへのDLよりカートリッジの方が
ロード時間が短いというのが強みになります。
僅かな手間を惜しむか、手軽なカートリッジにするか、うむむ…悩む(;´∀`)



後はNintendoSwitch版のドラクエ10が、少しでも速く発売される事を祈ってます。

でも先に全部入りマリオカート8を買おうかな?
最初から全キャラが使えるというので興味が湧きました。
そもそもマリオカートっていつ以来だ俺?もしかしてスーファミ…(;´Д`)




ついでにトージャム&アールも新作がマルチプラットフォームでNintendoSwitchにも
出るそうですが、日本人でこれに「おっ!」と来る人ってどれくらいいるんだろ?
友達が昔メガドラ版を買った時点で、新品がワゴン行きでしたからねえ…

もういっそペーパボーイ辺りも配信してくれないかな?
# by onikibi | 2017-03-14 00:06 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi