ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

アロンソ、今年のINDY500に電撃参戦



いや~ビックリしましたね、このニュース(;´∀`)
まさかマクラーレン・ホンダで今年のF1を戦うフェルナンド・アロンソが、突然今年の
INDY500に参加するという発表があるとは…

ハムの連敗が6で止まって喜びのコメントを書きたいところですが、アロンソの話題が
大きすぎて驚きが収まりません(;^ω^)
しかも例年INDY500とF1のモナコGPの開催日が重なる事が多く、今年も例外では
ありません。
なのでアロンソはなんとF1モナコGPを欠場して、INDY500に出ると言うのですから
更に驚きです。


確かに昔はF1モナコGPとINDY500とル・マン24時間が、世海3大レースと称されて
この3つのレースで勝つことがレーサーとしての最高の栄誉であると古に謳われた事も
ありました。

しかし近年では欧州のF1と北米のインディーカー、それにフランス自動車連盟が
独自ルールを敷くル・マン24時間レースは、それぞれ独特の道を歩んで来ました。
特に年間レース数の多いF1では、カテゴリーをまたいでレースに出る時はチームの
承認が必要で、基本的にF1世界選手権を優先して他のレースには出ない選手が
多いです。
出たとしても日程の被らない時のル・マンくらい。
もちろん日程が重なれば、当然F1の契約が優先されるのは当たり前。

なので昔のようにF1に参加してるドライバーが、同じ年のル・マンやINDY500を
走るという事は格段に減りました。
特にF1と北米のインディを行き来するドライバーなど殆どおりません(;^ω^)

それだけにアロンソのINDY500参戦は驚きました。


今回のINDY500に関しては、まずホンダがインディカー・シリーズに参戦している
という事が大きいです。
そしてマクラーレンも同時にアロンソと共に参戦を決めました。
実質的なチームはホンダエンジンを使うアンドレッティ・オートスポーツ。
この体制で今年のINDY500にアロンソが参加するという訳です。


まあ裏事情としては、今年マクラーレン・ホンダで3年目を迎えたアロンソが、
失望のシーズンスタートなってチーム離脱が囁かれている事、ホンダとしても
アロンソを繋ぎ止めておきたいという事、インディカー・シリーズでホンダが
非常に優秀なエンジンを持っている事など、様々な思惑や事情が重なった事が
今回のアロンソのINDY500参戦という奇跡を生み出したとも言えます。


何にせよこれほどワクワクする話題はありません。
是非ともアロンソにはINDY500で存分にパフォーマンスを発揮して貰いたいと
思います。
話題としても現役F1レーサーで2度の世界王者がINDY500に殴り込みを掛ける
形になるのですから、非常に盛り上がると思います。


実際どれくらいの成績を残せるのかは分かりませんが、今年のINDY500は注目
すべきイベントになることでしょう。
頑張れアロンソ!!ヽ(*´ヮ`)ノ

Commented by ヒロ at 2017-04-15 11:04 x
ホンダがF1で情けないからアロンソのモチベーションを下げないためにインディ出場を打診した
という読み方をしている人が多いようですね。自分もですが(笑)

現役F1ドライバーのインディ500出場はテオ・ファビ以来だそうですが、あの頃ってテオがインディカーで走るときは弟のコラードが乗って、どちらかと言えばインディがテオの主戦場だったような……?
そう考えたらマリオ・アンドレッティまで遡るのかな。

バーレーンのFPでも散々だしホンダはF1で何を目指しているのかと聞きたいです。
暫くは壊れても良いからハイパワーエンジンを出して壊れた部分を対策とっていくくらいの思いっきりが必要な気がします。
トークン制度がなくなったんだから出来そうなんだけどなぁ…
Commented by onikibi at 2017-04-15 11:36
>トークン制度がなくなったんだから出来そうなんだけどなぁ…
今となっては最大の原因は、ロン・デニスがホンダとのエンジン契約を独占契約にして
他チームへの供給を認めなかった事が、ホンダの開発スピードを著しく下げてしまった
要因となってしまいましたね…
実際今年のエンジン開発も、昨年までのデータを元に行っていますから、当然ながら
データ蓄積の差が今年のスタートに置いて開発の足枷になった事が予想出来ます。
トークン制度が廃止された事で今年からの開発は順調に進むだろうと思いますが、
飛躍的な開発速度の向上には、噂されれるザウバーへの供給成立が必要ではないかと
考えています。

しかし現役F1ドライバーのインディ参戦はテオ・ファビ以来ですか…
F1レギュラードライバーの戦線となるとマリオ・アンドレッティまで遡るとは。
急転直下の参戦決定とは言え、アロンソのインディ500参戦は胸踊りますね。
Commented by へろへろ at 2017-04-15 19:08 x
最近のF1は、中国や韓国やシンガポールでも
開催されますか?
ヨーロッパの人は、あまり中国マネーに
警戒感をもたないらしいのですが、そーなんですか?

中国の自動車メーカーは、F1に参戦しないのかな?
儲けにつながらないから参戦しないのかな?
Commented by onikibi at 2017-04-15 22:08
>最近のF1は、中国や韓国やシンガポールでも
>開催されますか?
中国とシンガポールでは現在もF1が開催されています。
韓国のF1開催は2013年で終了しています。

欧州は地政学的に遠い中国への警戒が薄いというのはあると思います。

中国の自動車メーカーに関しては、現時点でF1に出るメリットも感心も高くないと
感じています。
自動車市場で中国は今や世界最大ですから、現時点ではまず国内販売が最優先でしょう。
中国でのF1人気が異常に高まって、F1で活躍しない中国メーカーの車は売れない!
なんて異常事態なれば、各社が躍起になって参加するようになるかも知れません(^_^;)
Commented by ヒロ at 2017-04-16 10:42 x
エンジンビルダーとしてもホンダ、フェラーリ、メルセデス、ルノーの4社しかないですしねぇ
フォーミュラEはエンジン関係ないから今後の電気自動車開発の名目でDSやアウディなんかも参入しやすい環境でしたが、今のF1は参入メリット少ない印象ですよね。
むしろWECの方が自由が効くイメージ…

かつてはプジョーやランボルギーニ、フォード、古くはブガッティやランチアなども出ていたのになぁ…と。
復活してくれないかなぁ、ライフ(マテ
Commented by onikibi at 2017-04-17 13:59
2021年からの次世だF1エンジンは、多くのメーカーやエンジンビルダーが
自由に参加出来るルールにして欲しいですね。
欧州自動車メーカーの発言力が強い現状が変わらなければ難しそうですが。
by onikibi | 2017-04-13 00:20 | Comments(6)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi