ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 04月 08日 ( 1 )


c0058052_19520133.jpg
※多分大したネタバレは無い…はず(^_^;)※























色んなタイミングが重なって、たまたま今日観に行く事が出来ました。
「夜は短し歩けよ乙女」



私は原作小説もアニメ化された「四畳半神話大系」も見ていないのですが、真っさらな頭でも
存分に楽しめる映画でした(*´ω`*)


ざっくりした感想は、素敵な恋の映画だった、という印象です。

恋は実に色々なもので出来ているんですねえ。
そりゃググったって答えは見つかりません。
一人ひとり違います、恋の数だけ違います、相手に因って違います、自身のライフステージでも
違って来ます。


そして恋は様々な成分で出来ています。
恋は錯覚で出来ています、恋は思い込みから出来ています、恋は良い香りで出来ています、
恋は電気で出来ています、恋は嫉妬で出来ています、恋は気まぐれで出来ています、
恋は憧れで出来ています、恋は発作で出来ています、恋は偶然で出来ています、
恋はお酒で出来ています、恋は周りの空気で出来ています、
恋は相手で出来ています、恋は…実に色んなものから出来ているんです。


自分で悩んで自分で答えを見つけ、絞り出した勇気も相手にサラッと交わされたり、サクッと
トドメを刺されたり、いやはや、世の中から恋の話題もお話もそりゃあ無くなるハズが無いです。
人類が地球から一人残らずいなくなった世界でも、もしかしたら恋はあるかも知れない。



なんかこう、恋をしたくなる映画かも(;^ω^)


いや、他人事だからこそ笑って楽しめるものであって、自分がこの映画の当事者である「先輩」
だったりしたら、そりゃあ生きた心地もしないでしょう。
それでも「恋っていいな」と思わせる楽しさがありました。

この映画の恋の行方が我が身に降り掛かったら、楽しいと思えるかどうかはアレですが…





全く見ていなかった「四畳半神話大系」も見てみようかな…?
by onikibi | 2017-04-08 19:56 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi