ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 04月 28日 ( 1 )

いい年したオッサンが七転八倒しながら見てる「月がきれい」
前回の告白は有耶無耶かと思ったら、ちゃんと告白していた小太郎くんエライ!ヽ(*´ヮ`)ノ

しかしまあ、お互い気になる異性という接点以外は、クラスメイトとか体育祭用具係とか
普通に学園物だと話を転がるイベントで全然気楽に話せないところが、実に普通で良いな。

そうだよねー、イベントフラグキター!って感じではなかなか話せないよね、現実では…

なので前回、ラストで付き合ってと告った小太郎くんに対して、茜っちが「良くわかんない」
と言って返事を保留したのもさもありなん。
普段から仲が良いとか学校でもよく喋る相手では無い2人。
かろうじて体育祭用具係の時に交換したLINEでのみ、互いに話し合えるというのが実に
微妙な2人の関係と気持ちの距離を表してます。


今回修学旅行という、学生時代のビッグイベントで2人の距離がやっと歩み寄った訳ですが、
偶然の接点で話が転がらず、先生にスマホを取り上げられ連絡出来なくなった小太郎くんが
茜の友達に頼み込んで連絡を取って貰うという、懸命に自力解決を試みたところがとても
良かったですね~(*´ω`*)

そしてもう一つ安曇小太郎くんの良いところは、軽々しく謝ったり言い訳をしないところ。
もちろん口下手話下手という彼の欠点でもあるのですが、誠実に接したい相手だからこそ
茜の言葉を待つ姿勢は良かったです。
言いたいことがあるのは、待たされて連絡も無い上に、自分より気楽に小太郎くんと話す
部活仲間の千夏の携帯から、待ち合わせのお相手である小太郎くんが連絡して来て困惑する
茜っちの方でしょうからね~(;^ω^)


これでやっとお互いに「もっと喋りたい」という気持ちが通じ合って良かったです。
だけどこの奥手な2人が、次回からクラスメイトの目がある中でキャッキャウフフと
仲睦まじく乳繰り合うという姿が想像出来ません(;´∀`)

もう本当に2人を見守る親御さんの心境ですわ「だ、大丈夫か~?二人とも」という感じ。
何でアニメ見てる俺がオロオロせねばならんのか…

…まあ、この2人がまだ中学生だからだろうな~。
一方で青春の階段を駆け上がりたりたいショートエピソード「節子と永原」が
良い感じで主役二人の対比になっていてバランスを取ってます。
何だかんだで節子と永原は、末永く付き合って良い家庭を築きそう…
中学生カップル相手に言うセリフではありませんが(;^ω^)


ともあれ次回から小太郎くんと茜っちが、一体どんな付き合い方をするのか楽しみです。
思わず2人の様子をラクガキしてみたくなりますが、心の汚れた私が描くと阿鼻叫喚の
地獄絵図になりそうだな…描く前から「こんなん違う!」と自分で分かる所が怖い。
節子と永原の方がまだ与し易いかも(;´Д`)


by onikibi | 2017-04-28 16:46 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi