ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
c0058052_00051994.jpg

Wiiでプレイしたアカウントがあれば、タダでNintendoSwitch版のDQⅩが
ダウンロード出来るという、実に太っ腹なサービスに乗っかって、早速
21日の午前0時から、DLコードを打ち込んでダウンロード。

うちの無線環境だと1時間ちょいくらいで完了。
その後にアップデートのダンロードも無く、すぐにゲームが起動しました。

まずWiiU版と違うのは、パスワードを保存してくれなくなった事。
毎回打ち込むという、PC版と同じ方式になりました。


しかしゲームの起動やメニュー切り替えの速度が、うちのPCと同じくらい
速いので不都合やストレスは感じません。
USBキーボードを差して起動すれば認識してくれますので、長いパスワードを
使ってる人も問題無いでしょう。



ゲーム起動からネットワーク接続の速度も、WiiUとは雲泥の差。速いです。




c0058052_00060517.jpg

そしてゲーム画面。
解像度はHD、フルHDではありませんが綺麗です。
なによりメニューのサイズがPC版と同じく小さいサイズになった事で、相対的に
画面が広くなりました。
これもPC版と同じ仕様ですね。

ただ本体の画面で使う事を考えてか、メッセージウインドウとその中の文字は
やや大き目にしてあって、Switch本体でプレイしても読みやすくなっています。


因みに無線キーボードで文字入力とチャットを試していたところ、突然遅延が
発生する症状に見舞われました。
USBレシーバーとSwitch本体の無線機器がかち合っているのかも知れません。
今は有線のUSBキーボードを差していますが、後で色々調べてみようと思います。



それにしても思った以上に快適に遊べるNintendoSwitch版ドラクエⅩ。
NVIDIAのモバイル・プロセッサの凄さを思い知らされました。
初代Tegraのカスタムチップとはいえ、ゲーム機専用に動かすとこれほど高性能
だったとは…(;´Д`)


テレビでプレイ、本体をドックから外して他の場所でプレイ、寝転がってプレイ、
モバイルルーターやテザリングで外でもプレイと、時と場所を選ばずドラクエⅩが
遊べる時代が来るなんて、本当にすごいです。
今度帰省する時にはNintendoSwitchを持って変えれば、実家でもログイン出来るな。
IPアドレスが変わるけどそのまま入れるのか、はたまたPCみたいにパスワードの
変更が要求されるのか、こっちも試してみないとね(;´∀`)
# by onikibi | 2017-09-22 00:38 | Comments(0)
ディスカバリーチャンネルの人気番組「ファスト&ラウド」
オーナーのリチャードと共にガレージ開設以降、車作りを担って来たアーロンが店を辞め、
番組はその後二人が放送開始からの思い出を振り返る特番に切り替え、今シーズンの締め
括りとなる模様です。

お陰で過去にあったアレコレの、懐かしい話や裏話が聞けて結構楽しいです。
放送当初から見続けていた私としては、番組の思い出を振り返るシリーズはBIGボーナス
としてありがたい限り(*´ω`*)


その中で、なんとキーナンも辞めていたという事実が発覚!
キーナンさよならVTRも用意してあって、地味ながら愛されていたんだなあとしみじみ。
個人的にはケーシーの次に好きだったメンバーでした。

更に驚いたのが、キーナンを引き抜いたのがなんとケーシー!
自らの塗装店での仕事に専念し、家族と過ごす次巻を増やしたいと言っていたケーシー
でしたけど、その後店は塗装だけじゃなく車の改造まで手掛けるショップに拡大して
いました。
商売が上手く行ってるようで何よりです(^_^;)

そもそもスコットが辞めた後に人手不足となったガスモンキーガレージに、ケーシーが
呼んで来た知り合いがキーナンでしたしね。
週休3日の好条件で引き抜いた訳ですが、気心知れた仲間ですし、キーナンの仕事ぶりは
番組ではあまり目立ちませんでしたが、幅広い技術を持っていて真面目に仕事をこなして
いましたから、その上で仲の良い相手ならそりゃ欲しいでしょとも(;^ω^)


なんにせよ、店を去った古株のメンバーが充実した仕事と生活を満喫してる姿には
ほっこりさせられましたヽ(*´ヮ`)ノ


アーロンが抜けたあと、番組がどうなるのかは分かりませんが、抜けたメンバーたちとも
仲が良い様子なので、今後も番組に顔を出してくれる事を期待しましょう。
もちろん残ったメンバーでのカスタムにも期待しています。

ミスフィットガレージの新シーズンも始まるようですし、今後も楽しませてくれそうです。



さあ、次はエドが抜けたクラッシックカー・ディーラーズがどうなるか…

# by onikibi | 2017-09-21 00:27 | Comments(0)


ASUSが米国通信キャリアのVerizon向け5.2インチのスマホ。ZenFone Vを
発表しました。

プロセッサは一世代前ですがカメラ性能も良いし5.2インチの画面サイズだし、
あれ?こっちの方がZenFone4よりよくね?(;^ω^)

LTE対応バンドが米国向けなので日本では3Gでしか使えないのが残念ですが、
このスペックと本体で日本向け対応版を出して頂けると、個人的には嬉しい。

リークされたgoogleのpixel2が相変わらずハイエンド寄りのお値段なので、
ちょっと手が出ませんねえ(;´∀`)
現実的なチョイスはやはりZenFone4に軍配が上がります。

私はもうキャリアに戻ることは無いでしょうから、ローエンド~ミドルクラスの
スマホが充実してくれる事を祈ってますが、なんだかSIMフリースマホの日本向け
販売も、だんだんハイエンドにシフトして行ってて辛い…

買い替えがまだ先とは言え、今のスマホが不慮の事故で壊れたりしたら、今ある
製品から買い直す羽目になりますから、やはり市場でミドルクラスのスマホが
充実してくれるに越した事はありません。


昨年日本に参入したWikoに期待しているのですが、未だにTommyの後に続く
製品が出て来ないのが残念。
ここはローエンドだけでなく、ミドルクラスの製品も持っているので、是非とも
「今のスマホって高ぇーよな」と思うサイレント・マジョリティの内なる声に
応えて、日本のスマホ市場に一石を投じて欲しいものです(;^ω^)

いや、それをWikoだけに課すのは酷ですね。
他のスマホメーカーもガンバレ!!ヽ(`Д´)ノ


# by onikibi | 2017-09-20 12:21 | Comments(0)

ASUS公式:ZenFone4

ASUSから日本国内向けのZenFone4が9月23日から発売されます。
キャリア契約に縛らられないSIMでスマホを運用している人にとっては、ミドルクラスで
高性能なスマホが欲しい人にとっては、ありがたい選択肢です。

キャリアの月額割引サポートが無い代わりに、通信料が安い格安SIMで最初から運用が
出来る為に、結果的にキャリアで本体を買うより2年3年の支払総額が安く抑えられる
というのが、SIMフリー端末の最大のメリットです。

海外版は既に発売されていますので、既にZenFone4のレビューはたくさんネット上に
上がっていますが、相変わらず値段の割に高性能なミドルクラス端末として、非常に
魅力的な性能を発揮しているのは頼もしい限りです(*´ω`*)

今のスマホはミドルクラスでもかなり高性能なカメラを搭載していますので、コンデジ
プラス SIMフリーのスマホ、と考えればお値段的ににも納得。

デュアルカメラも日常の撮影シーンを念頭に置いた性能で、単にズームが付いたとか
そういう足し算にしないところも、個人的には良いなと感じるポイントです。
いいなあ、新しいZenFone4のカメラ。


とはいえ、今私が使ってるZenFone3のカメラに不満があるかと問われれば、無いと
いうのが正直なところ(;´∀`)
私が買い換えるのは少なくとも来年以降になると思うので、まだまだZenFone3には
頑張って貰いますし、大事に使わないとね!

正直心配なのは電池の劣化だけですが、NEXUS5が10ヶ月で目に見えて電池の劣化に
悩まされたことを考えれば、1年使って減りは早くなったとは言え、まだまだ十分に
電池が持つので一安心。

ま、電池の劣化が耐えられないレベルになってから考えましょうか(^_^;)
欲しいけど現状はスルーしか無いのが残念なZenFone4。
iPhoneやXperiaの高級機ばかりではなく、ミドルクラスのスマホが元気な内は私も
安心ですヽ(*´ヮ`)ノ

# by onikibi | 2017-09-19 11:20 | Comments(0)

気温差14.1℃

台風一過とはいえ、今日は暑かったですね(;´∀`)
カラッとした空気なので、夏のときのようなじっとりまとわりつく空気で
無かったのは幸いです。
ですが、本当に暑かった…(;´Д`)

あまりに暑いので、室温が33℃に達した時点で、自転車にまたがって外に
出かけて走って来ました。
ふふふふ、更に汗をかいて涼しくなろうって寸法よ。

・・・何か間違ってる気がするが、まあ涼やかな気分になったからよし!!


それにしても寒かった昨日とは打って変わって、今日の練馬の最高気温は
なんと33.9℃!
因みに昨日の最高気温は19.8℃。
たった1日で最高気温の差が14.1℃という…なにこれ…(;´Д`)



まあでも、晴れたので洗濯日和でした。
秋に備えて上に一枚羽織るものを洗濯したんですが、出番はいつかな…

# by onikibi | 2017-09-18 19:57 | Comments(0)
※注・ネタバレあり※
























デイヴィッド…おまえだったのか……、まぁそんな気はしてたけどな!

んんんんんん……まぁ、細かい事は言いますまい(;^ω^)
お話のアレとかもう主観の世界と言うか、監督がこう言ってんだから頷くしかありませんな。

それにしても今度こそエイリアンの前日譚かと思ってたら、プロメテウスの後日談だったよ!!
これ絶対エイリアンの直前までまだまだ話は続くよね?
ていうか作る気満々だろ、リドリー・スコット…(;´Д`)



まあ映像的には見応えありましたよ。
最近のCGで何でもクリアに描けちゃう映画と違って、陰影を効かせたカメラワークやカットは
見事としか言いようがありません。
あり得ない未来の宇宙船やらメカを描くのにCGを使っても、それを見せ場にする気なんざ
更々ありません。
イマジネーションを掻き立てる画面作りは、小説を読んだ読者が頭で一番恐ろしい場面を想像して
しまうのに似てるかも。


それにしても前作・プロメテウスから直に続くとは思ってもいませんでした。
アンドロイド役のマイケル・ファスベンダーは、X-MENニュー・ジェネレーション以降の
新三部作で、マグニートを演じてその魅力を印象付けていましたが、リドリー・スコット
監督のエイリアン前日譚シリーズにおいても、アンドロイド役として確固たる存在感を
発揮しています。


もうエイリアンに対する興味から、知的生命の発祥に端を発し、不老不死と永遠に生きる
アンドロイドの自我の目覚めと、おいおいエイリアン前日譚の主題がエイリアンからどんどん
離れて行っちゃってる感はどうしてくれようか…(;^ω^)

今回の映画もエイリアンを全く知らずに観ると、自我を持ったキチ○イロボットが、
自らを創造主として新しい生命体を作ってたらエイリアンが出来ちゃった!
という、この………

前作で巨人型創造主(エンジニア)が、タコ型生物兵器とガチムチレスリングの挙句に
種付けされてエイリアンを産んだ流れは何だったんざましょ(;´∀`)

確かにプロメテウスのラストで、エリザベス・ショウ博士が、こんな危険な生物兵器を
地球に送り込もうとしているエンジニアの星に乗り込んで行くぞ!というラストでしたが。
そして結局エンジニアの星を壊滅させていましたけど…やってるの全部キチ○イロボットの
デイビッドくんじゃねーか(^_^;)


あれ?前作でそんなにデイビッドって、自我の目覚めと創造主への葛藤を持ってたっけ?
とか、まあ色々有るわけですが、監督がこうだと言うのなら仕方ありません。


どう考えても今回の移民船・コヴェナント号が向かう予定の入植惑星「オリガエ6」が、
エイリアンでノストロモ号が向かう小惑星とは思えませんから、エイリアンに続くには
まだ二転三転しないとたどり着かない気がします。

これまだまだ続くなぁ…


# by onikibi | 2017-09-17 20:29 | Comments(0)
c0058052_18001622.jpg

お待ちかねの4館が発売されました「ゆうべはお楽しみでしたね」
ドラクエⅩも5周年を迎えましたが、ゲームの歩みと共に進んで来たこのマンガの
パウさんとゴローさん。
日々の時間の流れがゲームと共に進むという感覚が、ストーリーの中に強引な
イベントや事件を差し込む事なく、二人の関係がジワリと進んで行く様子が
とても自然で楽しい作品です。

毎月掲載されるWEB連載で読んではいるのですが、単行本で続けて読むと
ゴローさんのパウさんに対する気持ちの変化が、より一層丁寧に分かるのも
単行本で続けて読める良さですね。

勇気を出して告白したパウさんに、自分の気持と揺れる不安を隠さず伝えて
応えたゴローさん。
二人の関係が、実生活でもドラクエでもリンクして進む様子が愛おしいです。

しかし勇気を出したとは言え、勢い任せで先を考えていなかったパウさんが、
転勤という人生の岐路に立つことで、今度こそ勇気を持って二人の将来を
考えて、そして目を逸らす事無くゴローさんと向き合う勇気が求められる
局面を迎え、いよいよクライマックス感が高まって参りました。

話数も「サーバー38」を超え、ドラクエⅩの残るサーバーもあと2。
ゲームにリンクするならサーバー数は40ですが、次回単行本の残りを考えると
ここはリアルサーバー数に拘らずに進むのか?等と、DQⅩプレイヤーの私は
余計な心配をしてしまいます(;^ω^)

作者の金田一蓮十郎さんも人気作家ですから、話の流れ的にもそろそろ連載の
終了には良い頃合いでもありますから、次巻の5巻が最終巻になる可能性が
高いと思います。
果たして二人の行く末はどうなるのか?現実のドラクエプレイヤーのドラマの
方が、マンガよりドラマチックだったりするドラクエⅩですが、作品の行方を
楽しみに見守りたいと思います。


いや、面白いから延々と続けてくれても私は一向に構わないんですが…
でもお話はエンドマークがあってこその「物語」ですから、やっぱり最終回を
見てみたいものです(*´ω`*)

# by onikibi | 2017-09-16 18:00 | Comments(0)
c0058052_20472446.jpg

昨日届いてました、ありがとう宅配便のお兄さんヽ(*´ヮ`)ノ

いやあ、この作品も心に残る良い映画でしたねえ。
Amazonビデオで既に買ってはいますが、やっぱり音質・画質はBlu-rayです。
ストリーミングは気軽に見られるのが最大のメリットですしね。

特に最近、サラウンド・ヘッドホンを買った事で、改めて高音質音源搭載の
Blu-rayが楽しくて堪りません(*´ω`*)
スピーカー再生では不満だった「君の名は。」も、新しいヘッドホンで聞けば
劇場の臨場感が再現されて、見事に不満も解消されました。

今回届いた「この世界の片隅に」も、音にかなり拘りのある映画ですから、
サラウンドヘッドホンで聴くのが今から楽しみで楽しみで♪
空襲の爆撃や砲撃音がクローズアップされますが、平穏な日常の何気ない音も
聞き逃せません。
スマートデバイスの電子音に囲まれた今の生活では聞けない、自然と人の生活が
一体化していた時代の音が聞けるというのも、この映画の魅力だと思います。


ま、一番の見所はすずさんですげねど(*´ω`*)
周作さんも素晴らしいし、北条家の皆さん全員素敵です。
言うまでもありませんが径子さんは別格なので、おほほほほ!
サラウンドヘッドホンで「冴えん」となじられるのが至高の悦びになりそう…

# by onikibi | 2017-09-15 20:47 | Comments(0)

Nintendo Direct



本日放送されたニンテンドーダイレクトにて、今年の秋から来年にかけて発売される
3DSとNintendoSwitchのソフトが一挙に紹介されました。

期待のスーパーマリオ・オデッセイを始め、ゼノブレイド2の発売日が12月1日と
発表されたのは嬉しい限りです(*´ω`*)

Skyrimの発売は来年ですが、こちらも正式に発表されて発売日のアナウンスを待つ
ばかりとなりました。
ゼルダコスチュームのドヴァキンが超似合わねえ~(;^ω^)
これこそ待ち望んでいたSkyrimですよ。

あとBethesdaはDOOMもNintendoSwitch向けに発売するそうです。
ウルフェンシュタインの新作も出すそうで、一体Bethesdaに何があった!?


まあ個人的にはゼノブレイド2の発売日決定が一番のトピックでした。
今までのデモムービーに比べて、明らかにキャラのモデリングも背景も綺麗に
なっていたのには驚きました。
一番の期待はゲーム内容なのですが、前作のゼノブレイド・クロスではなく
Wiiで発売したゼノブレイドの2である、という所に期待が膨らみます。
ゼノクロに比べて明らかにノポンが前面に出てるしね!(;´∀`)


気になるソフトを全部買ってたらキリが無いので、当面はマリオオデッセイと
ゼノブレイド2を遊ぶ予定です。

ある意味Skyrimが来年で良かったよ…(;^ω^)

# by onikibi | 2017-09-14 14:14 | Comments(0)
日本ハムの大谷翔平先週が、今季のオフにポスティングを使ってメジャーに
挑戦するとの報道がありました。

昨年の日本一にも貢献し、シーズン終盤には抑えで165kmの日本最速を
記録した事は、まだ記憶にも新しいです。

今季は昨年の無理が祟って、怪我のスタートとなりましたが、昨日の登板で
投手として今季初勝利を上げ、ようやく本調子に近い状態にまで戻ったと
いう感じでしたが、来季のメジャー移籍を見据えての今季調整だったのかと
思うと、怪我の治療にも入念に時間を掛けた理由が分かります。



ただ、大谷選手はまだ23歳。
メジャーでは労使協定で、米国・カナダ・プエルトリコ以外の国の選手は
25歳以下はマイナー契約からとなっています。
大谷選手もまずはマイナー契約からスタートなので、ポスティング自体の
契約がどうなるのかは、実際の交渉が始まってから経緯を見守りたいと
思います。


果たして大谷選手はメジャーでも二刀流に挑戦するのか?それとも投手が
酷使される環境では投手一本なのか?
ア・リーグかナ・リーグかでも変わると思いますので、色々と今後が楽しみ
である事は間違いありません。

まずはシーズン終了後の正式発表を待ちたいと思います(*´ω`*)
ガンバレ大谷選手ヽ(=´▽`=)ノ

# by onikibi | 2017-09-13 15:55 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi