ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

フォーミュラE

FIAが来年度から行われる電動フォーミュラの世界選手権、フォーミュラEの
開催カレンダーが発表しました。
残念ながら当初から日本は入っていませんが、是非ともこのシリーズが成功して
日本でも開催される運びとなる事を願ってます。

カレンダーを見ると北京と香港での2戦が中国で開催される事になってますから、
このシリーズに日本を組み込む事はそう難しい話では無いはず。
でもまあ、日本の自動車メーカーが関与してないし、カーレース自体が下火の
日本で開催する事は非常に難しいでしょうねえ。

電動フォーミュラなんて面白そうなレースなのに、もったいない・・・(;^_^A

せめてテレビで録画中継とかしてくれたら楽しいんだっけどな。
J-SPORTで放送してくれないかな?
是非とも一つ検討をお願いしたいです。

一体モーター駆動のフォーミュラのコーナー立ち上がりとかブレーキのバトル
とか、どんなもんなんだろうなあ・・・
あれだけ太いタイヤだしなー、開幕が楽しみだー(´∀`)
by onikibi | 2013-09-30 01:02 | Comments(0)

そんな逸話が

ビル・ゲイツ氏が「Ctrl+Alt+Delは失敗だった」と語ったニュースが出ています。
昔からWindowsのパソコンを使ってる人は何度もお世話になったコマンドかと
思いますが、ご存じの通りWindowsの強制再起動コマンドです。
これが効かない場合は完全にOSが死んだ場合だと結論されるので、仕方なくと
言うか安心して(むしろ安心とは真逆ですが)パソコン本体のリセットボタンを押したり
電源を落とす行動に移れる訳です。

ゲイツ氏曰く、本来は再起動の為のボタンをキーボードに付けたかったが、当時の
IBMのキーボード設計者が、マイクロソフトの為に専用ボタンを付けるのを嫌がった
からだというのが真相だそうです。

しかし結果的には、この再起動専用ボタンが無かった事はパソコンの為には
非常に良い事だったと思います。
なぜなら再起動専用キーがキーボードにあれば、迂闊に触ったり物が堕ちたり
した時に、勝手にPCが再起動されてしまう恐れがあるから(;^_^A

特に猫を飼っている人は、恐らく何度となく猫にキーボードを踏み荒らされた経験が
あると思います。

ならば専用キーを何秒か長押しすればいいと考える人もいるでしょうが、そこまで
するならCtrl+Alt+Delを押した方が速くて確実で安全です。

インタビュアーは「なぜ再起動に指を3本も使わなければいけないのか?」と聞いた
そうですが、指を3本も使わなければならないからこそ誤作動を防ぎ確認の出来る
素晴らしい発想だと私は思います。


ちなみに知り合いが過去に運転免許を取りに行った時に、マニュアル車のクラッチ
操作に混乱して
「人間の足が2本しか無いのにペダルが三つあるのはおかしい!」

という迷言をのたまった事があります・・・( ̄▽ ̄;)


・・・パソコンとは全然関係無いけど、この話をふと思い出しました・・・
なんで彼はマニュアルの免許を取ったんだ
by onikibi | 2013-09-28 20:27 | Comments(0)

散髪に行けない

タイミング悪く髪を切りに行けないまま3ヶ月・・・
今週こそ行こうとしたのですが、行くとお店が臨時休業してたり、お店に行くとすごく
混んでたりして、まるで色んな力が働いて床屋に行かせないようにしてるのか。

もうこのまま前髪だけ自分で切って、後ろはロン毛にしてしまおうか?

などとバカな事を考えてないで、空いてる別のお店に行って切って貰えばいいんで
しょうけど、新規のお店に行くと上手く切り方を伝えられなくて、必ず面白い髪型に
されてしまいます。
1度ヘルメットみたいな髪型になった事もありました( ̄▽ ̄;)
あと、もみあげを切って貰ったら完全に懐かしのテクノカットにされた事も。

まあかといって普段そんなに拘った切り方や髪型にしてる訳では無いのですが。
もう少し長めに髪を残したまま切ってもらうかなあ。
そしたらきっとまた変な髪型になる予感がするけどね(;^_^A
by onikibi | 2013-09-27 22:17 | Comments(3)

自転車の逆送禁止

12月から自転車の車道通行において、路側帯の右側通行禁止の罰則が施行される
そうでうす。
罰金は5万円以下、もしくは3ヶ月の懲役刑に処されるそうです。

まあ自転車の事故は増える一方ですし、交通ルールを守らない自転車も減りませんし
罰則規定の強化は仕方ないというか、当然の処置かと思います。
あとは周知が徹底されるかどうか・・・と思うと、きっと徹底されないんだろうなと(;^_^A
で、施行しても周知不足で実際の取締や罰則適用は後回しになるんだろうなと、容易に
先の展開が想像出来てしまうのも残念です。

実際自転車通行用の安全な走行レーンの整備も出来ていないまま、歩道から自転車を
締め出して車道へというのは、免許制度も無い自転車に一律に課して安全な運用が
出来るのだろうか?という疑問もあります。
日本は相変わらず役人の懐にカネが入らないで、手間と金がかかるインフラ整備は
後回しになってしまいますから、対処療法のまま根本快活を先送りにした対応で
どこまで歩行者と自転車と、自動車の運転者の安全が守られるのか心配です。


せめて自分だけでも周りの迷惑にならないよう、自転車での走行には
十分気を付けたいと思います( ̄▽ ̄;)
by onikibi | 2013-09-26 20:18 | Comments(2)

雨は明日まで?

台風PABUK(パブーク)が、関東の南を通過するコースを通り、昨夜から都内は
雨になってます。
昨日の内に自転車で映画館に出かけてて良かった(;^_^A


・・・で、昨日観たエリジウムにちょっと面白い小ネタがありました。
地球とエリジウムを行き来する大企業のVIPが持つ、個人用シャトルなる物が
作中に出て来る訳ですが、このシャトルがなんと「ブガッティ」のバッヂを付けて
いました。
ブガッティと言えば超高級車ブランド、未来の個人向けシャトルは完全に自動車
感覚で所有しているようで、お金持ちのVIPが使ってるシャトルにさりげなく
ブガッティのエンブレムが貼ってありました。

シャトルのカラーリングもブガッティ・ヴェイロンの赤黒ツートンに塗られてます。
映画に出てる以上企業タイアップだと思いますが、アウディがあからさまに
カッコイイ出番をバンバン入れるのとは違って、主張せず悪魔でさり気なく、
気付いた人だけ分かるというところが良いです。

まあタイアップした企業がそれで良いかどうか分かりませんが、露出過剰で
観客にウザイと思われるよりはマシかと(;^_^A

やっぱり ニール・ブロムカンプ監督の作品はBD/DVDでじっくりと細部を
観察してみたいです。
早くパンフレットも入手しないと。
by onikibi | 2013-09-25 18:58 | Comments(0)

エリジウム

イリジウムではなくエリジウム、あの映画「第9地区」で一気に世界的に有名になった
ニール・ブロムカンプ監督の最新作。
やっと見に行きました(;^_^A

※ネタバレアリ※

c0058052_1937436.jpg
まず劇場に行ったら既にパンフレットが売り切れ!
なんと・・・先週末に上映が始まったばかりだというのに・・・もう売り切れとか。
参ったな~、また2週くらいしたら、別の映画を見る時にでもパンフが再入荷してないか
見てみよう。

そして今回見に行った劇場では3D上映はありませんでしたが、IMAXの2D上映を
初めて見ました。
うん、一度IMAX3Dを見てしまうと物足りないけど、スクリーンの綺麗さはやっぱり
2Dになっても失われていませんでした。
結果的にはきめ細かな映像を巨大すクルーンで見れたのは良かったかな?

しかしパシフィック・リムとは違って座席はガラガラでしたが、平日の昼なんて本来
こんなもんですね。
都内のパシフィック・リム人気が異常だったっただけで。
それでもパンフが売り切れてるところを見ると、コアなファンは公開初日と連休に
集中していたのでしょう。



内容的には色々ありますが、個人的には考えさせられるところが多くて良かったです。
マット・デイモン演じる主人公マックスが、エリジウムのシステム全てをリブートして
書き換えるデータを脳に入手してしまった事で、本来の目的以上の重荷を背負い
狙われる事になるのですが、ラストまでの流れは確かにハリウッド的な感動物の
フォーマットでした。

でしたが、なんだかこの作品を観ると、子供の頃の気持を思い出しました。
世界は希望と夢に満ち溢れていて、全ての人々が幸せに暮らせる未来が来ると、
漠然と思っていた、本当に幼い頃。

第9地区と違って皮肉と、それに纏わる笑いが散りばめられている訳ではありません。
それがニール・ブロムカンプ監督、いや、第9地T区のファンだった人には物足りない
かも知れません。

ですが、この映画の中にはもう失ってしまった幼い頃の夢や希望が詰まってる気が
してなりません。
絵空事、ご都合主義、美談で纏める・・・様々な見方があると思います。
凝ったSF設定に酔いしれるのもいいでしょう。
でも、大人になった今だからこそ、こういう話に込められた希望や絵空事を笑う事が
出来ませんでした。

多分ストーリーとは別に、徹底的にシニカルに・ドライに描かれた格差社会の映像が
影響してると思います。
虐げられた人々を哀れんだり、彼らこそが正しいという描き方はありません。
地上に生きる最下層の人々は生きる為に犯罪にも手を染めるし、エゴにも満ち溢れ
ています。
貧困層に対してそういった同情的な描き方が無いところに、他のハリウッド映画とは
違う匂いを感じさせるのかも知れません。


何にせよ、個人的には心に残る映画でした。
by onikibi | 2013-09-24 19:37 | Comments(0)
先週東京タワーで起きた展望エレベーターの事故。
地上200m付近にある展望エレベーターの強化ガラスを突き破って、鉄板らしきものが
エレベーター内に飛び込むという、なかなかトンデモない事故が起きてました。
警察の調査も終わり、詳しい事故の状況が入って来ましたが・・・

やっぱりというか、人為的ミスでしたね( ̄△ ̄;)
エレベーターの窓を突き破って飛び込んで来た鉄板は、エレベーターのワイヤーが
外れたりズレたりするのを防ぐ”ふさぎ版”と呼ばれる鉄板だそうです。
特別展望台の真上にある機械室に接地されていたそうです。

管理会社は月2回も安全点検を行っており、事故前日の16日には強風を警戒して
特別安全点検を行っていたにも関わらず、この部分は点検項目外だったそうで
見落とされてていたという事です。


うーむ、なんというかこう、経済性を優先するあまり「想定外」を儲けたら、絶対にその
想定外部分の安全は(怖いから)確認しない、という逃げを打って「想定外」を作ってる
としか思えないなあ。
まあその逃げの対応が、色んな所で大きな事故を引き起こしてる気がしますが。

個人的に一番恐れていた事が、やはり今回も事故の引き金になってました。
世の安全基準は一応の目安であっても、安全を保証する物ではないと言う事は
改めて肝に銘じておかないといけませんね(;^_^A
by onikibi | 2013-09-23 13:45 | Comments(0)

ベッテル強すぎる・・・

F1シンガポールGPはベッテルの異次元の速さに目が点になりつつ、それ以下の
争いの面白さに手に汗を握って見てました。
先頭のクリーン・エアを走らせたらもう誰もベッテルを止める事は出来無いなあと
痛感する強さ。
同じトラックを同じタイヤで同じ量の燃料を積んでスタートして、後ろを2秒以上
突き放すとか・・・もう次元が違うとはこの事です。

ラウダが「ベッテルへはブーイングを送るのではなく敬意を表すべき」という気持ちも
分かります。
それくらい昨日のベッテルは一人だけ違う世界を走ってましたね(;^_^A

同じチームのウェバーを見ると分かりますが、彼も単独ではベッテルに匹敵する
スピードを持っているハズですが、スタートで出遅れて他の車の中で走ると
最強マシンのレッドブルとはいえ簡単にオーバーテイクはできません。
レッドブルの車の特性として、他の車の中に入って走る限りは、ライバルの車と
同じレベルのエアロ特性か、それ以下に落ちてしまう傾向が見られます。

つまり今のベッテルを止めるには、スタートで前を塞いで、クリーン・エアで
彼を走らせない事。
これ以外で彼を止める方法はありません。
過去のベッテルの戦績を見ても、前を塞がれた状態では例え2秒速くても
レッドブルではオーバーテイクが難しい事は何度も証明されています。

今のベッテルを止めるには、後はトラブル等の「不運」を願うしかない、つまり
神様しかベッテルを止められないという事になりますね( ̄△ ̄;)
恐ろしや・・・

しかし2位以下の争いに目を向ければ、ここ数戦の面白さは郡を抜いてます。
予選ではベッテルを脅かす速さを見せるメルセデス、マシンは遅いけれど
全ての戦略・知略・勇気を以て2位をもぎ取るアロンソ、レースになるとタイヤを
抜群に上手く使えるロータスとライコネン。

中団チームに目を向ければマクラーレンやフォースインディアに、序盤低迷して
いたザウバーやトロrッソまでが、上位争いから零れたトップチームのマシンと共に
7位以下を激しく争う展開になってます。

開幕直後に散々叩かれピレリのデグラデーションを管理して、買いや戦略の違う
戦いが出来るようになって来た事で、予想以上に面白いレースが出来てますね。


いよいよ次は韓国・日本と続くアジア連戦。
日本GPでは早くもベッテルの王座が決まってしまいそうな勢いですが、レース
自体は非常に面白いバトルがあちこちで見られそうです。
やっぱりこれだけ多くの人間と金が関わるF1は、どんな展開になっても面白い
なあ( ̄▽ ̄;)
by onikibi | 2013-09-23 13:24 | Comments(0)

今夜は囮物語

いやー、また情報収集を怠っていたので、今日のお昼過ぎになって慌てて
読売新聞を買いに行きましたよ。
またまた新聞の広告スペース1Pを割いて載ってましたな「撫子ミラー」

逆撫子には笑ってしまいましたが、やっぱり逆撫でしてるのは月火ちゃんか(;^_^A

それにしてもアニメ化物語のこの1面広告はいつまで続けるんだろ?
ここまで来たら多分最後の恋物語までやるんだろうな。
とりあえず次の鬼物語は絶対手に入れないとな!

そして恋物語の一面広告は、やっぱりガハラさんじゃなくて貝木じゃないとな!!
何はともあれ今夜放送の囮物語、楽しみです。



あとF1シンガポールGPの予選、ベッテルはえー。
これでスーパーソフトを1セット丸々残してポールかよ、速すぎる。
そもそもミディアムのロングランで他のチームのスーパーソフトのロングランより
速いんだから、残す必要なんてあったのかな?

まあ明日のレースはどうなるか見てみないと分かりませんが。
グロージャンが久々に3位スタートなんで、危険を妊んでいると行ったら失礼か?
何にせよ面白いレースになってくれる事を期待します(;^_^A
by onikibi | 2013-09-21 23:13 | Comments(0)
F1シンガポールGPが開幕しました。
お馴染みのナイトレースです、もちろん金曜フリー走行から当然ナイトレース。
そしてシンガポールが終われば次の韓国GPを挟んでいよいいよF1は鈴鹿へ。

タイトル争いはベッテルでほぼ決まりといった様相を呈して参りましたが、
来季へ向けてここらで一発良いパフォーマンスを見せたいと狙う選手も
いますから、これからのレースこそが見所かも知れません。

それにしてもレッドブルは、ホントどこ行っても速いなー( ̄▽ ̄;)
今FP2をCSで見てますが、ベッテルとウェバーの二人の飛び抜けた速さを
見ると、ため息が出て来ます。
来シーズンはエンジンも変わるし排気システムもエアロ的に大きな影響を
受けるので、来年もレッドブルが速いのかどうか非常に興味深いです。

ただ今年は、今年の末までは原稿レギュレーションのまま。
今年は最後までレッドブルが圧倒的に速いマシンである事に変わりは
ありません。

道具の優劣で勝敗の決まるF1、そして同じ道具を使える選手はグリッド上で
たった二人だけ。
今年のレッドブルみたいに、チームメイト同士で差が付き過ぎてしまうと
飛び抜けて速いマシンを持つチームの一人だけが強すぎるという、誠に
レースとしては面白味の無い展開になってしまいます。
まあそれは皇帝ミハエル・シューマッハの5連破の時に、散々味わった苦渋
ではありますが(;^_^A


そう考えると来季のターボエンジン導入は、技術的アドバンテージを一旦
リセットする良い機会と言えるでしょう。
まあ技術的に安定してくれば、結局良いエアロの車が勝つのでしょうが、
そこに至る迄にまずどこのエンジンが一番速くて一番安定するのか?

レッドブルが圧倒的に強いシーズン後半を眺めながら、来季のことを考えて
いたら日曜日のレースで鬼が笑ってくれるかも知れません( ̄▽ ̄;)
今年のシンガポールに波乱は起きるでしょうか?
まずは明日の予選から期待しましょう。


そして明日の土曜日にエリジウムを観に行くのは無謀だろうか?
by onikibi | 2013-09-20 23:29 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi