ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

明日から消費税8%

いやあ、これがエイプリルフールのネタだったらどんなに嬉しいことか・・・(;一_一)

という訳で消費税増税前にお買い物・・・という訳ではなく、たまたま前から狙ってた
液晶タブレットが値下がりしたので、買ってしまったのがこのタイミングというだけ。

c0058052_22531084.jpg

買ったのはCintiq13HD。
以前使ってたCintiq12が色々と調子が悪くなっていたのと、仕事柄持ち歩く事が
多いのでCintiq12のコンパネボックスかかなり邪魔だったというのもあります。
まあ持ち歩くから不具合が起きるんですけどね(;´∀`)

発売後1年を経過して、本製品も相変わらず高い人気ですが、まあそういう安心感も
ありましたし、中古の12を買うよりいっそ新しい13HDにしておこうと。
私の生活レベルからするとかなり高い買い物ですけど。


で、一緒に注文した保護フィルムを貼って撮った写真が上の写真です。
接続は簡単、HDMIコネクターとUSBコネクターを1つずつPC本体に差すだけ。
コンパネボックスはなくなって、一緒に接続コネクターから出るACアダプターへの
接続コネクターを繋げば準備完了。

ウィンドウズ8のノートにつなげてあっさり動きました。
いやあ、ほんと最近の周辺機は面倒がなくていいですね。
それだけに面倒が出た時には、ユーザーが自力で解決するのが困難だったりする
訳ですが・・・(^_^;)

とりあえず動作確認は完了。
苦労は液晶保護フィルムがいつも通り上手く貼れなくて四苦八苦したことくらいです。
画面分割してみると、さすがフルHDは画面が広いですね。

あと以前使ってた12と比べたら、一気に画面が広がった気がします。
たかが1インチといえども、手元の作業スペースが広がった訳ですから大きいです。
元々12でも狭いとは感じてなくて、むしろ私の感覚ではベストだっただけに、余計に
広く感じるのかも知れません。
ま、すぐ慣れることでしょう。

そして新しいCintiq13HDでは、画面を傾斜させるスタンドの角度が3段階に調節
可能になっていました。
これは助かります。
・・・まあただ、そのスタンドが本体と別体構造という事が、人によっては面倒と感じる
かも知れませんが。


なんにせよ新しい液タブになったので、頑張って新刊描かないと(;^ω^)
by onikibi | 2014-03-31 22:52 | Comments(0)

F1マレーシアGP

マレーシア航空370便の乗客乗員に対しての黙祷から始まった決勝。
予選とは打って変わって晴天の元でスタート、終盤に途中コースの一部で小雨が
落ちた程度でレースは無事に終了しました。

結果は予想通りメルセデスAMGの2台がワン・ツーフィニッシュで飾りました。
ドライのレースと言うことと、シーズン初のパーマネントサーキットという事で
あちこの順位でバトルが繰り広げられて、結構面白いレースになりました。

何より開幕戦がブレーキトラブルで0周リタイアとなった小林可夢偉選手が、
初日と2日目のフリー走行全てではしれないトラブルから一転、見事なスタートを
決めて13位完走という結果を見せてくれました。

ノーポイントですが、去年コンストラクター最下だったケータハムの直接のライバル
マルシャに対して、可夢偉13位、チームメイトのエリクソンが14位完走で、
見事コンストラクター順位を第2戦で早くも逆転。
開幕戦が2台ともリタイアだったチームにとっては、願ってもない好結果となりました。

いやあ、セットアップも何も出来てない車で、早々にライバルよりも速いペースで
走るだけではなく、前を行くザウバーにも追いつくペースで走ってるんですから
驚きました(^_^;)

本当に可夢偉は大したドライバーです。

今後のマシン開発にも良いデータが取れたことでしょう。
二種類のレースタイヤのデグラデーションも、今回はじめて経験してコントロール
出来た訳ですから大収穫です。

それにしてもケータハムは直線もコーナーも遅いね(;^ω^)
パワーユニットはまだまだフルパワーからは程遠い仕上がりです。
マシンのエアロも足回りもメタメタです。
それでもこれだけ走れるんだから、希望が持てます。

すぐにとは言いません、今シーズンじっくりとマシンを開発しチームを強くして行って
ほしいと思います。


それにしても新人のクビアトとケビンはいいね。
もちろんマーカス・エリクソンも非常にクレバーで良いドライバーです。
今年の新人は有望株だ。



さて、今日届いた新しい液タブをセットアップするか・・・
by onikibi | 2014-03-30 22:34 | Comments(0)

BD囮物語・下巻

c0058052_18481921.jpg
届きました、ていうかとうの昔に届いてました(;´∀`)
アニメ化物語セカンドシーズン 囮物語・下巻。

いやあ、今回のコメンタリーは面白かったですねえ。
初めて火憐ちゃんと月火ちゃんの二人が、初めて姉妹らしい関係になっていて
面白かった(*´∀`)
そうかー、火憐ちゃんの方がファイヤーシスターズのブレーキ担当だったのか。

月火ちゃんも火憐ちゃんとの関係がはっきりして、これでやっと末っ子らしい
立ち位置になって安心した。

火憐ちゃんは兄貴の阿良々木くんがいるからこそ、無茶をしてるというのが
個人的には伝わって来てたので、妹相手だとちゃんとお姉ちゃんだというのは
非常に嬉しい展開です。

やべえ、これ火憐ちゃんの話をまた描きたくなって来た(;´∀`)


まあこうやって作者自らがコメンタリーのシナリオ作成を使って、自キャラの
構築や整理に使うのはいいな。
ていうかアニメの補足をして、なおかつ結果的に出来たキャラの印象を原作に
取り込むとか、こういうの好きだなあ西尾(^_^;)
ファン的には楽しみが増えるのでありがたいんだけど、まあ早く終物語の下巻も
楽しみにしてます。
by onikibi | 2014-03-29 18:48 | Comments(0)

Yモバイルぅ!?

なんと合併をよていしていたイー・アクセスとウィルコムの新会社を、ヤフーが買い取る
事が発表されましたΣ( ̄□ ̄;)!!

え~~~~~~~っ!!

・・・それで4月1日からの新会社移行が6月にずれ込んでたのか・・・

それにしても名前がYモバイルねえ。
新しいロゴマークになる前に、ウィルコムの通話端末を新しくしようかしら?

それ以前に、Yモバイルになることで今後のスマフォ切り替え計画が微妙に影響を
受けるなあ。
まあYモバイルがどんなスマフォや料金プランを出して来るのか、それを見てから
考えてもいいけど。
昨日の発表時点ではキャッシュバック合戦などの価格競争はしないと言ってるので、
価格面で格安SIMと対抗出来る料金を提示して来る可能性はありませんが、月額
利用料金の安さではなく、運用面での総合メリットや利便性を打ち出してくれるなら
どんなものかは興味があります。

でもまあ、現時点では格安SIM運用が料金面ではダントツですけどね。
ドコモの携帯料金を調べたら、まだタイプ・シンプルバリューコースがあるので。
通話を待ち受け専用にして置いておける事が分かりました。
以前使っていたガラケーの電池を探して運用すれば、本体も安上がりだし。
電池も後で値段を調べておこう。
・・・まだあればいいけど(;´∀`)


それにしてもソフバンのグループ内でこんな事が起きるとは。
なんだかちょっとドタバタな気もしますが、今後の推移を見守りたいと思います。

それにしても本当にウィルコムのロゴともお別れか・・・
DDIポケット時代から長い付き合いのわる私としては、ちょっと感傷的になりますね。


・・・やっぱり最後にWILLCOMロゴの入った通話端末にしとく?(;^ω^)
by onikibi | 2014-03-28 19:16 | Comments(0)

格安SIMも悪くない

最近はモバイル用の格安SIMが増えましたね。
今までは速度の制限やデータ量の制限が厳しくて、安く複数のスマフォやタブレットを
運用しなければ有効ではないと思ってました。

ところが最近は安かろう遅かろうではなくLTE対応のSIMも出て来て、その上で値段も
携帯各社のパケット通信を契約するより安く運用出来るものが増えました。
これだとマジにタブレットかSIMフリーのスマフォを買って、ドコモのSIMは契約を携帯に
戻して運用したほうが遥かに安上がりになります。

私の使い方だとスマフォの月額データ通信総料は、毎月2Gにも届いてない・・・
これでも結構ブラウザやアプリのデータ通信をやってるハズなのですが。
まあスマフォで動画視聴をしないし、テザリングもしないので当然といえば当然(;^ω^)

これだったら格安SIMの2000円台の運用でも十分だよなあ。
携帯はメールしか受けないし・・・


ていうか、調べてる格安SIMがドコモのインフラを使うので、もしかして携帯もドコモの
回線はいらないんじゃないかな?(^_^;)
今現在通話はウィルコム使ってるし。

まさか最初は実家連絡や古い知り合い用に残していたウィルコム回線が生き残って、
ドコモの方が先にお払い箱になるかも知れない可能性が出て来るとは・・・
予想だにしてませんでしたわ。


携帯を取り巻く環境が、スマフォの登場でこれほど大きく変わるとは思いません
でしたよ。
昔は格安SIMなんてbモバイルくらいしか無かったですし、素人が手を出すには
少々ハードルが高かったですしね。

今は探せばわんさか格安SIMが出てくるし、店頭で説明を受けられるし。
こうなってくるとスマフォは別のSIMで運用して、電話は携帯に戻すという人が
増えているのも分かります。
携帯各社の面倒な解約内容や縛りや高いパケット代を見ると、格安SIMがあるなら
スマフォ&タブレットはそっちで運用して、携帯は電話に戻す方が確かに楽ですね。


という訳で、次のスマフォの新機種は何にしようかと検討していたら、価格面を
安くすると選択肢が一気に増えて嬉しいやら悩ましいやらです。
ドコモの携帯だけの運用が幾らぐらいまで抑えられるのか、今度じっくりと綿密に
調べてみよう。
格安維持が出来なければ、本当にドコモとおさらばになる可能性もあるしね。


・・・で、ドコモを携帯に戻したら戻したで、格安SIMじゃなくてウィルコムでスマフォを
選んだりして・・・(;´∀`)
by onikibi | 2014-03-27 13:51 | Comments(2)

祝!花物語放送決定



いやあ、発表されましたね!
アニメ化物語・セカンドシーズンの最後を飾る花物語の放送が、5月31日から5週連続で放送
される事が決まりました。

予告の時点で既に臥煙遠江さんの声が入るわ、扇くんも出てくるわ、沼地も出てくるわで
大盤振る舞いです。
因みに沼地の名前「ろうか」のろうの字が機種依存文字とかで、うちのノートでは表示出来
ねえよ!ヽ(`Д´#)ノ
さすが沼地さんだ、ビジュアルも予想と270度くらい違うぜ、かわいいじゃんよ!


それにしても5月31日から5週連続で放送とは・・・
てっきり猫物語・黒みたいに一挙2時間でスペシャル放送するのかと思ってましたが、5話の
時点でそれ以上のボリュームとか。
ここも予想外でした。

もしかたら完全にハブられてしまうのか?はたまた猫黒に比べて短い時間で端折られてしまう
のではないか?・・・等と不安ばかりがよぎってました。
また神原だけアニメの出番削られちゃうな~、不憫な子や~、と思ってましたがどうしてどうして、
神原の為だけに放送枠が取られてちゃんと放送されますよ、花物語。
こんなに喜ばしい事はありません。

忍イチオシの私ですが、神原は結構好きなんですよ。
同人誌でも過去にチョロっとしか出してませんけどね(;^ω^)
それでも本編小説においてはかなり好きなキャラですし、アニメのビジュアルも沢城みゆきさんの
当てる声も大好きです。

やっと神原がスポットライトを一身に浴びる時が来たのか・・・


ぶっちゃけ小説のセカンド・シーズンの中でも、花物語は1・2位を争うくらい好きな話です。
これだけは実写で映像化しても許す!というくらいいいお話でした。
逆にアニメ向きじゃないな~とも思っていた訳ですが(^_^;)
それでもこれだけキチンと尺を取って放送してくれるというのですから、アニメスタッフの
意気込みとその手腕に期待します。


ああ、もう今から楽しみでしょうがない。
by onikibi | 2014-03-26 01:43 | Comments(0)
ディスカバリーチャンネルで今一番楽しみにしている「名車再生クラッシックカーディーラーズ」
ですが、最近30分番組の二部構成になってしまって、以前のような統一感が無くなってしまい
残念に思っていました。
もしかして本国ではもう人気が無いのかなあと。

で、先日ローバーのミニを再生してる回で、ミニ生誕50週年を記念して再生するという企画を
放送していました。
見た時はミニの車体全体をカーラッピングするという面白い話でしが、そこでふと疑問が湧いて
来ました。
・・・ミニ生誕50周年って・・・以前に聞いた気がすると。

そこで気になって調べてみると、ミニ生誕50周年は2009年。
BMCがミニの販売を開始したのが1959年、つまり生誕50週年を祝うイベントに参加していたのも
同じ年ですから、今ディスカバリーチャンネルで放送されている当番組は、2009年に収録された
という事になります。
実に5年前。

という事は、これは随分と昔の放送回を流しているんですね。
以前新シーズンが始まる前の再放送ラッシュの時も、30分1話形式で2話続きの修理話は
やっていませんでした。

という事は、新たに昔のVTRを日本向に流しているという事になります。
これはもしかして、この番組が案外日本での受けが良いので、新シーズンまでの間の繋ぎに
未放送の初期分を持って来てくれているという事なのでしょうか?

それはそれで嬉しい事ではありますヽ(=´▽`=)ノ
再放送を何度放送しても見てしまう良番組なので、個人的に見飽きる事はないのですが、
古い回とはいえ未見のエピソードが見られるというのはありがたい。

てっきり不人気で30分にされたのか?と不安だったのですが、事の真相がこんな事から
明らかになるとは・・・

という訳で、30分二話構成はイマイチ見づらいですけど、番組自体の構成が変わってしまった
訳ではなさそうなので一安心。
また新エピソードが日本に来るまでは、以前の日本未放映分をバンバン流してくれると
ありがたいです。




とか言いつつ、ファスト・アンド・ラウドの新エピソードも楽しみだなあ(*´∀`)
by onikibi | 2014-03-25 02:07 | Comments(0)

最終回も面白かった

ウイッチクラフトワークスの最終回、面白かったですねえ(*´Д`)
最後まで勢いが衰ええる事なく突っ走ってくれました。

始まった時は魔女が闊歩する学園で、面白おかしい日常を繰り返すお話かと
思ってましたが、そんな事はなかったぜ!
なんの変哲も無い(事はない)日常を描くアニメもいいですが、やっぱりこう
ガンガンと話が進んでいく作品が無いと面白くありません。

面白おかしい話も織り交ぜて、ガッツリとお話も進んでエンドマークを迎えて
くれたので、私は大満足♪(^o^)丿
最後にエンデイングがあった事も良かったな~

原作がどこまで進んでるか知りませんが、続きもアニメ化して欲しいです。



さあ、来週からは蟲師・続章だ!
by onikibi | 2014-03-24 02:54 | Comments(0)

来週末はプロ野球が開幕

春のセンバツまっただ中ですが、来週末の28日にはプロ野球が開幕します。
セパ同時開催で、日本ハムは本拠地札幌ドームにオリックスを迎えての3連戦。
昨年屈辱の最下位に沈んだチームは、今年再び優勝争いに加われるのか、
今から楽しみです。


そして今日、東京ドームで行われた巨人とのオープン戦の中継で、久々に大谷の
ピッチングを見ました。
なんか3月8日に甲子園で藤浪と投げ合って以来の登板の割に、しっかりと制球
された速いボールを投げてましたね。

驚いたのがフォーク、よく落ちるなあ。
150km超えの速球で追い込まれてからのあのフォークは、そりゃ相手が巨人でも
手こずるわと思いました(;´∀`)


今年は先発ローテ優先とはいえ、オープン戦での前回の登板から中13日空いての
登板ということですから、約2週間ぶり。
その間は野手で出場して、結果を残していますから、今年も二刀流継続という事で
しょう。

投手の練習が削られ、打者で出る時はバッティング練習もして、当然投手としては
疲労も溜まり経験も少ない中で、これだけの投球が出来るのだから大したもの。
ですが、逆にこれだけのピッチングが出来るのならば、今年1年は投手専念でも
良かったのではないか?という気がします(^_^;)


解説の江川氏も言ってましたが、投手から野手へ転校して成功した人はプロでも
少なくないですが、野手から投手へ転校してプロで活躍した人というのは、確かに
記憶にありません。

興行的にも「二刀流」というのは確かに魅力ですが、今日のピッチングを見ると
一度投手に専念させてみてもいいんじゃない?と思いました。
まだ高卒2年目、期待したい選手ですし、期待をかけすぎてもどうかな?とも
思う年齢です。
とにかく怪我なく活躍して欲しい選手だなと、改めて思いました。


ま、それより何よりハムは今湿ってる打線が大丈夫かいな?と心配になりますが。
無得点のイニングが続いて連敗していた時に比べたらマシですけど、このままの
状態で開幕を迎えるとなると不安です。

打線は水物ですが、だからこそ出塁したら是が非でも得点にに繋げるという、
ねちっこい攻めをもっと見せて欲しいなあと思います。

頑張れ!北海道日本ハム大ターズヽ(´ー`)ノ
by onikibi | 2014-03-22 22:55 | Comments(0)

春分の日

イマイチ風邪が抜けないままの春分の日、私の調子が悪い間に琴欧洲が引退したり
クリミアを併合したロシアが調子にのってチョコレート工場を接収したり、F1に続いて
MotoGPが開幕したり、色々と世間は忙しいですね。


特に今年のMotoGPは、F1ほどでは無いにせよレギュレーションが変わってしまい、
ちょっと目を離してる間にファクトリークラスとオープンクラスに分かれてたり、その
新しいオープンクラスはワークスから貸与された去年のワークスエンジンが使えたり、
それなのにファクトリーと違ってエンジンの年間使用基数が倍以上あったり、レースで
使える燃料もワークスより4リッターも多い24リッターが使えたり、ワークスよりも
柔らかいタイヤが使えたりと、なんだか知らぬ間に随分優遇されたクラスになって
いた事に驚きです(^_^;)

そして今年からはF1のように共通ECUで、今や電子制御の塊と化したバイクを制御
することになって、オープンクラスはプログラムも統括団体の用意した公式ソフトしか
使えないようで。
この制御プログラムが唯一、ワークスであるファクトリークラスのメリットでしょうかね。
自分たちでプログラムソフトは自由に書き換える事が出来るようです。


それ以外はまあ、予算をガンガン使うであろうファクトリークラスを制限して、他の
オープンクラスで参加する選手との差を詰めて、レースをよりコンペティティブに
しようというのが、2014年のレギュレーションなのかなと理解しています。



この差もメーカーによって考え方が違うようで、あくまでワークスの強さを維持したい
ホンダは、エンジンを含めた車体のパッケージを市販レーサーとして供給しています。
これは懐かしい80年台のWGPを思い出させてくれますね。
分かりやすい。

で、ヤマハはワークスエンジンをそのまま貸与するという形になっているので、これが
今回のオープンクラスを一気に強くしている感があります。
まあヤマハらしいっちゃあらしいですが、今年に限ってはヤマハのオープンクラスが
台風の目になるかも知れません。

実際に開幕戦カタールGPのフリー走行では、オープンクラスが上位を独占してる
模様。
まだ初日ですから、明日にはワークスのファクトリークラスが盛り返して来るので
しょうけど、それでもレースになると再び燃料とエンジンの使用基数でオープンの
バイクが有利になる可能性があります。

ま、こちらもレースをしてみないと分かりませんが、WGPが4sのtMotoGPになって
からは、ワークス以外のバイクやライダーが上位を争うというのが少なくなりました。
まあ勝てるワークスがヤマハとホンダだけになってからは、そのワークスライダーが
リタイアしたりトラブルで遅れたりすれば、、サテライトチームが上位に顔を出すという
のはありましたが・・・


それにしてもMotoGPも思いがけない大変革だったようで、それがどういう結果を
導くのか、開幕戦のカタールGPには注目してみたいと思います。
by onikibi | 2014-03-21 22:51 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi