ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

冬コミ当落

今日、冬コミの当落発表がありました。
ありがたい事に鬼きび党は受かってました。

場所は 火曜日 東 O-57a

新刊がんばろう、おー!!



・・・申し込みの時に書いた適当なタイトルは『ロリ奴隷と王子様』

なんだこれ?(;一_一)
毎回申込時の新刊タイトルは適当なので、後で目にすると頭を抱えます。
昔は送られて来た確認ハガキに書いてあっただけなんだけど、今はwebカタログに
堂々と載っていて他の人が閲覧出来るんだよなあ・・・

もうちょっと考えて予定タイトルは書いておかないとね(;´∀`)
by onikibi | 2014-10-31 19:12 | Comments(5)
マツダの新型デミオが9月11日から予約販売が開始されましたが、一ヶ月半で約2万台近くの
受注があったそうです。
予定していた月額販売目標の約2.5倍という事だそうですが、まあ新車の発売直後というのは
概ね受注が多いものです。

人気車種の新型ですし、売れている事に驚きは全くありませんが、驚くべきはディーゼルの受注が
全体の約63%もあることです。

スゴイ!!Σ( ̄□ ̄;)

まさか乗用車向け小型ディーゼルにこれほどの需要が国内にあろうとは・・・
日本人にもディーゼル乗用車大好き人間が多数いると分かって、個人的には大変嬉しいですヽ(=´▽`=)ノ

確かに新しいクリーン・ディーゼルは環境にも優しく、燃費も良く、加えて税制上日本での軽油は
ガソリンよりも安い価格で販売されています。
しかしデミオのディーゼルは決して安くありませんし、静かになったとはいえディーゼル特有の
振動と騒音はありますし、試乗記事を読んでも重いディーゼルエンジンをコンパクトな車体の
鼻先に搭載しているため、ガソリンモデルの軽快さと比べたら重いというレポートも上がって
います。


なのにディーゼルがこんなに売れてる!?マジで!?
すすす、素晴らしい!!\(^o^)/
ディーゼル大好き人間としては嬉しくて思わず小踊りしたくなりますね。

そうかー、売れてるかデミオのディーゼル(*´∀`)
私も一度乗ってみたいですねえ。
実家の弟が買い替えてくれたら、戻った時に乗れるから嬉しいのですが(;^ω^)


ま、何にせよこれで他の国産各社が追従してディーゼル乗用車を出してくれたら、私個人は
もっと嬉しいのですが。
どうスか?特にスズキさん。
by onikibi | 2014-10-31 00:04 | Comments(0)

ユニークなカメラ

カシオが面白いデジカメを作ってたんですね、最近知りました。

CASIO EXILIM EX-FR10

カメラレンズとモニターを分離して使えるカメラです。
レンズが付いたカメラ部分と本体はburu-tlu-suで繋がっていて、カメラ部分は
アクションカムのように好きなところに付けて使えます。

本体自分より高い所に取り付けて、手元のモニターを見ながらシャッターを切る
という使い方も出来るそうで、なんだか究極のトイカメラといった感じ。

様々なアタッチメントで体に付けたり自転車に付けたりして、自由な撮影が可能。
しかも防水・防塵・耐衝撃構造となっていて、完全にアウトドア向けの撮影用途に
作られています。

サブのカメラとしてこれを持っていれば、外に出て色んな場面での手軽な撮影が
楽しめそうですね。
さすがCASIO、面白い製品を作りますねえヽ(=´▽`=)ノ
ちょっと欲しくなる魅力があります、あくまでホビーだけど。


・・・ただ、おもちゃとして使うにはちょっと高いかも(;^ω^)
うん、安いクションカムでもいいかな・・・
でも欲しくなる魅力があるカメラです、EXILIM EX-FR10
by onikibi | 2014-10-30 01:12 | Comments(0)
メジャーにも行った元巨人のドラフト1位の木田投手が、日本ハムのフロント入りするという
ニュースがありました。

意外というか、まさか日ハムのフロント入りとは・・・

まだ正式決定の発表はありませんが、木田投手本人がオファーを認めて前向きに検討
しているそうで、またまた日ハムの意外な人事といいますか、確かに日ハムでも苦しい
投手事情の折に、木田投手に大変お世話になったのも良い思い出です。

縁あってチームに来た選手が、引退後にチームに請われてフロント入りするのですから、
日ハム時代は球団とも良い関係を築いていたのでしょう。


ハムファンなら本来は田中幸雄が二軍監督になった事をいの一番に話題にすべきなの
でしょうが、個人的には木田投手のフロント入りの方が驚いたわ(;^ω^)



あと日本シリーズは阪神もっと頑張れ。
by onikibi | 2014-10-29 01:31 | Comments(0)

・・・自転車?

なんか面白い自転車?が発表されてました。
「バックも出来る四人乗り自転車」

・・・お値段54万円ナリ・・・
まあ自分でペダルを漕ぐ以上自転車なんだろうけど(;^ω^)

それにしてもペダルを漕ぐのは前の座席じゃなくて、左の後ろ座席に座って漕ぐと
いうのも面白いですね。
最大貨物速度が16kmとなってますが、車体だけでも重そうなのに最大4人を乗せて
一人で漕ぐ訳ですから、そりゃ相当にギヤ比は低かろうと思われます。
ていうか変速あるのかな?

何にせよ面白い自転車で有ることは間違いありません。
一度走ってるところを見てみたいものです。
可能ならば乗ってみたいですね(´∀`)

ユニークな自転車はいっぱいありますが、色々と新しい製品が出るものですねえ。




あ、関係ないけどF1のマルシアも倒産したなー。
米国GPの予選シークエンスどーすんだろ・・・
by onikibi | 2014-10-28 00:37 | Comments(0)

柿と林檎

最近は時期的に柿や林檎が安く出回るので、スーパーで買って来てよく食べて
ます。
柿も林檎も糖度が高いので、あまり食べ過ぎるのもどうかと思いますが、ほら
「一日一個の林檎は医者を遠ざける」とも言いますし、病院の血液検査の結果も
非常に良好だったし・・・(;´∀`)

どうでもいいけど、この「一日一個の林檎は医者を遠ざける」と言う言葉は、なんか
海外から入って来たものみたい。
真偽の程は分かりませんが、ポテチとか食うよりは旬の果物の方が体に良いでしょう。

ま、何事も程々が一番ですけど(;^ω^)
秋はみかんも栗もさつま芋も美味しいですからねえ、さすが食欲の秋。
by onikibi | 2014-10-27 03:10 | Comments(0)
始まりましたねー日本シリーズ。
阪神は打つべき人が打ち守るべき人が守り、見事な勝利でした。
しかし阪神が日本シリーズで初戦に勝ったのは1985年以来とは・・・(;´∀`)

何にせよ日本シリーズはこの後どんな展開になるのか、初戦を阪神が取った
事で、俄然ん面白くなって来ました。
明日はどんな展開になるのでしょう?




それから、昨日も書いたF1のケータハム・チームの事ですが、あれから更に
驚きの展開が待っていました。
管財人はチームを存続させる為にチームの買い手を探すべく行動し、その為に
残り3戦の日程の内、次のアメリカGPと次々戦のブラジルGPの2戦を欠場する
と発表しました。

そしてそれはF1の商業権の最高責任者、バーニー・エクレストンも承認。
本来ならペナルティとして罰金の支払いが課せられるのですが、チームの存続を
最優先させる為にノーペナルティーでの欠場を認めた訳です。


異例の展開と言ってもいいでしょう。
チームの危機が報じられる前にメディアが報じた、バーニーはケーターハムに
対して「F1から出て行け」と言ったという報道も公式に否定。

ま、そうですね。
常識的に考えてケータハム・スポーツ・リミテッドの破産以前から、存続の為に色々と
水面下で動いていなければ、今回の特例的な決定もなされなかった事でしょう。

バーニーも管財人に対して、最終戦のアブダビにはケータハムにトラックに戻って
来て欲しい旨を伝えています。
果たしてホワイトナイトが現れるかどうかは不明ですが、バーニーが表立ってチーム
存続の為に手を貸しているという事が、恐らく管財人が保証するよりもよほど信頼の
暑いワランティーとなる事でしょう。


ま、それでチームを買い取る企業や人物がホイホイと現れるかと問われれば、
やっぱり難しいと言わざるを得ませんけど・・・

事態は更に余談を許さぬ展開になって来たなあ。
これはもう完全に予想の範疇を超えてしまいました。
可夢偉も今シーズン云々よりも来年の就活に全力を注ぐべきかも知れません。
by onikibi | 2014-10-25 22:33 | Comments(0)

急転直下!

チームが空中分解の憂き目に遭うのが確定的だったケータハムですが、結局チームの
買い取りを主張していたコンソーシアムが手を引いて、株式を譲渡していなかった
元のチームオーナーである、エアアジアのトニー・フェルナンデス氏が、先日破産した
ファクトリーを管理下に治めた管財人に対して、チームの運営権を譲渡する事で決着
しました。

これにより管財人であるSmith and Williamson(スミス・アンド・ウィリアムソン)は
直ちに次戦アメリカGPにチームを出走させるべく準備に入ったと発表しました。


これはチームが残り3戦を欠場した場合に課される違約金を回避し、シーズン終了後に
F1の商業権を持つFOMから支払われるチームへの分配金を受け取って、チームの
資産整理に当てた方が懸命だと判断されたものと思います。

もちろん影でバーニー・エクレストンが色々と手を回したであろう事は、容易に想像が
つきます。


これで来週のアメリカGPに向けて無事に機材とマシンが搬送されたら、ケータハムは
なんとか出走出来る運びとなると思われます。
当然これだけのドタバタ劇の直後ですから、恐らく可夢偉も出走出来ると思います。

・・・なるよね?(;^ω^)


何にせよ今回は何とか収集した、ケータハムの空中分解騒動ですが、今後管財人が
投げ出す事無く、シーズン終了までレースが出来れば良いのですが。

まあまずはアメリカGPで可夢偉が無事に走れるのかどうか?そもそもチームが
ちゃんとアメリカGPに来るのか?
暫くは余談を許さないと思いますが、今後の経緯を注視したいと思います。
by onikibi | 2014-10-24 22:22 | Comments(2)

ケータハム大ピンチ

昨日ブログに書いたF1のケータハムですが、なんだかもう空中分解カウントダウン
という様相を呈して来ました( ̄△ ̄;)

チームの株式を買い取った新オーナーの投資家グループは、今回姓名を発表して
株式の譲渡が未だに行われていない、と発表しました。
つまるところ、参戦できなくなればチームはFIAに対して違約金を支払う義務が生じ
ます。
その違約金支払いが現実味を帯びて来た段階になって、新オーナーは突然
「我々はケータハムのオーナーではない」
と言い出した訳です(;^ω^)


これはもう完全にダメかも知れませんね。
ファクトリーを持たず、参戦権を持ったチームだけを買い取った投資家グループ。
そしてマシンの知的所有権を持ったケータハム・スポーツ・リミテッドは破産。
ここへ来て新オーナーは、我々はチームを所有していないとトンズラ宣言。

噂ではチーム資金の要であったエリクソンは、その資金とスポンサーを持って
ビアンキのシートが空いたマルシャに移るかも知れない、という噂まで。


結果的にエリクソンがチームに愛想を尽かしたのが本当なら、これが決定的な
チームのトドメを刺す一突になったのかも知れませんね。

となると、チームへの資金持ち込みをチラつかせて、スーパーライセンス取得の為の
走行距離を稼いだメルヒのマネージャーは、相当な手腕と言わざるを得ません。
やるなあ。
これくらいやり手の人に可夢偉のマネジメントをして貰いたいものです(;´∀`)


ともかく、格安航空会社で大成功を治めたトニー・フェルナンデスのF1の夢は、
最後に泥沼の様相を呈して潰えそうです。
事業は始める時よりも終わらせる時の方が難しいとは言いますが、正に今回は
そんな感じです。

今の現状を見ると破産後にもどうなるのかは全く分かりませんねえ・・・
可夢偉の来季はどうなるのか。
by onikibi | 2014-10-23 20:22 | Comments(0)
いやあ、しとしと降り続く雨で日中の気温が全然上がりません。
昨日・・・というか今朝方に寝る時の方がまだ暖かったような気さえします。
今年は珍しくあきの訪れを感じさせる東京の10月でしたが、もしかして冬も早く
訪れるのでしょうか?


そしてF1では小林可夢偉が所属するケータハムが、次戦アメリカGPへの参戦が
危ぶまれていると報じられています。
話の発端はファクトリーが破産して差し押さえられたから、だそうです。

これはF1の参戦権を持つケータハムF1チームと、そのチームにマシンを開発して
提供するファクトリーが別法人として登録してある事から起きた問題です。
トニー・フェルナンデスからコリン・コレスがアドバイザーを務める投資家グループが
買い取ったのは、このF1参戦権を持つ1マレーシア・レーシング・チーム。
ここがケータハムF1チームを運営してF1に参戦しています。

しかしチームと同じ敷地にありながら、F1マシンを開発してチームに渡しているのは
ケータハム・スポーツ・リミテッドという別会社。
実際にはこの2つは登録法人名こそ別々ですが、慈済は同じ敷地の中に存在する
チームとファクトリー施設に他なりません。


それが、今回コレス側に売り渡されたのはチームだけ。
別法人のファクトリーについてはコレス側は買ってはいませんでした。
そして先に破産して管財人の管理下に入ったのがこのファクトリーの方という訳です。

マシンの開発機材やスペアパーツを含めて、マシンそのものもファクトリーの資産です。
これが差し押さえれてしまった為に、ケータハムのチームはアメリカGPに参戦出来なく
なるかも知れない・・・というのが今回の騒動です。

いやはや、面倒な事になってますね(;一_一)


まあ結果がどうなるか分かりませんが、ファクトリーすら買って無かったコレスの
新しいケータハムは、遅かれ早かれF1から消える事になるような気配です。
そりゃファクトリーも無くて参戦権しか無いのなら、2012を最後に撤退したHRTと
同じ運命を辿るような気がします。

コレスを使ってる謎の投資家グループとやらが、管財人からファクトリーを買い戻す
金を出すなら話は別ですが。
それ以前にそんな金を使う気があるのなら、先にファクトリーも買ってますよね。

さて、この問題はどうなるのか。
ある程度の保証金を払ってマシンを管財人から借りだして、取り敢えずアメリカGPに
参戦するのか否か、数日中に答は出そうです。
by onikibi | 2014-10-22 22:19 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi