ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

年末の当落

コミケの当落通知が届く時期になりました。
相変わらず申し込みはしても、その後に当落通知のメール設定をしていない為に、
今年もWebでの当落検索をする羽目になりました。
恒例行事ですね!ヽ(・∀・)ノ


・・・いやホラ、ネットで手軽に申し込みが出来るようになったとはいえ、手書きの
頃から変わらずコミケの申し込みはエネルギーを使うのですよ。
なので申し込みが終わった時点で力尽きて、再び当落通知のメール設定に行く気力が
無い訳です。
まー、申し込み終わった後は大抵忙しいですしね(;´∀`)


という訳で今回も無事に当選させて頂きました。

12月31日(木) 東地区
N-27b 鬼きび党


・・・今回なんでこんな所に配置されているのか、訳がわからないよ!( ゚д゚ )
西尾維新サークルが集まる場所からハブられた!?
助けて忍!!


ま、受かっただけでもめっけもんなので、贅沢は申しません。
頑張って新刊を作ります。

傷物語も公開されるしね!
アニメの終物語を見てたら老倉も描きたくなるけどね!
小説最新刊・愚物語での、老倉育の自己紹介シミュレーションは最高でした(*´ヮ`)
彼女の目の前で「メレンゲちゃん」って言ってやりたいぜ~♪(´ε` )


・・・前歯が折れるほど殴られそうだけどな・・・



何はともあれコミケに向けて頑張りたいと思います。
by onikibi | 2015-10-31 00:05 | Comments(0)

YAMAHAのMOTOBOT

ここ十数年の人型ロボット開発の戦歩は目覚ましいものがあります。
そして近年は自動車の自動運転システムの開発も、熾烈を極めて実用化にひた走っていて、
むしろ法整備や社会倫理の方が追いつかないほど。

そして遂に、YAMAHAがこの2つを融合した、オートバイを自動で運転するロボットを開発
したそうです!



・・・うーん、バイクを運転することしか出来ないロボット・・・
さすがYAMAHA、世間の斜め上を突っ走ってます(;´∀`)

ムービーを見てるとなんだか映画の「Chappie」を思い出しました。

しかしこういう、もしかしたら何の役にも立たないんじゃないの?っていう、実用とムダの
ギリギリの線を狙った開発とか努力とか、そういうの大好きです!ヽ(*´ヮ`)ノ
※もちろんこの技術が素晴らしいもので様々な分野に活用出来ると分かってます※


バイクを運転する為だけに作られたこのロボット、MOTOBOT。
バイクに乗せないと何の役にも立たないこのロボットに、ものすごい人間臭い親愛の情を
感じずにはいられません。

もちろん技術的にもスゴイ事ですし、その上トップライダーであるバレンティーノ・ロッシの
ライディングをロボットにやらせようという、途方も無い最終目標にも驚かされます。

凄い技術であり凄い事なのですが、自動運転する自立走行バイクの開発でも、二足歩行をして
人間のように動いて、なおかつバイクも乗れる、という人型ロボットの開発でもない・・・

「速くスムーズかつ美しくバイクを運転する」だけ!のロボットを開発する。
なんていうかこう、すごい退廃的なロマンとでもいいますか・・・
上手く言えませんけど、人間の希望や欲望やエゴを一身に受け、懸命にバイクを運転する
このMOTOBOTの姿に、私はちょっと心を動かされました(;´∀`)


いやいや、非常に面白いチャレンジだと思います。
MOTOBOTがこの先どうなって行くのか?行く末を見守りたいと思います。
by onikibi | 2015-10-30 00:03 | Comments(0)
永らく日本のトップフォーミュラ(SF)のタイヤは、規定でワンメイクに固定され
ずっとブリヂストンが供給してきました。
しかし来年からは、ADVANブランドの横浜ゴムがワンメイクタイヤとして選定
され、およそ20年ぶりにヨコハマタイヤが国内トップフォーミュラで走る事に
決まりました。

ヨコハマ、Sフォーミュラへのタイヤ供給を発表


今週末の一般公開を前に始まった、東京モーターショーのプレスデーにて
発表があったそうです。

昔の全日本F2やF3000の頃は、ブリヂストンにダンロップ、そしてヨコハマの
ADVANがしのぎを削る、激しいタイヤ戦争を繰り広げていました。
懐かしいですね。
今やその対決の舞台はスーパーGTに移っていますが・・・(;´∀`)


それでも来季のスーパーフォーミュラで、ADVANのタイヤブランドが復活するのは
非常に嬉しいです。
ずっとブリヂストンタイヤを使い続けて来たSFだけに、ヨコハマに代わる事で
タイヤとの相性や使い方が変わって来る可能性があります。
全チームが同じタイヤを使うので、大きな順位変動は無いと見る向きもありますが、
逆に予想もしなかったドライバーやチームが、上位に顔を出す可能性もあります。


個人的には今日発表された、赤と黒のADVANカラーに塗られたSF14を見るだけ
でも、テンションが上って来ます。
今季の最終戦とチャンピオン争いを残しているSFですが、今から来年が楽しみで
なりません。
いやはや、心躍るニュースでした(;´∀`)
by onikibi | 2015-10-29 18:06 | Comments(0)

水素燃料電池車

ホンダがトヨタに続いて、水素燃料電池車を発売することになりました。
クラリティ フューエル セルと名付けられたこのモデルは、トヨタとは対照的に
低くスタイリッシュな、いかにもホンダらしいデザインに仕上がってます。

これで日本は世界に先駆けて、水素燃料を用いた未来の車を複数送り出す
ことになりました。
クラリティ フューエル セルも早く町中を走る姿を見てみたいものです。


という訳で、実は先日初めて町中を走る数磯燃料電池車・MIRAIを見ました。
ちょうど交差点を抜けて加速していくところだったので、エンジン音とは違う
ブォーンという、独特のタービン音を響かせて走り去りました。

その姿と音は、ハイブリッドや電動自動車とは全く違い、まるで内燃機関を
搭載している車に近い吹き上がり音を轟かせていて、ちょっと驚きました。

水素を水と電気に分解し、その電気でモーターを回す燃料電池システムで
走る以上は、中身は電気自動車と同じハズなのですが、その為に空気を
システムに送り込む為のファンが回り、その音がまるでエンジンを吹かす
かのような唸りを上げているそうです。

なるほど、まるで内燃機関やターボのような加速とともに唸りを上げる
あの独特の音は、空気をセルに送るファンの音だったんですね。
でもガソリンエンジンを積むハイブリッドよりも、フューエルセルを積んだ
車の方がエンジン音っぽいというのは面白かったです。


これなら街中を走っていても、気づかない人は普通の車と思うかも知れません。
まだまだインフラ整備の問題もあって、一般向けとは程遠い未来の車では
ありますが、ホンダのクラリティ フューエル セルの発売で、徐々に台数も
増えていくことでしょう。
自動車は電気にハイブリッドに燃料電池と、様々な選択肢が増えて来て、
着実に未来に向かってる気がします。

内燃機関大好きな私ですが、新しい未来の技術はやっぱりワクワクしますね。
by onikibi | 2015-10-28 22:42 | Comments(0)

水洗い出来る革製品

テレビで紹介していた墨田のピッグスキン(豚革)トートバッグ。
なんと革製品なのに水洗い出来るんですってよ、奥様!

そんなビックリ製品と日本の技術に驚く以前に、豚革のピッグスキンというものが
皮革製品のブランドとして定着していたのすら知りませんでした(;´Д`)

いやホラ、革製品なんて全然縁の無いものだし・・・


で、ピッグスキンについて調べてみたら、日本で唯一自給自足可能な革製品なんだそうで、
生産数の約8割が東京墨田区で作られてるとか。
元々コストパフォーマンスが良く手軽な革製品材料として普及したのですが、今では日本の
ピッグスキンが高品質の為、海外への輸出量が年々増加している影響で、国内需要に対しても
品薄になってるそうです。


うーむ、こんな所にも日本が世界に誇るMADE IN JAPANがあったとは。


手入れをすれば長く使えるとはよく聞きますが、基本的にお値段が高いのでこれまでは
手を出す気も買う気も無かった革製品。
ですが、こういう話題をテレビで見てネットで調べてみれば、長く使えるものであれば
一つくらい革製品の小物やバッグを持っていてもいいかなあ、という気になって来ます。


調べてみれば、比較的手頃なお値段の革財布とかもあるんだなあ。
とはいえ、私の財布の使い方は基本的にケツポケットに無造作に突っ込んで使うので、
恐らく革製品と言えどスゴイ勢いで形は崩れて痛むような気がします(;´∀`)
そのまま自転車にも乗るしねー。

アレだ、革製品を使うなら、まずは自分の生活スタイルから変えないと、革製品とは
永遠に縁の無い平行線な気がします。


とまあ革に縁の無い私ですが、墨田の革職人の人たちには敬意を表したいです。
今後も素晴らしい革製品を作り続けて下さい。
縁があれば、私も何か一つ墨田の革製品を手にしたいですね。
by onikibi | 2015-10-27 20:38 | Comments(0)

寒くなりました

木枯らし1号が吹き荒れて、東京は一気に寒くなりました(^_^;)
昨夜ちょっと食材の買い足しに、シャツに上着を着ない格好で出て行ったのですが、
あまりの寒さに縮み上がりました。

いやいや、さすがに夜はもうちゃんとした上着を羽織らないと出歩けないですね。
当然夜の街を歩く人達は、ちっきりと厚手の上着を着ていました(;´∀`)

私のように、気楽に近所に買い物・・・という薄着の風体の人は、さすがに数人しか
いませんでした。
しかも私と同じように、寒さから逃れるようにみんな小走り(;^ω^)
だって予想外に寒いんですもん。
そこまで寒いなら、出た瞬間に上着を取りに戻れば良かったんですけどね。
何も寒いまま行くこたぁありません。

そして今朝も寒かったです。
来週はもう11月、油断してなくても風邪にきを付けないといけない季節になって
来たということですね。


そして寒くなると登場するのが手袋ですが、スマホの登場以来、手袋のままでも
スマホを操作出来る商品が、今や当たり前のようにお店に並んでます。
そんな中で登場したちょっと面白い商品がこちら(;´∀`)


遊び心溢れる商品ですね。
スマホを操作する人差し指の動きから発想したのでしょうか?
その人差し指を猫の尻尾になぞらえたというのは、とても面白いです。

ただ、普通に立ってスマホを弄ってると、操作してる側の手の逆向きも逆に
なってしまうのが残念ではありますが(;^ω^)

それでもこういう遊び心に溢れたアイデアは大好きです。
これをヒントにして、次々と色々な柄の商品を各社が出してくれれば、電車の中で
乗客の多くが一斉にスマホを弄る光景が、少しは和む光景に変わるかも?


とまあ、こんな事を書いてる私自身は、スマホを操作出来る手袋を持ってないん
ですけどね(;´∀`)
by onikibi | 2015-10-26 19:39 | Comments(0)

木枯らし1号

昨夜は風が強かったです。
轟々と風音がうなり、家が風に煽られて揺れを感じたほど。
道路では近所で工事の為に置かられた、比較的大きくて重い三角コーンが
風でなぎ倒されてましたね(^_^;)

てっきrきメキシコ湾を襲う、世界最大級のハリケーン・パトリシアが日本に
影響与えてるのか?と思うほど(無い無い)

ニュースを見てみたら、東京では木枯らし1号が観測されたと報道されてました。
・・・木枯らしだったのね。


そして史上最大級のハリケーン・パトリシアは、テキサス州オースチンで開催中の
F1アメリカGPにも影響を与えました。
ハリケーンから流れ込む雨雲の影響で、大雨が降り予選が中止されるという
予想外の展開に。

日曜日の朝に予選を行って、午後に決勝というワンデイ・レースになりました(;´∀`)

そういえば11年前の2004年F1鈴鹿GPでも、台風の影響で土曜の予選が
中止されて、ワンデイ・レースになりましたね。
そういえばあれも季節外れの台風でした。

今回のオースチンは、日曜の朝にも雨が残る予報なので、もし麻の予選が
キャンセルされたら、フリー走行3回目の結果でスタート順が決まるそうです。

はてさて、オースチンのレースは一体どうなるでしょうね?
日本とは15時間の時差がある為に、決勝のスタートは月曜日の麻4時です。
結果が気になるところですが、まー当然寝てるよね(;^ω^)



そして土曜日に開催されたフォーミュラE セカンドシーズンの開幕戦は、ルノーの
セバスチャン・ブエミが優勝しました。
今年からモーターユニットに関しては自由化されたフォーミュラE。
開幕前のテストでは新しい独自ユニットを搭載したチームにトラブルが多発した為、
去年のスタンダードユニットをそのまま搭載したチームが決勝は有利か?とも
思われていたのですが、結果はブエミの独走。

もちろんブエミ以下の順位争いは、これぞフォーミュラEという激しい接近戦で
面白かったですけど、今年は高効率のモーターユニットを使えるチームと、
そうでないチームで結構な差がつきそうな予感(;´∀`)

出来るならばF1みたいにならないで、去年のような激しい接戦が繰り広げられる
レースであって欲しいと願いますが、果たしてどうなるでしょう?
もちろん、今後の展開を見守る必要がありますけど。
去年もバードが一人独走して勝ったレースもありましたけど、概ね接戦に終始
しましたからね。

次戦マレーシアに期待しましょう。
ブエミの独走ではありましたけど、レース自体はやっぱり面白かったしね!
by onikibi | 2015-10-25 11:53 | Comments(0)

You Tubeで話題になっていた3DCGアニメ「RWBY」
私も以前見たことがありましたが、それが全編日本語化されブルーレイで発売
されることが決まったそうです。

アメリカの映像スタジオで制作された作品で、私も海外のクリエイターが作った
日本に負けない美少女バトルCGアニメと聞いて、その時にYou Tubeにあった
作品を見て知りました。

更にブルーレイ&DVD発売に先駆けて、劇場でも上映が決まったそうです。
最近は国内でもメディア・コンテンツを売る為に劇場上映を行う作品が出て
来ていますが、この「RWBY」でも劇場上映をするとは思いませんでした。

せっかくならスクリーンで見てみたいものです。
そして都内では、シネ・リーブル池袋と新宿ピカデリーで上映するそうで、
すでに前売り券も発売中。
行けるかどうかは別として、出来ることならば劇場で見たいですね(;´∀`)
スクリーンの大きさとキャパではピカデリーですが、個人的にはシネ・リーブルも
捨てがたい・・・

ま、実際に行けるようになってから悩みましょうか(;^ω^)



おっと、今日の夕方はフォーミュラE2015~2016シーズンの開幕戦だ!
忘れないように見なききゃ(・∀・)
by onikibi | 2015-10-24 16:13 | Comments(0)
相変わらず酷い(褒め言葉)番組です、「世界入りにくい居酒屋」(^_^;)
今回はフランスのマルセイユ・・・の中心地から、バスで50分も行ったところの
ちょっと寂れた漁師町にある居酒屋。
ここも一応マルセイユなんですって。

当然行った事が無い私は、おフランスの紹介で出てくる歴史的観光地としての
マルセイユしか知りませんでしたが、元はこういう漁師町だったのかしら(;´∀`)


今回の居酒屋は「海の家」という、地元の漁師が集まるお店。
なんでも150年くらい前からあって、代々オーナーが変わっても守り続けてるお店
なんだとか。
なんかフランスってこういうお店が結構あるよね。
前もこの番組で紹介してたフランスのお店も、オーナーが代わって引き継いでたし。


それにしても漁師のガラが悪いのはアレだ、万国共通なんですね(;´∀`)
海の男にナヨナヨした奴ぁいねーよ!的な。
しかも漁師の集まるお店だから、明け方の漁から帰って来て朝から飲んでる。
そりゃそうですわな。

でもリタイアした元漁師のお爺さんたちも朝から集まってますが、彼らはシラフで
騒いでるのね。
現役時代からのテンションなんだろーな。
なんか酒も入らないでハイテンションなおっさんたちを見ると、親近感が湧いて
来るのは何故なのでしょう(;^ω^)

そしてこの番組もいつも通りです。
相変わらず只の酔っぱらいを映してるだけ(これも褒め言葉!)なのですが、
それが良いのですよこの番組。
今回は酔ってないのにハイテンションだけど!


そんな雑な番組なのに、マルセイユの名産品が八角であるとか、フランス国家は
元々はマルセイユの義勇兵が口ずさんでいた歌だったとか、世界史に疎い私には
結構なうんちくが盛り込まれていて悔しいです(;´Д`)
勉強になるけれど。


今回もよくまあこんな店を見つけてきたよね、という相変わらず感心します。
しかもわざわざフランスのマルセイユまで行って。
番組も楽しいけど、これ作ってるスタッフも楽しいだろーな。
ロケに行ってるスタッフが楽しいかどうかは分からないけど・・・(;´∀`)


今一番楽しみな番組です「世界入りにくい居酒屋」
酔っぱらいのテンションは万国共通ですね。
by onikibi | 2015-10-23 13:26 | Comments(0)

2015年10月21日

今日は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2」で、主人公のマーティーが
タイムマシンに改造されたデロリアンにのって、初めてやって来た未来の日。

このバック・トゥ・ザ・フューチャー関連の話題やイベントでもちきりな本日ですが、
その中でユニバーサルの日本子会社が、リサイクル環境会社と合同で開いた
イベントで、不要品から作られたバイオエタノールを燃料にしてで動くように改造
されたデロリアンを、実際に走らせたそうです。。


で、このイベントのゲストが、先日50歳でプロ野球を引退した山本昌選手。
元選手の山崎武司さんと共に招かれたので、中日繋がりで呼ばれたのかと
思っていたら、そうではありませんでした。

山本昌選手がプロ野球選手になったのが1985年。
そして引退した今年が2015年。
つまりバック・トゥ・ザ・フューチャーの映画が公開された年から、作中で訪れた
未来世界である2015年までの30年間、プロ野球選手として活躍して来た事が
見事に映画のタイムスタンプと一致したという理由で選ばれたそうです。


そう聞くとスゴイな山本昌(;´∀`)
タイムマシンに乗った年にプロ野球選手で、タイムマシンで訪れた30年後の
未来でもプロ野球選手だったなんて・・・空想と時空を超えた選手だな(;^ω^)
映画の舞台が日本でなくて良かったな~!

という、ちょっとおもしろい話題のニュースがあって、読んでほっこりしました。



そうかー、遂にバック・トゥ・ザ・フューチャーで描いた世界にも追い付いたか。
久々にバック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジーでも見てみるかな。
もう何十回見たか知れない映画だけど(^_^;)
by onikibi | 2015-10-21 19:46 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi