ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

木曜日はお花見に

c0058052_22470716.jpg
今年もスタジオの面々と恒例のお花見に行って来ました。
仕事のスケジュールもあり、今週中しか行けるチャンスが無かったので、桜の開花具合は
まだまだですが、晴れてくれた木曜日に決行。

最悪は色付いた蕾を愛でてのお花見と思いつつ、いつもの光が丘公園へ行ってみたら
思いの外花が開いていて一安心。
これなら十分お花見になります(;^ω^)




c0058052_22473322.jpg
c0058052_22474055.jpg
ていうか、春休みとは言え平日なのに結構な人手で賑わっていました。
終末のお天気が宜しく無い事はみんな存じてるようで、晴れ間を見て出かけて来た人も
多かったのでは無いでしょうか?




c0058052_22480248.jpg
もちろん咲いてない木はまだまだご覧の通り。
最初はほとんどがこんな状態かなと心配していましたから、咲いてる木が結構あった事は
幸運でした。




c0058052_22481642.jpg
お弁当はデパ地下のお惣菜を盛り付けたり買って来た物を持ち寄って、いつものオッサンの宴会です。
いやいや十分です、良いお天気と桜とお酒と料理があれば幸せ(*´ω`*)
真っ昼間の晴れた空の下で、桜を見ながらワイワイと仲間と共に飲み食い出来るのは
実に有意義で素晴らしいひとときだと思います。
お花見バンザイヽ(*´ヮ`)ノ




c0058052_22490869.jpg
c0058052_22491732.jpg
先週桜の開花宣言があった後からずっとお天気が悪かったので、この晴れ渡った青空と
暖かさに釣られてか、時間が経つに連れ明らかに来た時より多くの桜が咲きました。
そりゃあ桜も晴れたら嬉しくなりますよね。
何だかんだで良いお花見になりました。
いや~、桜ってなんど見ても良い物ですねえ(*´ω`*)




c0058052_22493757.jpg
最後は空に飛行機雲。
みなさんも桜を楽しんで下さいね。

by onikibi | 2017-03-31 22:50 | Comments(0)
c0058052_01025419.jpg

映画を見て高畑充希さんが歌う「Day Dream Believer」が気に入って、ひるね姫のサントラを
昨夜ポチりました。
昨夜と言っても実は明け方にポチったのに、今日届いたなんて…びっくりです(;´∀`)

早速パソコンとスマホに流し込んで、エンドレスで聴きまくってます。
BGMもキレイな曲が多いので、聞いていても耳障りな感じがありません。
なかなか作業向きの音楽かも知れない。



c0058052_01031863.jpg

そして今日本屋さんを覗いて見たら、ひるね姫のガイドブックも売っていたので思わず購入。
これで私の落書きも少しは似るようになるかも?
・・・無理かなー・・・(;^ω^)

そう言えば映画を見ていて気付いた事が他にも幾つかありました。
映画で知った知識と言いますか、サイドカーって普通免許で運転出来るんですね。
トライクと同じ扱いになるのかな?
という事は、私もでもサイドカー登録の車両は運転出来るのか~。
一度運転してみたいですね、サイドカー(*´ω`*)


それから、最後に出てくる新型のエンジンヘッドですが、ドライブシャフトで手足を
駆動させていたのは初見でも分かったんですけど、何度か見てると腕を繋げてる部分に
ウイッシュボーンが使われていて、前後に付けてあるんですね。
さながらダブル・ウィッシュボーンのサスペンション・アームみたいに。

夢の世界のお話ですから、現実の整合性など全く無視して作れる巨大ロボットだからこそ、
自動車のパーツを組み合わせて二足歩行の巨大ロボを動かすという、夢のあるデザインが
採れたんだろうと思います。


うーん、早くブルーレイ出てくれないかなぁ。
でないとまた観に行っちゃうぞ~(;´Д`)



by onikibi | 2017-03-30 01:04 | Comments(0)
c0058052_05390504.jpg

方言女子というのは良いですね(*´ω`*)
ココネは岡山弁だそうですが、「君の名は。」の三葉も「この世界の片隅に」のすずさんも
方言丸出しなところが実に魅力的で素晴らしいです。

私も岡山県出身なので、地域に因って微妙に変わる方言ではありますが、聞いていて
違和感は感じないくらい演じてる高畑充希さんはお上手ですね。

いや、上手を通り越して「魅力的な方言喋り」と言った方が正しい気がします。

夢の世界でエンシェンになった時のココネが標準語喋りなのも、エンシェンが実はお母さん
だったというオチを知れば納得です。
実際ココネの夢にモリオが登場した時は、モリオと会話する時に岡山弁に戻るという細かい
演技の切り替えになっていました。

この映画は男女の恋愛を薄く、家族愛を強く描く事で、却ってココネとモリオの関係が
ニヤニヤして見ていられた気がします。
ラストでココネがおじいさんに進路を聞かれた時に、さらりと「目標が出来たので東京の大学に
行きたい」という旨の進路を話しますが、恐らくモリオがいる東京の大学に行きたいのでしょう。
そこは強く掘り下げないし押し付けて来ないので、見てる方が推し量れて楽しいところでした。



因みに上の落書きは、ココネが押し入れから飛び出した時に取っていた謎のカンフーポーズ。
映画とかなり違ってる気がするけど、気のせいだ!!(※似てないのは仕様です)
この映画はぶっちゃけお話よりも、ココネが動くだけで楽しいというのがズルいです(;^ω^)
監督や作画スタッフの拘りがココネやエンシェンの動きに集約されてる気がする。

え?ロボ?
あぁ、まあ良いんじゃないですか?( ´ー`)y―┛~~


あと、2箇所しかないココネのパンチラシーンはここだろうと確認は出来ました。
出来ましたが、あんなもんブルーレイ買ってコマ送りにせんと確認出来るか!!ヽ(`Д´)ノ
パンツ見えたという信心が無いと分からんわ!

いや、ココネの足を見てるだけで十分エロいからイイよ…

by onikibi | 2017-03-29 05:39 | Comments(0)
※注・ネタバレあり!!※

c0058052_01192006.jpg



































今日はキングコングに行って来たのですけど、まずは「パッセンジャー」について…(;´∀`)

個人的に宇宙物SF物が好きな私は、まるで小説のような内容のパッセンジャーを予告の段階で
観に行こうと決めていました。
こりゃ駄作だろうとか嫌な予感がするぞとか、そういうのも込みで(;^ω^)


先に私の簡潔な感想を書くと
「決して面白い部類の映画ではないけど、美しいお話の映画だった」
というものです。

まあその予想は予告の段階で分かっていた事でした。
逆に言えばこの映画の予告は、緊迫感とかエンタメ性よりもシンプルな人間ドラマであり、
生きる意味や自身の存在について考えさせる映画というのを、よく伝えていたと思います。


予告を見た方はほぼ予想がつく内容だと思われますが、その予想通りの展開で進みます。
5千人の眠れる「パッセンジャーズ」を乗せた惑星移民船・アヴァロン。
人類移住の新天地まで片道120年の旅の途中、冷凍睡眠装置の不具合でたった一人目覚めた
エンジニアのジム(クリス・プラット)は、クルーすら起きていない船内で惑星到着まで
残り90年も一人で過ごさなければならなくなります。

エンジニアのジムは様々な方法で冷凍睡眠に戻る方法を探しますが、セキュリティの壁を
破れない為に重要な機器を扱えるクルーエリアに入れないまま孤独に1年を船内で過ごし
ます。
しかし孤独に耐えかねたジムは、手に入れた冬眠ポッドのマニュアルから得た知識を使い
遂に禁断の「他人の冬眠ポッドを開く」という行動に出ます。

ここで選ばれたのが、小説家でありジャーナリストでもあるオーロラ。
一人だけ目覚めてしまったジムは、他に起きている人を探して船内を有るき回った時に、
彼女のポッドを見て恋に落ちたのです。


これは閉鎖された空間内で起きた、人の犯す禁忌と倫理のお話にも見えますが、映画の
大半で描かれているのは、この広い宇宙船の中にたった2人で暮らすジムとオーロラの
お互いを求め合う様子です。

知らない人間同士が、お互いに協力し理解し合いながら惹かれてゆくドラマです。

もちろんジムはこの出会いを禁忌を犯して仕組んだのですから、真実がバレた後は
当然彼女の怒りを買ってしまい口も聞いて貰えなくなります。
殺されなかっただけでも儲けものといった感じ。
(実際オーロラは怒りに任せてジムを殺そうとさえするのですが)


しかしこれ、現実の世界でも似たような事ってままあるような話でもあります。
もちろん閉鎖された宇宙船内で、目的地に着くまで90年の間に人生を終えるたった
2人の人間になる、という状況は現実では有り得ませんが(;^ω^)

それでも仲良くなりたい相手との出会いを仕組んだり、相手を騙して仲良くなったり
するというのは、実は非常にありがちな事だと思うのです。

「騙す」とまでは行かなくとも、相手の行動やスケジュールを把握して、偶然の出会いを
装った挙句、たまたま相手と趣味が合って意気投合…なんて演出を仕組むなんて事は
案外試した事がある人も多いのでは無いでしょうか?

そんな、実はありがちな事が、たった2人しかいない宇宙船の中で起きた事で、実に
美しいお話になっているのがこの「パッセンジャー」ではないかと感じました。



まあぶっちゃけお話なんざどーでも良かったのですよ(;´∀`)
宇宙物でSFで、片道120年も掛けて宇宙を旅する宇宙船の面白いアイデアとか機能とか、
色々と興味深い部分が楽しめました。

移民船に乗るチケットの扱いが違うと受けるサービスが違ったり、一部のエグゼクティブ
・クラスの客以外は、移民先の労働対価の大半が吸い取られる仕組みとか…
なかなかシビアな企業と金の仕組みがあったり、新しい星への移民という夢と希望溢れる
SF設定が裸足で逃げ出す、夢も希望も無い実態が面白くて良かったです。


オススメ出来る映画ではありませんが、興味のある人に取っては見どころがある映画だと
私は思います。
オススメはしませんけどね(;´∀`)


あと、個人的にクリス・プラットが出てるから見たというのは秘密だ!

by onikibi | 2017-03-28 01:26 | Comments(0)
しかし寒いですね東京、冷たい雨が降り続いて一日中寒いです(;´Д`)
桜の開花が宣言された後だというのにこの寒さ…
明日の明け方前には都内でも湿った雪になるかも?という予報に震えています。
いやはや、参りましたね。


そんな寒い東京を尻目に、オーストラリアのメルボルンでは熱いバトルのF1開幕戦が
行われました。

今年はF1の車両規定やエンジン開発が変わり、昨年までの各チームのパワーバランスが
どれだけ変わるのか?という注目の中、日本時間の午後2時にレースがスタートしました。
結果はニュース等で報じられている通り、フェラーリのベッテルが約1年半ぶりの勝利を
勝ち取り、昨年まで圧倒的な強さを見せて来たメルセデスを、速さで下したレースと
なりました。

予選はメルセデスのハミルトンがポールポジションを獲ったのですが、スタートしてから
終始追いかけるベッテルのフェラーリがタイヤに優しく速さも持ち合わせていて、結局
先にタイヤが音を上げて先にピットに入ったハミルトンを、ベッテルが次のタイヤ交換で
前に出て1位のポジションを奪い取りました。

今回のレースは各チームがほぼ1ストップのタイヤ交換だけという展開でした。
なのでそのままベッテルが2位のハミルトンに10秒の差を付けてゴール。
久々のフェラーリ優勝という結果に。


レース自体は抜きどころがなく、膠着した展開になったのですが、今年からスピードが
上がった新しいF1は、終わって見れば完走13台のサバイバル・レースになりました。
大きなレギュレーション変更があった事で、各チームとも1レースを走ってみないと
分からないトラブルが結構出た感じです。

優勝はフェラーリのベッテルですが、2位3位にメルセデスの2台が入っていますので、
相変わらずメルセデスが強いというのは変わりません。
ですが今年は、フェラーリが速さでメルセデスに拮抗している展開になりそうで、
去年までのメルセデス1強という時代は崩れそうな予感がします。


後はレース自体がどれだけ面白くなるのかどうか、今後のレースに注目しましょう。



それにしてもホント寒いな…

by onikibi | 2017-03-27 00:24 | Comments(0)


という訳でPVが解禁されましたアニメ・終物語
「まよいヘル」「ひたぎランデブー」「おうぎダーク」
この3本がテレビアニメとして2017年の夏から、いよいよ放送されます。

公式HPはこちら↓
TVアニメ「終物語」公式サイト


いや~、長かったアニメシリーズも遂に完結するのですね。
まあ続・終物語もあるんですけど、暦物語をスマホアプリで配信したくらいですから
もしこの後をアニメ化するにしても、一応「化物語」から始まったこの作品は完結を
迎えます。

そう考えると終物語〈下〉をやる前に劇場版アニメ「傷物語」が完結したのも良かった
と思います。
色々ありましたが”終わりよければ全て良し”の方向に、上手く収束してくれたような
気がしますね。


きちんと完結さえしてしまえば、後はどうアニメ化しようがしまいが気楽ってもんです。
個人的には小説版最新刊「結物語」は、是非とも映像で見たいのですが(;^ω^)
何にせよここまで長くアニメシリーズが続くとは夢にも思いませんでした。
放送開始を心待ちにしています。

やった~~~~~~!!!!ヽ(*´ヮ`)ノ

by onikibi | 2017-03-26 00:48 | Comments(0)

ココナツミルク

c0058052_20392780.jpg
近所のスーパーで安売りしていたココナツ・ミルクの缶詰。
タイで生産されたものだそうで、飲んでよし料理に使ってよしと説明書きがありました。
まあ輸入元が貼り付けた日本語の表示シールですけど(^_^;)

完全に缶詰なので、缶切りで開いて飲んだり料理に使うことになるので、最初は少しだけ
穴を2箇所開けて、中のジュースを分けて飲もうかと思っていました。

ところが開けて逆さにしても、ココナツミルクのジュースは出て来ません。
不思議に思い缶切りでぐるりと缶を開けてみたら…



c0058052_20394519.jpg
中でココナツミルクが固まってました!
そうかー、冷蔵庫の温度でも固まるんだ。知らなかった…(;^ω^)


悩んだ挙句、スプーンで掬って食べてみたら、これが濃厚で美味しい!
暫く食べていたら、徐々に溶けてジュースの部分とクリームに別れて来ました。
結局これが朝ごはんになって、ジュースを飲んだ後に残ったクリームは、別の容器に移して
冷蔵庫へ。

純粋にココナツミルクのドリンクとして飲むなら、常温保存をしておいた方が良いのかも
知れません。
でも固まってクリームになったココナツミルクも美味しかったので、どっちを食べても
OKなんですけどね。
また近所で安売りしてたら買って来よう。

ハズレもあるけど輸入品を買い切って安売りする「スーパーみらべる」は、個人的には
面白い食材を買うには欠かせないお店になってます。
ピクルス一本の缶詰とかビーンズの缶詰とかは全部ここ(;´∀`)

さ~て、今度は何を仕入れてくれるのかな?


by onikibi | 2017-03-25 20:39 | Comments(0)

週の頭に届いてたPROコン

c0058052_19063571.jpg
実は今週の頭に届いてました、NintendoSwitch Pro コントローラー

箱はコンパクトなのですが、中にはキッチリとコントローラーが入るサイズ。
NintendoSwitch本体と同じで外箱に接続の説明が書いてありました。
同梱のUSB⇔USB Type-C ケーブルをProコンに繋いで、電源が入ったNintendoSwitch本体に
ケーブルを繫ぐだけで認識してくれます。
超簡単ヽ(*´ヮ`)ノ

後はそのまま充電、USB Type-Cケーブルが一本手に入る事を考えれば、高くなったなあと
感じる最新ゲーム機のコントローラーにも少し納得。




c0058052_19065764.jpg
ついでに手持ちのWiiU Proコントローラーと比較。
NintendoSwitch用Proコンはグリップが少し細くなって、本体幅も狭まっているので
握った感じはかなりコンパクトに感じます。
並べて写真を撮ると大差無いように見えますけど、手に持つと一回りコンパクト。

個人的にはやや手に余るサイズのWiiU Proコントローラーの方が、手の全体でホールドする為に
重さを感じなくて手に馴染んでいたのですが、Switch用のProコンの方が他機種コントローラー
に馴染んだ人にもすんなりと受け入れられそうです。


案の定ゼルダをプレイしてみたら、すぐに慣れて普通に遊べるところはさすがです。
ただ、私は両手にジョイコンを持って自由な姿勢でプレイするスタイルに慣れすぎたので、
ゼルダはこのままジョイコンプレイを続けようと思います(;^ω^)

Proコンが真価を発揮するのは今後のゲームで沢山あるでしょうし、ドラクエ10ではメインの
コントローラーになってくれる事は間違いないでしょう。

という訳でスクエニさん、11の情報も良いけどNintendoSwitch版のドラクエ10もはよ!

by onikibi | 2017-03-24 19:07 | Comments(0)
メルセデスの1強があまりにツマラナイので興味が失せたF1…と言いながら、
結局今年もシーズンが開幕するとワクワクするんですから困ったものです。

今週末の3月24日から2017年のF1GPウィークはオーストラリアのアルバート・
パークからスタートします。

今シーズンからエンジンの開発トークンが廃止されたり、ウイングのサイズが
変更されたり、タイヤサイズが大きくなったりと、変更点が多くて各チームの
パワーバランスが微妙にシャッフルされたと思わせるテスト結果を受けての
今年の開幕戦。


しかしテストでは開幕用のアップデートを持ち込んで無かったり、エンジンの
出力を抑えてテストしていたチームもあって、本当の実力は開幕戦が始まって
みるまでは分かりません。
まぁこれも毎年の事ですが(^_^;)

それでも今年はメルセデスの独走を止められるか否かに、昨年以上の注目が
集まってる感があります。
打倒メルセデスの最右翼との期待が高いフェラーリですけど、もしかすると
トラブルで躓くスタートになるかも知れませんし、開幕戦はまだまだ未知数な
部分がたくさんあります。

テストでトラブル続きだったマクラーレン・ホンダが、トラブル対策が出来た
途端にスムーズに走るかも知れません。


色んな意味で期待と不安が入り交じる開幕戦は、やはりテンションが上がります。
木曜日の記者会見を経て金曜日からはいよいよフリー走行の開始。
今年は一体どんなドラマが待っているのでしょうか?


決勝は3月26日の14時(日本時間)からです、お見逃しなく!!
by onikibi | 2017-03-23 01:28 | Comments(0)

従量制でもいいかな

格安SIMを便利に使っているのですが、前々から外出時にモバイル通信環境を用意
したいなと思っていました。
Wi-Fiが無い場所でもさっとPCや他のモバイル機器をネットに繋げる事が出来れば
便利になるのは間違いありません。
NintendoSwitchも買ったしね!!


そこでモバイル・ルーターを買って、データ専用格安SIMをもう一枚追加して運用
しょうと考えていたのですが、毎月どれくらい使うか分からないSIMに、格安とは
いえ定額料金を支払い続けるというのは、年額にすると結構な出費になるなあ…

等とケチな事を気にしていたら、ズルズルと手が出ず今に至っています(^_^;)



そこでふと「毎月使った分だけ支払う」従量制のSIMにしたらどうだろう?
と考えて色々調べてみたら、今の格安SIMは各社従量制プランも結構あるんですね。
しかもボッタクリとか超割高なプランではなく、私のような考え方をするケチな
ユーザーの希望に沿うような料金プランで驚きました(;^ω^)


そうか~、今の格安SIMは本当に様々なプランに対応してるんだなあ。
格安定額から始まって、従量制から使い放題プランまで至れり尽くせりです。

スマホ本体と購入する分割支払いもあれば、留守電に転送電話に保証サービス
まであるんですね、充実ぶりが大手キャリアと変わりません。
いやはや、まさか僅か2年ほどの間にこんなに拡充するとは…


もう次のスマホ買い替える時は、今のプランを終了してMNPでスマホごと新規で
契約した方がお得だな。


…やってる事がガラケー時代の大手キャリアの時と変わらくなって来た…
格安SIM業者ではなくてユーザーの私が、ですけどね(;^ω^)

まあデジタルガジェットは趣味なので、スマホは欲しい物を自分で買うとは
思いますけど、気付けば格安SIMがキャリア時代と変わらない気軽さで使える
事に改めて驚きます。
10年前からは想像もつかなかった事ですけどね、いい時代になりました。



後は通話とSMSが使えるSIMフリーの携帯電話機が増えてくれたら、PHSの番号を
格安SIMに移せるんだけどなあ…
Nokiaさんお願いしますよ、日本向けのストレート端末を是非!!
by onikibi | 2017-03-22 01:52 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi