ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


日本での発売が来年初頭に迫ったNintendoSwitch版のSkyrim。
そのファイルサイズが判明したそうです。
容量は14.3GB、ダウンロード版を買ってる私としては、ファイルサイズは気になる
大事な情報です。

NintendoSwitchをお持ちの方で、私のようにDL版でソフトを買ってる方は、お使いの
microSDカードの残量をご確認下さい(;^ω^)

かくいう私も実はまだ残量を調べていません。
128GBのmicroSDカードを入れているのですが、もう少し奮発して200GBの製品を
買って於けば良かったかな?と、今更ながら後悔しています(^_^;)
特にドラクエⅩのように、今後も追加シナリオや追加コンテンツが増え続けるソフトが
ありますので、容量の大きなmicroSDカードは必須です。


いやまさか、こんなに沢山遊びたいソフトが出るなんて予想してなかったので…
個人的にはWiiUからドラクエⅩの引っ越しが出来て、ゼルダとゼノブレイド2が
遊べたらいいな~、という軽い気持ちでSwitchを買ったんですが。

Skyrimも当然遊ぶつもりだったんですが、ARMSとかマリオカート8とか、
あとSwitch版レゴシティとか、何だかんだで遊んでるソフトが増えた…



という訳で、Switchで楽しく遊んでるみなさんも、本体のmicroSDカードの
残量チェックはお忘れなく(^_^;)

by onikibi | 2017-09-30 16:42 | Comments(0)
c0058052_12504724.jpg

私が使ってるスマホ・ZenFone3ですが、本体のストレージは32GBのモデルです。
別途マイクロSDカードが使えるのですが、電気食うし外部ストレージの併用と切り替えは
トラブルになると面倒なので、極力使わない方向でいます。

ムービーとか撮らないし、音楽も聴くもの以外入れない主義なので、まあ十分だろうと思い
そのまま使ってましたが、ふとストレージの残り残量を見てみると約7GB。
OSのアップデートやら、アプリの肥大化でいつの間にか容量を喰ってたんだな~と思い
ストレージを調べてみると、なんと一番容量を喰っていたのはカメラの写真でした。

約1年でパシャパシャと色んなものを撮り溜めていたんですね(;´∀`)
カメラの画像は全て自動でクラウド・ストレージにアップロードされているので、本体の
画像はスパッと削除してもいいんですけど、一応3ヶ月分だけ削除したら2GBも空きました…


そうかー、カメラの画素数が1600万画素なのに、フルサイズで撮影しまくっていたから
思った以上に容量を喰ってしまってたんですね(;^ω^)
別にフルサイズで撮る必要なんてないのに、風景や小物を綺麗に撮りたいからと、設定を
デフォルトのサイズからフルサイズに変えていたのは私でした。

うーん、無駄だな。
カメラの撮影サイズを元に戻しておきましょう。
気付かない内に結構無駄な溜め込みをしていた事を、今回知る事が出来て良かったです。


ていうか、クラウド・ストレージに自動アップロードされるんだから、本体の写真は全部
削除しても良いんだよな。
気になる写真は後でPCにもダンロードしてるんだし(;´∀`)

本体ストレージが一杯になって警告が来ると慌てるので、こまめにチェックしておく事は
案外大事ですねえ…PCのHDDも調べておこう(^_^;)


by onikibi | 2017-09-29 12:53 | Comments(0)


驚きましたね~、最初はフェイク・ニュースかと思ってしまいました(^_^;)
公式サイトにも報告があったので一応リンク。

詳細は公式サイトやニュースサイトをご覧になって頂いた方が早いと思いますが、
BAD ROBOTが映画化権を取得し、パラマウント・ピクチャーズと共に映画化する
という話です。
日本からは「君の名は。」のプロデューサーである川村元気さんが、ハリウッド版
にもプロデューサーとして参加するそうです。



という訳で、ツイッターやネット上の反応は驚きと共に批判的コメントで溢れ
かえっていますねえ(^_^;)
なんか某アニメの大炎上が「君の名は。」にも延焼して来たのか?と思う位に
良い具合に拡散してますが、実はちょっと興味津々です(;´∀`)

もちろん私の趣味と感性が、世間様とは大きく乖離しているというのが一番の
理由だと思いますが(自覚はあるのだ)、個人的にJJ・エイブラムス監督の
「SUPER8」が大好きなので、一体どんな作品になるのかという興味の方が
不安よりも大きいです。


そもそも実写映画化した時点で「別物」と思っていますので、それで元の
「君の名は。」の作品が、どうこうなる訳ではありませんし。
私の中で「君の名は。」の評価と価値は、その程度ではびくともしません。


むしろどこまで改変され、どの辺に「君の名は。」らしさが残るのか?
同じ物を作るなら実写化する意味も価値もありませんから、日本映画でなく
ハリウッド制作ですし、我々の予想の斜め上に行く事は確実です(;´∀`)

決まった以上は覚悟完了し、見るか・見ないか、見るなら腹を括って楽しむ
覚悟を決めた方が気が楽ですし、楽しみにもなります。

まずキャスト発表で「えええ~~!?無いわ!!!!」と言いたいですよ。
そこから楽しむ所存です、因みにマゾじゃないよ?(;´∀`)

いっその事ハリウッド版は、高校生じゃなく小学生や中学生にしてもいいかも?
むしろそうしよう、そうすべきだ!( ゚∀゚ )
…と、「ぼくの考えた最強のハリウッド版・君の名は。」を皆で勝手に考えて
それぞれの意見を発表し合う、というのも楽しいのでは?と思います。

既にノリの良い人はツイッターで、アルマゲドンみたいに彗星や隕石の破壊に
向かう乗組員と地上の女の子が入れ替わるとか、マフィアの殺し屋と女の子が
入れ替わるとか、それこそ男と男の入れ替わりになるんじゃね?なんて予想を
してる人もいますね。実に逞しい妄想です(*´ω`*)


個人的にはクローバーフィールドみたいなパニック物になったら驚くな。
どうせ違うものになるなら、ど肝を抜いて欲しいという願望もあったりします。
変に元の映画におもねって似せた方が、残念な映画になりそうです。


でも瀧君のキャストが黒人俳優だったりしたら、やっぱり日本では荒れるんだろうな…
むしろ小説版のアナザーであった、瀧in三葉でのマイケルダンスは、是非実現して
欲しい要素なんですが(;^ω^)

あー、ミュージカルでも良いかもね!
彗星が落ちて来る横で、みんな一列になって歌って踊るの!!
なんかもう21世紀の世紀末が早くもやって来た感満載だな、トリップ出来そうだ。

2021年くらいに公開されるなら、大人になって再会した瀧と三葉が、二人で
ハリウッド版「君の名は。」を観て、微妙な感想を漏らすというマンガを描いたら
面白いかも…(;´∀`)
ていうか描いてみたい(*´ω`*)
サヤちんとテッシーが観て「ちがーう!!私(俺)こんなのと違う!!」と
叫ぶシーンが頭に浮かぶ…


やっぱりまた「君の名は。」本作るか!!

by onikibi | 2017-09-28 12:49 | Comments(0)

ダンケルク

※注・ネタバレあり※





















ユナイテッド・シネマズの1300円鑑賞券消化は残り2枚、そして期限は9月末日。
という訳で「ダンケルク」を観て来ました。

私はミリオタでも歴史ファンでも無いので、ダンケルクの戦いがあったという事くらいしか
知りません(;´∀`)
でも、だからこそ、映画を通して歴史の一端を垣間見るというのは、実は結構好きです。


この映画は予告にあった通り、かのクリストファー・ノーラン監督が、極力CGを排して
可能な限りセットや現物を揃えてロケをすた、というのが前評判でした。
実際にキレイなCGでクリアに世界が描かれるより、撮影で見せる画面の迫力はかなりの
ものです。
爆発や火災もセットなので、もう少しCGで派手に脚色したがるのが現在の映像制作なので
しょうけど、この映画はほぼそのまんま(;^ω^)
派手さが無い代わりに、煙や水や吹き飛ぶ泥や燃える炎が、役者と一体になって画面に映る
迫力は見事でした。

あとセリフが少ない!
BGMは随所に入ってましたが、爆音やエンジン音や砲撃・銃撃の音が大半を占めています。
説明の少ない映画ではありますが、画面に引き込まれて行く力強さがありました。
戦場での圧倒的な轟音の前では、人は萎縮するしかありませんねえ(;´∀`)


ダンケルクでの戦闘そのもより、脱出作戦の為にイギリスから出発する民間船や、本土から
支援に向かう空軍、ドイツ軍の標的にされる駆逐艦や掃海艇など、戦場を取り巻く周囲が
丁寧に描かれている事も、戦史を知らない私でも飽きること無く画面に釘付けになった
要因だったと思います。

命からがらというか、生き延びてやっとの思いでイギリスに帰った兵士たちを見ると、
こっちも一気に肩の力が抜けた気分になりましたよ(^_^;)
2時間に満たない上映時間でしたが、中だるみすること無く緊張感が続く映画だったので
この長さででも十分な見応えがありました。


これはダンケルクを知らない人が観ても全然OKですね。
むしろこれを切っ掛けや足がかりにして、ダンケルクや二次大戦前後のヨーロッパの歴史を
調べてみるのも、また一興では無いでしょうか?


因みに音楽はハンス・ジマーだったのね。
なんかちょっとだけそんな感じがしてたのですが、エンドテロップを見て判明しました(^_^;)
でも音の主役は効果音だよなあ、後半は殆ど戦闘機のエンジン音だけど。


by onikibi | 2017-09-27 22:56 | Comments(0)


以前から気になっていた映画「スイス・アーミー・マン(Swiss Army Man)」を観て来ました。

無人島にたった一人きりで流れ着いた主人公・ハンクは、絶望と孤独に耐えかねて
首吊り自殺を試みます。
そのハンクの目の前に、突然浜辺に流れ着いた一人の男が現れます。
人に会えた!助かるかも!?と歓喜して駆け寄ったハンクの前に横たわる男は、残念ながら
既に事切れた死体でした。
しかしこの死体との出会いが、この後ハンクの運命を大きく変える事に…

というあらましで始まる映画ですが、去年くらいからネット上を賑わせたいた、この映画の
常軌を逸したトレーラーを目にした方も、実は少なくないのでは?と思います。

…と、私が勝手にそう思っているだけですが…(;^ω^)



という訳でここからは
※注・ネタバレあり!!※




















とは書きましたが、都内でもTOHOシネマズ・シャンテとシネマ池袋・ロサでしか
上映してないという、8月に観たFounderより更に少ない劇場数に泣けて来ます。

死体役のメニーを演じるダニエル・ラドクリフの扱いが、日本では非常に低いと
感じるのは私だけでしょうか?
同じハリー・ポッター・シリーズで共演したエマ・ワトソンが「美女と野獣」で
大々的に取り上げられている様子と比べると、あまりに不憫に思えて来ます。


…しかしまぁ、方や「美女と野獣」で、こっちが「スイス・アーミー・マン」では
仕方ないか(;´∀`)


シネマ池袋・ロサで観るのはちょっとアレだったので、有楽町のシネシャンテまで
行って来たのですが、平日のお昼にも関わらず結構お客さんが入ってました。
この辺はFounderと似てますね、上映館数が少ないのでコアなファンが集ってる
感じです。


この映画、ギャグとマジの境目が曖昧な、実にシュールな映画となってます。
セリフも表現も下品で、オナラやゲロ水に下ネタ会話満載、お客さんには結構
受けていましたし、私も思わず声を漏らして笑ってしまいました。

なにせ死体の扱いが映像的には酷い。
最初は死体の腐敗が進んだ体内ガスが強力過ぎて、そのまま屁の勢いで水上を
進んでしまいます。
慌てたハンクは死体に飛び乗って、屁のジェットボートと化した死体のメニーと
共に無人島を脱出!


たどり着いた海岸は険しい森林地帯、ここをくぐり抜けてなんとか街まで生還を
果たしたいハンクは、何故か死体のメニーを見捨てられません。
なんとここからハンクは、死体を担いで延々と森を進みます。

けれど水が尽き、もうダメだと思って死体に怒りをぶつけると、なんと死体の
口から大量の真水が溢れ出て来るではありませんか!?
それ飲んじゃうか普通!???Σ( ̄□ ̄;)
飲むんですよハンクは・・・・

道中もずっと独り言を死体に向けて話しかけていたハンクですが、今度は突然
ガスかと思う空気が口から漏れて、それがだんだんと言葉になって、遂には
死体と会話が出来るようになってくるという、文字だけだと私の頭がおかしく
なったんじゃないか?と思うような展開です。

ここまでで既に「何だそれ?」とお思いの、呆れ顔の貴兄も多いのでは無いかと
思いますが、どっこいここからが本番です。

メニーと名乗る死体とハンクとの交流が本当のドラマです。
ああっ、読むの止めないで!!(;´∀`)


と言いつつも、ここから先は映画を御覧になった方一人一人が何を感じるか?
に掛かって来ます。

ハンクは、喋る上にジェットオナラで進み真水を吐いて歯をナイフ代わりに使え
口から出すガス圧で石も矢も飛ばせる便利な死体・メニーと共に、森の中での
サバイバル生活を生き抜きます。
この死体の便利さを指して、スイスのアーミーナイフのようだと例えたのが
映画のタイトル「スイス・アーミー・マン」になってます。
ひでぇタイトルだな(;^ω^)

しかしいくら便利で喋ってくれても所詮は死体、自力では動けません(なんだそれ!)
ハンクが死体を「使う」しか無いのです。

そんな死体のメニーと心を通わせる内に、やがてハンクは自分の居た場所から逃げて
来た過去を吐露し、現実と向き合うよう死体に諭されます。

最初は喋る死体・メニーの記憶を辿るつもりが、いつの間にか自分の記憶とすり替えて
嘘の記憶でメニーを励ますハンクですが、その実、その行為は自分の逃げ出した過去を
振り返り自分と向き合うプロセスになっていたという、なかなか面白い展開です。

奇妙奇天烈な映画に見えて、実は自分と向き合う勇気と大切さを考えさせられる
映画であり、その手法が奇抜ではありますが、実にファンタジックな作品です。

素晴らしいのは、見た目のイロモノ具合に中身が負けていないところ。
こんな作品、作ろうと思っても絶対にバランスを欠いた不出来な物になるでしょう。
でもこの映画は果敢に挑戦し、見事に成し遂げています。
観終わった後の爽快感は実に良いモノでした(*´ω`*)

それに音楽も素晴らしいので、是非劇場で御覧になって頂きたい一本です。
…上映劇場は少ないけどな…(;´Д`)



さあ、次はクリス・エヴァンス主演のギフテッドだ!ヽ(*´ヮ`)ノ
こっちはもう少し上映館数が多いよね?ね?ね?



by onikibi | 2017-09-26 16:22 | Comments(0)

建設が進むHareza池袋

c0058052_19564997.jpg

旧豊島区庁舎と豊島公会堂跡地に建設中のHareza(ハレザ)池袋。
2020年の完成を目指して着々と建設工事中ですが、今日は池袋に行ったので
建設途中の様子を中池袋公園からパチリ。


c0058052_19571330.jpg

巨大なクレーンが立って、脇には物々しい鉄骨が組まれています。
建設途中のビルや巨大施設というのは、なんだか妙に心惹かれますね(;^ω^)



c0058052_19573542.jpg

工事現場外周を囲む塀には、完成予想図が新たに設置されていました。
しかし周辺部を含めてかなり抽象的といいますか、イメージ先行の予想イラスト
なので、全然ピンと来ませんね。



c0058052_19580918.jpg

反対側にぐるりと回って、巨大なクレーンを撮影していたら、その後ろ側にも
工事中の区画がありました。
そこには鳥瞰図で周辺の既存建築と共に、新しい施設の配置が記されていました。



c0058052_19582939.jpg

ほうほう、これは分かり易い。
そして目を凝らしてよくよく見てみると…



c0058052_19584724.jpg

んん?Harezaの更に後ろ側にシネコンのビルが???
この周辺図がある塀の後ろ側も工事中だったのですが、どうやらここにシネコンが
入るビルが立つようです。
もしかしてTOHOシネマズが入るシネコンって、Harezaの建物じゃなくて、
その後ろ側に建設してるビルなのか????Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


いやまあ、結局シネコンのビルが出来るなら個人的にはオッケーなんですが。
この新しい施設配置図を見て、初めてHareza池袋とその周辺開発の全容が
掴めました。
ほぇ~、新しい豊島区役所の新庁舎は、南池袋公園をさらに先になるのね。
池袋東口も大きく様変わりしそうです。

なんかA列車で新しい街が出来ていくみたいで面白いなあ。
こんな事もゲームにしか例えられないのか私は(;^ω^)


何にせよ建設が進むHareza池袋、完成が楽しみですヽ(*´ヮ`)ノ

by onikibi | 2017-09-24 19:59 | Comments(2)


という訳で、早くも今年の東京モーターショー出展情報を、スズキが公開しました。

なんと言っても注目は、軽自動車のヒット作・ハスラーの拡大版とも言える小型車
「クロスビー」でしょうヽ(*´ヮ`)ノ
愛嬌のあるスタイリングと、ポップなカラーバリエーションで人気のハスラー。
鳥山明先生の「Dr.スランプ アラレちゃん」のキャラクターを用いたCMを御覧に
なった方も多いと思います。

軽自動車のハスラーをワイドに拡大し、1リッターターボエンジンを搭載した
クロスビーは、見てるだけで楽しくなってくるようなデザインです。
デザインはハスラーから受け継いでいますが、もちろん車体は経の拡大版では
ありません。
恐らくイグニスをベースに開発された車体であろうと予想されます。

ショーの為のモデルもいいですが、やっぱり発表された後に販売されて、
誰もが買って乗れる車がお目見えする方がワクワクしますよね(*´ω`*)





個人的には軽自動車の次期スペーシアや、キャリィトラックのキャビンを
拡大したモデルも気になります。
ダイハツにはハイゼット・ジャンボという、キャビンを後ろに拡大して
手荷物スペースを室内に確保したモデルがあります。
実家の父親が乗っているのですが、これが実に便利なんですよ。

スズキのキャリィにも同じようなモデルが加わるとなると、軽トラを
足代わりに使う人に取っては大変便利になりますね。

この「キャリイ軽トラいちコンセプト」は、ダイハツのハイゼットジャンボ
よりもキャビンを拡大してあって、より個人のレジャーユースとして期待が
持てそうですので、是非ともこのまま発売して欲しいモデルです。

いやっほう!軽トラ最高!!ヽ(*´ヮ`)ノ

by onikibi | 2017-09-23 19:26 | Comments(0)
c0058052_00051994.jpg

Wiiでプレイしたアカウントがあれば、タダでNintendoSwitch版のDQⅩが
ダウンロード出来るという、実に太っ腹なサービスに乗っかって、早速
21日の午前0時から、DLコードを打ち込んでダウンロード。

うちの無線環境だと1時間ちょいくらいで完了。
その後にアップデータのダウンロードも無く、すぐにゲームが起動しました。

まずWiiU版と違うのは、パスワードを保存してくれなくなった事。
毎回打ち込むという、PC版と同じ方式になりました。


しかしゲームの起動やメニュー切り替えの速度が、うちのPCと同じくらい
速いので不都合やストレスは感じません。
USBキーボードを差して起動すれば認識してくれますので、長いパスワードを
使ってる人も問題無いでしょう。



ゲーム起動からネットワーク接続の速度も、WiiUとは雲泥の差。速いです。




c0058052_00060517.jpg

そしてゲーム画面。
解像度はHD、フルHDではありませんが綺麗です。
なによりメニューのサイズがPC版と同じく小さいサイズになった事で、相対的に
画面が広くなりました。
これもPC版と同じ仕様ですね。

ただ本体の画面で使う事を考えてか、メッセージウインドウとその中の文字は
やや大き目にしてあって、Switch本体でプレイしても読みやすくなっています。


因みに無線キーボードで文字入力とチャットを試していたところ、突然遅延が
発生する症状に見舞われました。
USBレシーバーとSwitch本体の無線機器がかち合っているのかも知れません。
今は有線のUSBキーボードを差していますが、後で色々調べてみようと思います。



それにしても思った以上に快適に遊べるNintendoSwitch版ドラクエⅩ。
NVIDIAのモバイル・プロセッサの凄さを思い知らされました。
初代Tegraのカスタムチップとはいえ、ゲーム機専用に動かすとこれほど高性能
だったとは…(;´Д`)


テレビでプレイ、本体をドックから外して他の場所でプレイ、寝転がってプレイ、
モバイルルーターやテザリングで外でもプレイと、時と場所を選ばずドラクエⅩが
遊べる時代が来るなんて、本当にすごいです。
今度帰省する時にはNintendoSwitchを持って帰れば、実家でもログイン出来るな。
IPアドレスが変わるけどそのまま入れるのか、はたまたPCみたいにパスワードの
変更が要求されるのか、こっちも試してみないとね(;´∀`)
by onikibi | 2017-09-22 00:38 | Comments(0)
ディスカバリーチャンネルの人気番組「ファスト&ラウド」
オーナーのリチャードと共にガレージ開設以降、車作りを担って来たアーロンが店を辞め、
番組はその後二人が放送開始からの思い出を振り返る特番に切り替え、今シーズンの締め
括りとなる模様です。

お陰で過去にあったアレコレの、懐かしい話や裏話が聞けて結構楽しいです。
放送当初から見続けていた私としては、番組の思い出を振り返るシリーズはBIGボーナス
としてありがたい限り(*´ω`*)


その中で、なんとキーナンも辞めていたという事実が発覚!
キーナンさよならVTRも用意してあって、地味ながら愛されていたんだなあとしみじみ。
個人的にはケーシーの次に好きだったメンバーでした。

更に驚いたのが、キーナンを引き抜いたのがなんとケーシー!
自らの塗装店での仕事に専念し、家族と過ごす次巻を増やしたいと言っていたケーシー
でしたけど、その後店は塗装だけじゃなく車の改造まで手掛けるショップに拡大して
いました。
商売が上手く行ってるようで何よりです(^_^;)

そもそもスコットが辞めた後に人手不足となったガスモンキーガレージに、ケーシーが
呼んで来た知り合いがキーナンでしたしね。
週休3日の好条件で引き抜いた訳ですが、気心知れた仲間ですし、キーナンの仕事ぶりは
番組ではあまり目立ちませんでしたが、幅広い技術を持っていて真面目に仕事をこなして
いましたから、その上で仲の良い相手ならそりゃ欲しいでしょとも(;^ω^)


なんにせよ、店を去った古株のメンバーが充実した仕事と生活を満喫してる姿には
ほっこりさせられましたヽ(*´ヮ`)ノ


アーロンが抜けたあと、番組がどうなるのかは分かりませんが、抜けたメンバーたちとも
仲が良い様子なので、今後も番組に顔を出してくれる事を期待しましょう。
もちろん残ったメンバーでのカスタムにも期待しています。

ミスフィットガレージの新シーズンも始まるようですし、今後も楽しませてくれそうです。



さあ、次はエドが抜けたクラッシックカー・ディーラーズがどうなるか…

by onikibi | 2017-09-21 00:27 | Comments(0)


ASUSが米国通信キャリアのVerizon向け5.2インチのスマホ。ZenFone Vを
発表しました。

プロセッサは一世代前ですがカメラ性能も良いし5.2インチの画面サイズだし、
あれ?こっちの方がZenFone4よりよくね?(;^ω^)

LTE対応バンドが米国向けなので日本では3Gでしか使えないのが残念ですが、
このスペックと本体で日本向け対応版を出して頂けると、個人的には嬉しい。

リークされたgoogleのpixel2が相変わらずハイエンド寄りのお値段なので、
ちょっと手が出ませんねえ(;´∀`)
現実的なチョイスはやはりZenFone4に軍配が上がります。

私はもうキャリアに戻ることは無いでしょうから、ローエンド~ミドルクラスの
スマホが充実してくれる事を祈ってますが、なんだかSIMフリースマホの日本向け
販売も、だんだんハイエンドにシフトして行ってて辛い…

買い替えがまだ先とは言え、今のスマホが不慮の事故で壊れたりしたら、今ある
製品から買い直す羽目になりますから、やはり市場でミドルクラスのスマホが
充実してくれるに越した事はありません。


昨年日本に参入したWikoに期待しているのですが、未だにTommyの後に続く
製品が出て来ないのが残念。
ここはローエンドだけでなく、ミドルクラスの製品も持っているので、是非とも
「今のスマホって高ぇーよな」と思うサイレント・マジョリティの内なる声に
応えて、日本のスマホ市場に一石を投じて欲しいものです(;^ω^)

いや、それをWikoだけに課すのは酷ですね。
他のスマホメーカーもガンバレ!!ヽ(`Д´)ノ


by onikibi | 2017-09-20 12:21 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi