ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

USJのSUPER NINTENDO WORLD


昔からスーパーマリオブラザースが超苦手な私ですが、USJのSUPER NINTENDO WORLDは
ちょっと行って見たいです(^_^;)
完成はオリンピックの年という事でまだ少し先ですが、ゲームの世界と立体アトラクション
というのは、実は親和性が高いのでは無いかと思ってます。
富士急でやってたバイオハザードのお化け屋敷とかね。

USJの任天堂アトラクションは投資規模も大きいので、ゲーム世界の再現に期待が持てます。
こういう非日常的な世界をゲームの中だけでなく、外でも楽しめたら夢が膨らみますね。


この調子でドラクエとかで一つ、遊園地をドーンと作ってくれたら面白そうなんですが。
息の長い有名なゲームはたくさんありますので、実は大人も子供も楽しめるテーマパークに
向いてるのでは無いかと思います。
まずはUSJのSUPER NINTENDO WORLDに期待しましょうか。


個人的にはFallout WORLDなんて作ってくれためっちゃ楽しいんですけどね。
全員腕にPip-Boy付けてRADメーターが警告発して………無理だな(;^ω^)

# by onikibi | 2017-06-08 22:29 | Comments(0)
c0058052_21154550.jpg
関東地方の梅雨入りが発表されましたね。
遂にやって来てしまいましたか(^_^;)
暫くはぐずついた天気とジメジメした空気の日々になりますが、土曜日には32℃まで
急上昇する予報ですので、この1ヶ月は体調管理の難しい時期になりそうですね。

というか自分で写真を撮っておいて何ですが、こんな曇天見てたら余計に気分が
滅入って来ますね。
トップに飾る写真としては素晴らしく具合の悪い写真だ…(;´Д`)






そんな中、ドイツのZFから事故の時に左右のシートの間に展開する自動車用の
エアバッグが発表されました。

このエアバッグの狙いとしては、衝突時の衝撃で揺さぶられる乗員同士がぶつかって
怪我をするのを防ぐというものです。
もちろんシートベルトをしていれば、体がある程度固定されて怪我を防ぐ役目を
果たすのですが、衝突の方向に因っては大きく左右に体や頭が振られます。

要は同乗者同士の「ゴッツンコ」を防ぐエアバッグと理解して抱ければ早いです。

シートベルトをしていない乗員が、事故の時に投げ出されて他の乗員への凶器と化す
事例は枚挙に暇がありません。
ニュースではあまり報告されませんが、シートベルトをしてないで車に乗るという
事は、事故の時に他人を傷つけ死亡させる凶器に自分がなるという事です。

車に乗るという事は、車が凶器になるだけでは済まないですからね。
車と共に移動する荷物も乗員も、全てが凶器になり得ます。

シートベルトをしない人は自身の安全だけなく、同乗者を殺す凶器になる可能性が
あるという事が、このエアバッグのニュースと共に広く周知される事を願います。






# by onikibi | 2017-06-07 21:16 | Comments(0)

江古田の変化は進行中

c0058052_22435373.jpg
最近江古田に進出してくるスーパーが増えたり、ず~っと壊さないままの古い建物が
密集してたエリアが建て替えられたり、チマチマと変化が続いている江古田駅周辺。

ここは昔銭湯があった場所で、江古田に来た当初に私も行った事がありました。
銭湯が営業をやめた後、コンクリートの柱や構造だけを残して、壁を取り払って
歪な駐車場として長らく使われていました。

今から考えると、それはそれで異様な光景だったと思いますが、ずっと住んでる
人間に取ってはすぐに日常の光景になり、なんら違和感を抱かずに過ごして来た
のですから、人間の慣れって素晴らしくも恐ろしいものですね(;^ω^)

そんなコンクリートの柱で一部壁の残った廃墟も、さすがに撤去され更地に
なってしまいました。
更地になってみればまあ広いこと広いこと!
頑丈な構造だったので撤去にもかなり費用が掛かったと思いますので、当然
土地の再利用が決まったのだと思います。

逆に言えば廃墟がずっと残っていたのは、撤去費用が高いから放置されていた
という事なんでしょうけど(^_^;)


これだけ広い敷地を使って、一体何が出来るのか楽しみではありますが…
また今度建築計画を見て来よう(;´∀`)


# by onikibi | 2017-06-06 22:44 | Comments(0)

X-MEN 新三部作一気見

Amazonビデオで一本100円で借りられたので、ローガンを見た勢いに任せて
ニュー・ジェネレーション、フューチャー&パスト、アポカリプスの三部作を
観てみました。


ニュー・ジェネレーションの評判が高いのは聞いていましたが、確かにこれは
予想以上に良い出来でした。
前三部作と一番違うのは、現実世界との接点が上手く表現出来ていて面白さが
身近に感じられるところです。

X-MEN創設に係る話からスタートするというのも、X-MENに対する予備知識が
無くとも楽しめるという点で、ファンを選ばないエンタメ性の高い映画として
存分に楽しめました。


続くフューチャー&パストで、絶望的未来を変える為に大胆な過去改変に乗り出す
ストーリーも、時間巻き戻りのリピート作品が定番化した今では、むしろ受け入れ
易い展開だったと思います。

もちろん作中で時間を戻すミュータントの能力を、これまた予備知識ゼロでも
分かるように序盤の展開で上手く描いていて、だからこそ違和感が無い仕掛けに
なっていると感じました。

まあ問題は仕掛け自体に重要性は無く、過去改変の為に送り込まれたウルヴァリンが
前作であるファースト・ジェネレーションに続く世界に飛んでいる所が、続編として
非常に優れているポイントでは無いかと思います。

そしてこの過去改変からアポカリプス→デッドプール→ローガンへと続く新しい
X-MENシリーズの流れに、実に上手く繋げている事に感心しました。

過去改変話って上手くやらないと、釈然としないご都合主義になる事が多いのですが、
見る側に「成功してくれ!」と思わせるハラハラした展開が上手くて、改変自体に
お話の面白さをフォーカスしてない所が秀逸でした。
味方になったマグニートさんが、過去改変を成功させる為に、未来の世界で懸命に
戦っている姿が熱いです!


アポカリプスは新三部作の集大成と、今後のX-MENシリーズに繋げる為の新しい
一区切りとして、良い感じに仕上がってて好感が持てましたね。
前2作と比べると盛り上がりに欠けるというのは否めませんが、続き物ならではの
成熟した登場メンバーとその絆を生かした作りは
まあ一見すると人類初のミュータントにして最強を謳うエン・サバ・ヌールさんは、
今後のシリーズの為の良い噛ませ犬になったと言う事で(;^ω^)



いやあ、若い頃のプロフェッサーXとマグニートの友情は面白いですね。
X-MEN新三部作の面白さは、正に新しい配役によるニュー・ジェネレーションの
魅力が存分に発揮された結果では無いかと思います。

それだけに「ローガン」で、今までX-MENの主要キャストとして作品を引っ張って
来たヒュー・ジャックマンとパトリック・スチュアートの引退というのは、作品の
内容と相まって、儚さと切なさを更に加速させています。


昔は個人的に今ひとつ馴染めないFOXのX-MENシリーズでしたが、MCUに劣らぬ
面白いシリーズに成長していた事に驚きました。
今後の展開にも注目して行きたいと思います。

# by onikibi | 2017-06-04 21:07 | Comments(2)


※注意・ネタバレあり!!※














ローガンを観て来ました。
X-MENシリーズはヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じている作品を中心に
ビデオやCSのムービーチャンネルで何本も見てはいましたが、劇場で鑑賞したのは
実はこれが初めてだったりします…(;´∀`)

本当は去年のアポカリプスに行くつもりでしたが、色々と都合が合わなかった為に
行けませんでした。

今回はそんな経緯の後に行くべき映画か?とファンに問われると何も言い返せませんが
いつも通り全く事前情報無し、劇場予告だけで観に行きました。



こ、これは…すごく良い映画です(*´ω`*)





ファーストジェネレーションとアポカリプスは見てませんが、それ以前のシリーズを見た
印象とは全く別物の、実に良く出来た映画作品でした。
マーベルの(しかもFOXの)ヒーロー物という前提は吹き飛びます、本当に良い映画です。


この映画を見ていたら「グラン・トリノ」を思い出しました。



あらずじとか野暮はものは語りません。
これは是非御自身の目で見て、己の心で判断して欲しい映画です。



「夜明け告げるルーのうた」で、ガチの青春とファンタジーの融和性を語りましたが、
今作はスーパーヒーローとロードムービーの親和性の高さに驚かされました。
もちろん旅の終わりは物悲しいですが。



それにしても全盛期には不死身で最強と思われていたミュータントも、老いて朽ちて
行くものだという現実は、グッと心に刺さるものがありました。

ボケ老人になったプロフェッサーX(チャールズ)、体内のアダマンチウムの毒素で不死性を
蝕まれ老いて行くウルヴァリン(ローガン)、遺伝子操作された食品の流通でミュータントが
生まれなくなった世界に、兵器として生み出された新世代のミュータント・ローラ。

そのローラにコミックで描かれた自身の過去の活躍を聞かされ、X-MENのコミック誌を
叩きつけて「それはコミックの中だけの架空の話だ!」と激昂するローガン。
この場面は非常に胸に響きました。
いや、本当に物悲しい…あれだけいたX-MENメンバーのみならず、他のミュータントも
全て居なくなった世界というのが実に恐ろしくて…



そしてローラという新世代のミュータントと関わる事で、ローガンは再び血腥い戦いに
巻き込まれる事になります。

政府機関に追われるローラとチャールズを連れ、カナダ国境を目指し旅をするローガン
一行の姿は、今の高齢化社会に置ける家族の在り方と家庭介護の現実をストレートに
突きつけて来ます。


どうしようもない、仕方ない、たくさんの物を諦めて日々を送っていたように見えた
冒頭のローガンの疲れた生活は、その実必死に戦っていた日々でもありました。


そして若いミュータント・ローラを助ける為、ローガンは戦います。
勝ち負けとか、世界を救うとか、御大層な名目もプライドもヒーローに必要な必然性も
何も無く、ローガンは戦います。
とても悲しくて美しくて、残酷で無情なドラマの果てには、希望が守られていました。
例えそれが、ローガンが自ら望んていた物では無かったとしても…



ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスとは対極に位置する作品ですが、
不思議と通ずるものがありました。
多分それは父と子のドラマの本質が同じだからでしょう。
同じテーマでこうも違う作品があり、どちらも最高に良い作品に仕上がっている事が
何よりも素晴らしいと思います。



うーん、まさかローガンがこんなに面白い映画だったとは…ヤラれました(^_^;)
アポカリプスもレンタルで観てみるか…
# by onikibi | 2017-06-03 17:28 | Comments(0)
c0058052_15563004.jpg
c0058052_15565204.jpg
ポッピンQとドクター・ストレンジのBlu-ray到着!
Amazonから昨日届きました。

余談ですがクロネコメンバーズは便利ですねえ。
映画に行くの時間から配達時間をズラして貰って不在無し!
これでクロネコ配送分はもう怖くない!!
しかし値上げ後のAmazon配送がどうなるのかは…分かりませんねえ(^_^;)


そんな訳で惜しい所はたくさんありますが、好きな所は大好きなポッピンQ
オマケのブックレットも豪華でしたが、サントラCDと本編ディスクに映像特典も
満載してありました。

ダンスシーンの特典映像は、何故かポッピン族の方が自然な動きと違和感の無い
映像に感じて、思わず笑みが溢れました。
ポッピン族すげえな(;^ω^)

出来れば続編を作って欲しい作品です。
映画よりもTVシリーズ希望ヽ(*´ヮ`)ノ



そしてドクター・ストレンジ。
こちらも特典映像が毎回貴重なMCU作品ですが、また地球に来てゴロゴロしてるよ
ソーさん…11月には主演映画の三作目が公開するっていうのに、この体たらくでは
敵の強さに関係なくまた大ピンチだな(;^ω^)

本編はまだ見てませんが、派手派手な今までのアヴェンジャーズたちと違って、
異質な魔術世界を描く本作は、映像的には派手ながらもしっとりした作品に
仕上がってる所が大好きです。

エンタメの上限メーターを振り切る勢いの作品が多いMCUの中でも、敢えてカラーを
変えたドクター・ストレンジは、非常に印象的で心に残ります。

いや、MCU作品は全て心に残る作品ばかりですけどね(;^ω^)
毛色の変わったキャラと作品がここに入るというのは、個人的には非常に好感が
持てました。


さて、ポッピンQとドクター・ストレンジをじっくり堪能するとしましょう。

# by onikibi | 2017-06-02 15:57 | Comments(0)
※注意・ネタバレあるかも!!※




















c0058052_19284751.jpg
というわけで映画の日。
今までタイミングが合わなくて行きそびれていた「夜明け告げるルーのうた」を
観て来ました。

いつも通り事前情報無し、「夜は短し歩けよ乙女」の時に予告を見ただけという
繋がるインターネット時代にそれは無いだろう?というくらい事前情報は入れない
スタンスで観て来ましたよ(;^ω^)


いや本当に面白い映画でした。
サイコー!!ヽ(*´ヮ`)ノ

時々クレヨンしんちゃんもかくや、というくらいデフォルメされた動きも含めて
アニメならではの動きと表現が面白さのスパイスになってました。
お話のテンポも良くて飽きさせない作品でした。

音楽につられてみんなが突然踊りだすダンス・シーンはもう最高!!


これは是非一度見て欲しい作品です。
私が拙い言葉を尽くすより、見て感じて欲しい映画ですね。
本当に細かい事はどうでも良くて、見た人の心を揺さぶる、何かが刺さる映画
ではないと思います。

別に何も感じ無くて何も刺さらなくとも全然オッケーですが(^_^;)
ある意味「心のリトマス試験紙」的な所があるかも知れません。


最後に遊歩が語る「ここも日の当たる町になったね」(うろ覚えにつき意訳は許せ)
という言葉は、色々な意味が見て取れてスッと気持ちが晴れやかになりました。


ガチな青春映画であり、素晴らしいファンタジー映画でもありました。
これはまた観に行きたいです。

# by onikibi | 2017-06-01 19:32 | Comments(0)


5月29日から正式リリースされた日本語版googleアシスタント。
今後2二週間くらい掛けて、Android6と7の端末に順次適用されて行くそうです。
うちにはまだ来てません(;^ω^)

用はgoogle日本語入力が、A.Iで受け答えと音声入力の実行までをサポートして
くれる機能…という、ざっくりした捉え方で良さそうです。

概要はリンク先を読んで頂けると分かると思いますが、SF映画やSFアニメで
主人公が話すとコンピューターがか会話して命令を実行してくれるみたいな、
アレが現実に可能という訳ですね。

もちろん精度がどのくらいなのかは、実際使ってみないと分かりませんが…



それ以前に私、googleの音声入力を殆ど使って無いことに気付きました(;´∀`)
以前テレビCMでも散々やってたやつですね。

とは言え、以前手が放せない時に使った経験はあります。
最初は音声入力が実装さた頃、最近ではサイクリングしてた時です。

音声入力の読み取り技術は、以前とは比べ物にならないくらい精度が高いです。
しかもメールの返信も出来ますから、手が放せない時には本当に役に立つ機能です。
日本語音声入力が実用に足るレベルだからこそ、googleアシスタント日本語版も
実現したと言っても過言では無いかも知れません。


では何故そんなに便利な音声入力を普段使わないのか?
それは…スマホに向かって喋る自分の声が嫌だから(;^ω^)

他人と会話していたら気にならないのですが、物言わぬ板に向かって一人喋る時に
耳に残るのが自分の声だけというのは、これほど間抜けで嫌な状況はありません。
いやホント、ビデオ映像の自分の声を聞くのすら嫌になるので(;´Д`)


まあ、そう考えると音声ガイドが会話の相手をしてくれるgoogleアシスタントならば
少しはその嫌な一人会話が緩和されるのかも知れません。
というかそれがgoogleアシスタントの真の目的かも知れない…


まあ実際使ってみないと分かりませんけどね。(;´∀`)


出来ればA.Iの声を好きな声優さんの声に変えられるサービスとか欲しいです。
忍の声とかマルチの声とかで喋ってくれるなら、俺もうgoogleアシスタントしか
使わなくなるな。
うん、それなが出来たらヒットするかも?

というわけでgoogleさん、声優さんヴォイスの配信お願いします。
有料でも金出すぜ!!

# by onikibi | 2017-05-31 20:51 | Comments(0)

結局ペダルも交換…

新しい自転車を手に入れて、嬉しがって仕事が休みの日にガンガン乗り回していたの
ですが、ペダルだけ古い自転車から移植して使っていました。
買った自転車は固定式ペダルだった為に、2階の廊下に置いておく時に邪魔になるので
移植して貰った訳です。

先週トップギアへの入りが渋くなった為に、新車購入後2週間経った事もあって、
買ったお店に持ち込んで車体の初期チェックをしてもらいました。
その時にペダル側の軸受が緩んでいる事が問題になりました。
7年使った折り畳み式ペダル、折り畳み機構事態は問題なかったのですが、移植する時
にも緩みがある事は分かっていました。

取り付ける時に締め直して貰ったのですが、戸田に行ったり秋葉原に行ったり、無意味に
ブラブラ走り回る事が多かった為に、ペダル側の軸受がまたもガタついて来ました。

お店の人は、乗ってる私が気にならないならすぐに壊れる訳では無いので大丈夫と、再び
締め直してくれたのですが、再び緩んでまた締め直しも面倒なので、この際新品に替えて
もらう事に。

折角前の自転車から移植したパーツではあったのですが、やはり経年変化には絶えられ
なかったようです(;´∀`)


c0058052_19213627.jpg
という訳で新しいペダルにチェンジ。
左右セットで1500円のペダルでしたが、お店のカードで割引してもらい、更に買った
ばかりと言うことで工賃もタダで付け替えて頂きました。
ありがとう!!ヽ(*´ヮ`)ノ



c0058052_19215442.jpg
前のペダルは横から水平方向にペダルを車体側に押し込んでロックを外し、折り畳む
機構になっていました。
新しいペダルは、ペダルの中にあるレバーを手前に引いてロック解除。



c0058052_19221454.jpg
解除したらそのまま折り畳めるという寸法です。
押し込まなくて良い分、前に比べると余計な力を入れずに済みます。
一口に折り畳み式ペダルと言っても、色々なタイプがあるんですねえ。


何にせよこれで前の自転車の形見分けだったペダルはお役御免。
フレームが歪んでいた前の車体は既に処分して貰ってるので、ついつい使い道の無い
古いペダルを持って帰ってしまいました(;^ω^)

いやまあ、本当に無駄な心の贅肉でしか無いんですけどね。


ペダルも安いものでしたから、今後はガタが来る前にちゃんと調べて交換するように
したいと思います。
そもそも固定式ではなく折り畳み式ペダルですしね。

まあ運動用は折り畳み、お買い物と遠出はシティサイクルと、ちゃんと使い分けて
安全な自転車ライフを送りたいと思います。

# by onikibi | 2017-05-30 19:22 | Comments(0)

新しい布団を手に入れて快眠を貪ってる間に、今年のインディ500マイルレースで
日本人ドライバー・佐藤琢磨選手が見事な優勝を飾りました!!ヽ(*´ヮ`)ノ
佐藤選手自身、キャリアで初のインディ500制覇のみならず、当然ながら日本人が
世海3大レースの一つであるこのレースで勝ったのも初めての快挙。

佐藤琢磨選手おめでとうございます!そしてありがとう!!

グダグダと私が細かい事を書かずとも、今やニュースで報じられる時の人・時代の
出来事となりましたので、ここは一つ祝杯を上げて佐藤選手のインディ500優勝を
祝いたいと思います(*´ω`*)


まあ今回のインディ500の話題は殆ど全てをF1世界王者フェルナンド・アロンソ
選手のインディ500参戦で埋め尽くされていた感があります。
実際にレースレポートを読むと、エンジンブローでリタイアするまでトップを
争い、初のインディカー・レース、初のオーバルトラックとは思えない活躍を
していたと言うのですから、まごうことなき天才ドライバーであるという事を
世界に知らしめた活躍だったと思います。


しかし!最後に勝ったのは佐藤琢磨選手!!
途中で大変なクラッシュがあり、赤旗で一時レースが中断されるという事態に
見舞われましたが、最後にエリオ・カストロネベス選手との一騎打ちを制した
佐藤選手の初制覇で今年のインディ500は幕を閉じました。



生中継を見られなかったのは残念ですが、ネットでは佐藤選手優勝を報じる
記事が満載、そしてゴールを含めたクライマックスシーンの映像も見れて
実に有意義な月曜日となりました。



昨日はF1モナコGPに全日本スーパーフォーミュラにニュルブルクリンク24時間
レースと、中継だけで一日中レース三昧でしたが、最後の最後を締めくくる
インディ500で日本人の初優勝で大団円を迎えました。
モータースポーツファンにはたまらない1日になりましたね。

ニュルの最後も、本当に最後の最後に雨が来て大混乱になりましたし、伝統の
F1モナコGPもマシンが横向きに倒れてウォールに寄り掛かる大事故があったり
した中で、チームメイトバトルを制し逆転でフェラーリのベッテル選手が優勝。
フェラーリが久々の1・2フィニッシュでモナコを制するという盛り上がりを見せ、
どのレースも見どころ満載でした。


けれども一番大事な事は、インディもF1もニュル24時間も、事故で誰も深刻な
怪我を負うこと無く無事であったという事でしょう。良かった良かった。
いや~、レースって本当に面白いですねえ(*´ω`*)
# by onikibi | 2017-05-29 19:48 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi