ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の今年最大のトピックと言えば
4月に公開される「アベンジャーズ/エンドゲーム」である事に疑いの余地は
ありません。

しかも直前の3月には「キャプテン・マーベル」が公開され、露払いと共に
アベンジャーズ/エンドゲームに繋がる、重要なキャラクターとして映画に
登場します。

長年続いたアベンジャーズ・シリーズが一区切りを迎えた後、新しいMCUの
新フェーズがどのように進んで行くのかという興味の中で、新しいスタートを
飾るのがMCU版スパイダーマンの新作というのは、個人的にテンションが
上がります。


しかも予告の内容が「夏休みをニック・フューリーに支配される!」という
…高校生にとっての一大事はそっちだよね!!

この辺りのティーンエージャーらしい価値観と感性で動く主人公ピーターは
嫌いじゃありません。
むしろ大好きです。

もちろんピーターの心の中内にはラウマも哀しみも正義の心もありますが、
あえて彼の内面で作風を塗りつぶす必要はありません。
その辺りはサム・ライミ版でたっぷりと堪能させて頂きましたからね。


という訳で今年の夏も新しいスパイダーマンで楽しませて貰いましょう!

# by onikibi | 2019-02-22 11:48 | Comments(0)
c0058052_17131718.jpg

私は放送当時このアニメを全く知らなかったので、世間で(と言いつつネット上で)
騒がれていた「女神の紐」という単語しか知りませんでした。
そうですね、女神ヘスティアのあの下乳に張り付きつつバストアップするという
引力を無視した神の御業の紐の事ですね(;^ω^)

それがこのアニメだと知ったのは、Amazon Fire TV Stickを買ったお蔭ですが。

ともあれNetflixで全話視聴を果たし、OVAを見たくてdアニメストアに加入する程度の
ちょっとした興味ではありましたが。

しかし気づけば続編のソード・オラトリアも全話視聴を果たし、もしかして俺このアニメ
結構好きなんじゃね?と自覚した頃合いに、丁度劇場版の上映日が発表されたと言う流れ。


それがこの
劇場版・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-
という訳です。



前置きが長くなってしまいましたが、今週やっと劇場までまで行って来ました。

入場時にはちゃんと特典の小説まで貰えましたよ、力入ってるな!
c0058052_17135030.jpg



内容は…アニメしか知らない私が語るのも何ですし、細かい部分については映画や
テレビアニメをVODサービスやDVD等で見て頂いた方が早いかと思います。


個人的には楽しめました!
衣装が変わってもヘスティアの紐が健在とか、もしかして紐が女神の本体?かと
思うほどの徹底ぷりが笑えるとか、アルテミス結構可愛いな!とか、リューさん
相変わらず俺の嫁だな!!とか、そういう部分が良かった訳ではありません。

ま、当然そこは言うまでも無く良い部分ではありますが…

改めて私は、主人公のベル・クラネルが好きなんだと自覚しました。
14歳の少年ならではの、無謀とも言えるくらい可能性と未来と希望を信じるその
彼の姿と在り方に、魅了されているんだと思います。


今回も彼は純粋な願いを達成しようと、仲間の力を借りて奮闘します。
それは無理な話だと、残酷なまでに大人の視点では分かる願いではありますが、
それでもベルは願い、信じて突き進みました。

多くの人々と世界を救い、女神の願いを果たした結果、彼の純粋なる願いは
成就しませんでした。

それを子どもっぽいと、無理じゃなく無茶な願いだと、大人の私が言ってしまうのは
簡単です。
でも少年の頃の自分はどうだった?と思い返すと、主人公ベル・クラネルの願いは
大人では叶える事が叶わない、少年・少女にのみ許された純粋なる願いであると
誰もが思い出すはずです。


多分その願いは無理な話だ…と悟った瞬間に、人は大人になってしまうのかも知れません。


まあ大人になるのは悪いことでは無いのですが、大人になって自分が得た経験や知識を
出来ない言い訳に割くのは、あまりカッコ良いことじゃ無いですね。

だからこそ届かぬ願いや想いを信じて歌がないベル・クラネルは、眩しくて魅力的なのだと
想います。
私には無理だからこそ輝いて見えるのよ~、トホホ…( ;∀;)



という訳で、私は楽しめましたよこの映画。
人にはオススメしませんけどね☆(*´ڡ`●)

# by onikibi | 2019-02-21 17:15 | Comments(0)

確定申告・申告書類作成

まあね、毎年のことなんですけど、私の確定申告はほぼ領収書や通帳記入、
クレジットカードの支払明細から経費を種別に分けて集計し、計算する事が
一番大変な作業になります。

後は振り分けて算出した経費を元に申告書に記載するだけのお仕事(;´∀`)
その集計作業に追われておりました。



午前中に映画に行っちゃったからね、お蔭で午後はずーっと作業してました。
仕方がないと言うか、自業自得ですけど。

お蔭でやっと申告書の作成が出来ました。
提出書類も添付したしハンコも押しました。
後は明日の朝に自転車で、光が丘の先にある税務署に行くだけです。
今年の5月にやっともとあった近所の場所に戻って来るそうですが、おせーよ!


それでもお花見以外では殆ど訪れることの無い光が丘ですから、たまには
出かけるのも悪くないでしょう。
一応明日は晴れる予定だし。



という訳で、今日見た映画のコメントはまた明日以降という事で。




あ、日本ハムの白村投手が昨日になって突然野手へ転向するというニュースに
驚きました!!
投げるボール自体には威力があったんだけどな~、それだけじゃ駄目か~…
野手に転向しても応援します、頑張れ白村選手!目指せ糸井2世!!

# by onikibi | 2019-02-20 20:44 | Comments(0)



何だかんだ言っても、シーズンオフのテストはテンションが上りますね。
遂にF1のバルセロナ・テストが始まりました。

この時期は各チームが今年の新車を持ち込んでの初走行。
もちろんシェイクダウンは宣伝用の撮影に当てられるフィルミング・デーを
利用して、既に済ませたチームもいくつかあります。

ですが、シーズンを戦う殆どのチームが一同に会して走る合同テストは、
お互い相手を意識しつつ、自らのテストプログラムをこなして走行距離を
稼ぎ、開幕戦に向けて新車を煮詰めて行かなくてばなりません。


初日から飛ばすチームもあれば、新しいシステムやパワーユニット関連の
チェックに勤しむチームや、既に初日から長距離を走り込むチームもあり、
各チームがそれぞれのプログラムに沿った走行を重ねた初日でした。
もちろんトラブルに見舞われたチームもありますが、初日はまあこんなもん
でしょう(^_^;)


今年はフロントウイングを始めとして、エアロのレギュレーションが幾つか
変わって、各チームの開発が成功したのか失敗したのか、これから実際に
走ってみなと分かりません。

近年はシミュレーションの精度が高くなったとは言え、実走タイムと比較
してみて初めて分かる部分も多いので、このテストで車の開発が当たりか
外れか見えてくる事でしょう。


でもまあ、長い(最近はそうでもない?)オフを終えて新しいF1マシンが
コースを走る姿を見るのは、やはり楽しいです。
これからどんどん新しいパーツもテストして行くでしょうし、開幕戦まで
目が離せません。

さて、今年のF1はどんな展開になるでしょうか?


# by onikibi | 2019-02-19 08:39 | Comments(0)



Nintendo Switchのe-SHOPで体験版が配信されていたのでダンロードしてみました。
もちろんこのゲームの事は何も知りませんでしたが、紹介ページで興味が湧いたので
試しに落としてプレイしてみました。

基本は横スクロールのアドベンチャーなのですが、そこからシームレスにアニメーションが
挿入されてドラマが進み、再び画面が引いて横スクロールのゲーム画面に戻るという
探索・思考型アドベンチャーです。

しかしその雰囲気やお話はガッツリ洋物。
ですが柔らかなアニメーションでバタ臭さは感じません。
そしてゲームの操作がちょっと「プリンス・オブ・ペルシャ」を思わせるところもあって、
懐かしさと暖かさと新しさが混在している感じがしました。
もちろん体験版ではペルシャのようなシビアさや死ぬ場面はありませんでしが、この操作の
手触りとアクションは、懐かしさと共に90年台の洋ゲーテイストが、残り香のように上手く
練り込まれていると感じました。


PS4とSwitchでは体験版が配信されているそうなので、興味がある方はちょっと触って
見るのも一興ではないかと思います。

本編のゲームは2月28日から遊べるそうです。
あらかじめダウンロードにも対応していて、お値段も税込で2,980円とお手軽です。
操作の忙しくないゲームを遊びたいと言う人には、程よいアクションとYES/NOの
判断を迫られる思考が楽しめて、面白いゲームなのではないかと思います。


近頃のインディーズゲームは本当に様々なアプローチがあるので、あまり偏らず
自分の好みに合ったゲームが探せるので楽しいですね。
ヤバイ沼だ・・・

# by onikibi | 2019-02-18 12:15 | Comments(0)

いやまあ、今まで目立ってこんな話が出なかったというか、進まなかった事が驚きと
言うくらい、国民的知名度のあるゲームタイトルですが、それ故に普通のゲームを
映画化するのとは訳が違って「一体どの層に向けて作るの?」という、プレイヤーが
幅広い層に渡る人気作故の困難さがあった事は、想像に難くありません。


とは言え、今回の制作発表で出た「ドラクエVをベースにしたお話」とか、監督の
人選などを見ると、ある程度高い年齢層のファンに向けた映画になるのではという
予想が立ちます。

これがコケたら終わりとか、これ一本で終わるとかなら、初めから作らなかった
気がするので、これを足がかりにして子供向けやコアなファン層向けのメディア
展開が、今後なされて行く可能性もありますね。

なんたってビッグ過ぎるゲームタイトルですしね(^_^;)
それに丁度「ゆうべはお楽しみでしたね」のドラマも放送されていた事ですし、
この映画で〆とかでは無く、むしろ欲張らないメディア展開を今後も進めて欲しい
ところです。



とは言え映画が当たってくれるに越した事はありません。
まあどんな映画になるかは不明ですが、出来れば誰もが楽しめる柔らかい作品に
なっていれば良いんじゃないかと思います。

尖った作品はまた今度、あまり目立たずやってくれればいいかな(;^ω^)


# by onikibi | 2019-02-17 13:02 | Comments(2)


実家に帰省していた時に、ニュージーランド在住の9歳の甥っ子も日本に来てました。
南半球は今が夏、ちょうど夏休みが始まる頃合いと言うことで、結局3週間近くも
日本に滞在する夏休みとなった事で、日本の寒い冬と初の積雪を体験出来た事は
彼にとっても良い体験になったのではないかと思います。


そしてもうひとつ、帰省時の新幹線で暇つぶしをするため、私が今回Nintendo Switchを
持って帰った事で、甥っ子は初めてNintendo Switchを体験する事に(;^ω^)

しかもタイミング良く(悪く?)甥っ子の母親である私の妹と、年の離れた社会人やってる
姪っ子と、そして甥っ子の3人が丁度Nintendo Switchの話題をしているところに、私が
Switchを持って帰って大騒ぎになりました。


すげー、9歳の甥っ子にも社会人の姪にも大人気だなSwitch!

結局戻ってる間はずっとSwitchを貸していましたが、あまりにも甥っ子がSwitchから
離れないので「みまもりSwitchを入れて!」と苦情が来る羽目になりました。

スマホのゲームと違って、マリオカートを始めとした任天堂タイトルは、子供の心を掴んで
離さなかったようですね。
お、恐ろしや・・・


しかしまあ、実家の家族の中で唯一Nintendo Switchを買っていたのは、一番年長の
オッサンこと私だった訳ですが…


まあそんな老若男女のハートを虜にするNintendo Switchの新作が、先週木曜日の朝に
配信された「Nintendo Direct」にて続々と発表されました。

Switchを持ちの方は、本体のゲームニュースにて配信された動画をご覧になっているかと
思います。
またYou Tubeの任天堂チャンネルでも配信されましたから、気になる人は既にチェック
済みではないでしょうか?


今回も盛りだくさんの発表でしたが、その中でも「Bloodstained: Ritual of the Night」と
「MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3」が気になりました。
共にアクションゲームで、アクション超苦手な私がクリア出来るはずも無いのですが、
こういう見た目の楽しそうなアクションには、下手でも心が踊ります。

あと「DAEMON X MACHINA」の続報と体験版配信もワクワクしました。
もちろん私はド下手ですが(;^ω^)

当然ドラクエ11Sやファイアーエムブレム風花雪月なども気になりますが、それ以外に
インディーズゲームも目白押しなので、苦手なゲーム意外も楽しく遊べるゲームが
盛りだくさんで選べるところも、Switchの魅力では無いかと思います。


それに場所を選びませんからね!
9歳の甥っ子と遊ぶマリオカート8デラックスは超楽しかったですよ。
初めてCMみたいにSwitch本体の画面を机に置いて、左右のJoy-Conを二人で分けて
持ち、肩を寄せ合って遊びました。
なにこのリア充みたいな遊び方・・・

あぁ、9歳相手に接待プレイをしつつ、勝ってる私が外道なのは言うまでもなく(^_^;)


因みにニュージーランドで売ってるNintendo Switchは、お店で450ドル以上するそうで、
なかなか気軽に買えるお値段では無いそうです。
カナダ人のお父さんは、PS4でオンラインのFPSを遊んでるそうですが、やっぱ子供は
Switchの方が欲しいのね。



買って送ってやってもいいけど、コンセントの変換プラブも要るし、日本のSwitchを
そのままニュージーランドに送って、オンラインサインアップ出来るのかしらん?

まーそれ以前にまず俺がお金貯めないといけないんだけど・・・

# by onikibi | 2019-02-16 17:05 | Comments(0)

私事

c0058052_08562884.jpg

いやまあ、このブログ自体が勝手に個人の思うところを、徒然に書き綴るだけの
タワゴトでしかないのですが…(;・∀・)

先日、母が他界しまして、急遽実家に帰っておりました。

倒れた時にも一度戻っていましたが、葬儀や事後手続きを含めてバタバタした
忙しい日々を過ごして来ました。
とは言え、まだまだ時間が掛かる手続きの多くは、実家に居る弟に任せる事に
なるというのは心苦しい限りですが。


母に対する惜別の念や個人的な後悔は、私の胸に留め置くことなので改めて
記す事はありませんが、葬儀の執り行いや挨拶、長年会っていなかった親族や
従兄弟の面々との交流など、普段の生活では無い経験や体験が出来た事は
良かったかなと思います。

もちろん上手く出来たかどうかは、また別の話ですが・・・


元々は父も家族葬にする予定でしたが、母の友人の連絡先が分からなかったり、
母が地元で35年もレコード・CD販売のお店をやっていた事もあり、急遽葬儀を
執り行う事になりました。

なので納棺から葬儀・火葬と、怒涛のスケジュールで目が回る忙しさを体験し、
テレビや映画等でコミカルに描かれるお葬式の目まぐるしさが、面白くみせる
為の誇張で無いことが分かって、なるほどと思わされました(;^ω^)

また葬儀に関しても、実家が入ってる宗教宗派について私は、その名前を知る
だけで、一体どんな形式で葬儀を行うとかは全く知りませんでした。
お蔭でその辺りも色々と勉強になりました。


因みに我が家の葬儀は仏教ではなく神道でした・・・知らそん・・・


あと葬儀での挨拶は喪主ではなく、家族・親族代表で私がやらされる事に。
慌てて葬儀会社の人にもらった挨拶例文を眺めながら、当日の朝に降った
雪の話を取り混ぜつつ、シドロモドロで挨拶を済ませました。

手伝って頂いたご町内の組内への挨拶も、なんだか流れで私がやる羽目に
なりましたが、もう忙しくて悩む暇もありませんでしたけど。



面白かったこと…と言うには不謹慎ですが、今や地元でも家族葬が殆どで
葬儀を執り行う家庭が激減していまして、葬儀会社の方に

「葬儀のお知らせを告知すると、後日あちこちから葬祭関連のセールスや
ダイレクトメールが山程来ると思います」

と聞かされ、訪問セールのスマートな断り方のアドバイスを受けていたの
ですが、まさか本当に葬儀後、連日我が家のチャイムが鳴り響く事になる
とは・・・心の中で思わず笑ってしまいました。

相手も仕事で上司に行けと言われているのでしょうし、こちらも心構えが
既に出来ていたので、煩わしさより世の可笑しさの方が上回ったのも、
事前に葬儀会社の方に話を聞いていたお陰だと思います。



それより慌てたのは、新聞のお悔やみや葬儀の告知で母が亡くなった事を知り、
後から香典を持ってご挨拶に訪れてくださった方々に対し、地元に住ん無い私が
全然相手を知らないせいで、しどろもどろの対応しか出来なかった事の方が
恥ずかしい失態となってしまいました。

だって連休が開けたら、銀行やら役所への様々な事後手続きがありますから、
そちらは地元に住む弟や父に出向いて貰わなければならないので、必然的に
私が留守番をする羽目になるのですから、こればかりは致し方ないと言う
ものです。

いやいや、致し方ない、じゃねーよ!もっとちゃんとやれよ俺…(;´Д`)

まあ、役に立たない長男は、役立たずなりに頑張ったんですが、力不足は
否めません。


それでもお葬式を経験した事は、色々と勉強になりました。
これを今後の人生の糧と出来るか否かは、私自身にかかるところですけどね。



とう訳で長々とブログをお休みしましたが、振り返って見れば別に大した事を
書いてるブログでは無いですね(;^ω^)

ま、たまにはこんな事もよろしいかと。

# by onikibi | 2019-02-15 09:01 | Comments(2)

ニルウォレット

c0058052_20383688.jpg

人生初クラウドファンディングに申し込んだミニマル・ウォレット。
それがこのNil Wallet(ニルウォレット)です。

ハッキリ言ってカードのサイズに毛が生えた程度の大きさしかありませんが、
長財布を買った今となっては、これくらい小さい方がサブの財布としては
役に立つような気がします。


で、こんなに小さくて財布になるの?という疑問はこれ見た人だけではなく
当然私にもありますので、とりあえずクレカを含めてお店のカード類7枚と
千円札8枚と、小銭942円を詰めてみました。


c0058052_20385178.jpg

うわ、マジか・・・入るぞこれ
もっと見た目がパンパンになるかと思ったけど、意外にもそこまでにはなりません。




c0058052_20390370.jpg

因みに今使ってる長財布と比べたらこれだけ大きさが違います。
それでも小銭やレシートをパンパンに入れなければ、休日用の財布としては
十分役に立ちそう。

いやこれもしかして、小銭とカードを入れるカードケースを一緒に持てば
長財布要らないんじゃね?
ていうかその方が楽だしスマートな気がして来た。


うーん、面白そうだから初のクラウドファンディングに申し込んだというのが
本音なのですが、これは本気でお財布の運用形態を変えた方がいいかも。
よし、今度はミニマルなカードケースと小銭が入るやつを探してみよう。

# by onikibi | 2019-02-09 20:42 | Comments(0)


今週秋葉原で訪れたパソコンショップ・アークから、魅了的なRyzen G搭載の
BOTパソコンが発売されました。

なんと言っても魅力的なのが、最初からDDR4-266のメモリが最初から16GBも
搭載されていて、SSDが512MB搭載されているところ。
もちろんOS付きですから、これで税j込86,184円なかなかリーズナブルなお値段
ではないでしょうか。

あとは好きにカスタマイズすれば良いので、私のようなタイプにはバッチリと
ハマる製品と言えます。


魅力的だなあ…し、しかし…


ま、今は製品ページを眺めて我慢する事にします。
それ以前に明日の東京の雪の方が心配だ。
なんか雪も連休中にかけて二度も降る予報だし、積もるとか言ってるし…

# by onikibi | 2019-02-08 21:07 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi