ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

雨に祟られた今年のル・マン

今年は雨に祟られたレースでしたね、伝統のル・マン24時間レース。
序盤の事故を含めてレ実に11回ものセーフティーカーが入り、24時間レースの中で
5時間以上がセーフティーカーランという異例の事態だったようで・・・

終盤のゴール1時間半くらい前にはものすごい土砂降りに見舞われて、多くのマシンが
突然の豪雨でアクアプレーニングを起こしてコースアウトやスピンによる事故が多発。
マジでこれはレースが赤旗で止まるんじゃないかと思いました。

そんな中でもアウディは強かったですねー。
2位に入ったトヨタもお見事。
今年はレギュレーションの性能調整で、去年とは逆にアウディがウサギでトヨタが
カメの戦略レースをする事になりました。
SCランが多すぎて燃費競争も何も亡くなった為に、速いアウディが非常に強さを
発揮しましたが、結局は24時間走ってその差1周というタイトな結果でした。

序盤の事故でアストンマーチンに乗るアラン・シモンセン選手が亡くなるという
悲しくも残念な出来事がありましたが、今年のル・マンも激戦でした。
やっぱりル・マン24時間は過酷なレースだのう。
by onikibi | 2013-06-24 18:23 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi