ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

フォーミュラE開幕戦

記念すべき電動フォーミュラ・カーの世界選手権、フォーミュラEの開幕戦が
本日北京のオリンピックスタジアム特設コースで行われました。

バッテリーの問題からレース中に車を乗り換えるという奇策でレースを行う
フォーミュラE。
当初はバッテリーの残量を気にしながらのエコレースになると思われていましたが、
実際にレースがスタートした瞬間、さすがはレーサー!
どんな車に乗っていても前を走る車を追いかけて抜こうとします。

結論は「EVとはいえやっぱりレースでした」・・・面白い!ヽ(*´ヮ`)ノ

もうあちこちでバトルが繰り返されて、25ラップという周回数の短さもあって目が
離せない展開でしたね。
特に最終ラップのプロストとハイドフェルドの争いはまさかの接触大クラッシュ!
序盤2位を走りながらもマシン乗り換えのピットインで順位を落とし、3位を走って
いたブラジル人のルーカス・ディ・グラッシが優勝。
世界初開催のフォーミュラE開幕戦のウィナーになり、歴史にその名を刻みました。

日本代表の佐藤琢磨選手は、途中マシントラブルで止まりましたが、何度か車の
再起動を繰り返してレースに復帰。
残念ながら周回数不足で完走扱いにはなりませんでした。

しかしトゥルーリを始めスタート出来なかったドライバーもいて、初めてのレースは
色んなドライバーがトラブルに苦しめられましたね。
次戦マレーシアでは、全員が無事にスタート出来る事を祈ります。


しかしテレ朝の放送は残念でしたね。
フリー走行や予選・決勝を地上波・CS・BSに分けて放送するという分かり難さに
加えて、決勝の生放送をした地上波では放送時間が足らずにファイナルラップの
前に中継を撃ち切るという大失態。

セーフティーカーが入ってレース時間が延びたとはいえ、その程度の時間の余裕も
持ってなかった包装形態に唖然としました。
あれじゃ一切のトラブルがなくレースを終えたとしても、ゴール直後に放送終了に
あるでしょう。
いわんや市街地レースでセーフティーカーのリスクを計算にいれないとか、放送局
として素人なのか?と首を傾げざるを得ません。

もし雨が振ってレースペースが落ちたらどうするつもりだったのか・・・
誰かまともなプロデューサーを早急に付けるべきだと思いました。



まあ、テレ朝の失態はともかく、フォーミュラEのレース・イベント自体は成功だったと
思います。
まだまだ世界初の試みなので、運営上の不手際や技術的なトラブルは、この開幕戦を
叩き台にして今後改善されると思います。

ある意味では期待以上の開幕戦、やっぱりレーサーが集まって車に乗ると、絶対に
激しい競争になると証明されました。
レーサーって凄い!
どんなテクノロジーを使っていても、人間が乗ってヨーイドン!の競争をする限りは、
面白いレースが見られるという事ですね。

次のレースまで2ヶ月以上間隔が空きますから、テレ朝はそれまでに開幕戦を
編集して、地上波で再放送し直した方がいいですね。
放送権を買った以上は、局がその価値を高める努力をすべきでしょう。
ていうか、開幕戦は面白かったんだから是非再放送すべき!
期待してますよ!ヽ(・∀・)ノ


まあ、CSが見られる人は素の日曜日に再放送があるんですけどね(;´∀`)
Commented by ヒロ at 2014-09-14 08:21 x
地方によっては地上波テレ朝が映らず、BS/CSでしか見られないという地域もあったのですが、その地域の人にとっては
「BSで放送が始まったと思ったらいきなりファイナルラップだった」
という唖然となる状況だったそうです。
確かに、地上波→BSのリレー放送となるとその事態も起こり得るわな、と思いました^^;
次までにもうちょっと何とか放送形態をしっかりとしてほしいものです。
少なくとも、地上波で生放送してくれたことは評価しているので。
Commented by onikibi at 2014-09-14 22:14
今の御時世、なかなか地上波でレースの生中継なんてありませんもんね。
その意味ではテレ朝には頑張って頂きたいところです。
by onikibi | 2014-09-13 21:56 | Comments(2)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi