ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

髭剃り分解

今使ってるフィリップスの回転式電動シェーバー。
3つの輪っか状の刃が付いたカバーがボタンひとつでパカっと開くので、剃ったヒゲを
そのまま水洗いして流して使っていたのですが、回転する刃のパーツ部分も全部
分解出来るとは知りませんでした。

今から思えば写真を撮っておけば良かったと思いますが、いつでも分解掃除が可能
なので、分解写真はまた後日という事で・・・


で、回転する刃の部分はカバーに3つ装着してあったのですが、刃を押さえている
パーツを外せば、回転刃とカバーが綺麗にバラバラになりました。

そうすると刃に付着していたヒゲやゴミまで綺麗に掃除出来て、思った異常にスッキリ。
再装着して使ってみると、切れ味も回転の滑らかさも全然良くなりましたヽ(・∀・)ノ


回転刃の寿命が約2年と言われていたので、来年辺り刃を変えようか、それとも
替刃が高ければまた安売りを狙って買い直そうか?と考えていたのですが、
これでまだ暫くは快適に使えそうです。

いや、本当は来年に替え刃を買って来た方がいいんでしょうけどね(;´∀`)



それでも往復式のシェーバーに比べて、刃を綺麗に掃除した後の切れ味の
復活具合はかなり良かったのに驚きました。

確かに3つもある刃を全部分解掃除するのは、往復刃に比べて手間ではありますが
意外にも保ちが良くて、メンテナンスで切れ味を復活出来るという事に驚きました。
もちろん買った当初の切れ味とは行きませんが、元々肌に負担を掛けない軽い
剃り味のシェーバーだったので、肌に優しいまま切れ味が戻るのは嬉しいです。


うーむ、電気シェーバーも奥が深いのう。
切れ味バツグンと言われる日立のロータリー式も一度試してみたいな(^_^;)
by onikibi | 2014-12-07 00:39 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi