ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

栄光のル・マン

c0058052_19283896.jpg

1970年のル・マン24時間レースを撮影し、実際のレース映像と撮影映像を巧みに
併せて作られた、スティーブ・マックィーン主演の名作「栄光のル・マン」
ブルーレイが安く売っていたのでやっと購入しました(;´∀`)

実はBDを持ってなかったSUPER8も併せて買いましたけどね。
未だにAmazonプライム未加入の為、送料をタダにしたくて(;^ω^)

ま、そんな事より栄光のル・マンですよ。
実際のル・マン24時間レースの撮影用に、ポルシェに撮影用カメラを積んでレースに
参戦して完走した逸話は面白いです。
人間ドラマを極力廃してレースを見せる事に専念したこの映画は、レース映画として
普及の名作と言わしめるだけの作品に仕上がってます。

その反面「映画」としてのドラマ性を期待すると肩透かしを食うかも知れませんが。
私は好きですヽ(・∀・)ノ

果たしてブルーレイになって、どれだけ映像が補正されているのか?はたまた
オリジナルの良さと風合いを色濃く残しているのが、今から見るのが楽しみです。
ま、私もテレビとレンタルビデオでしか見た事が無いんですけどね(;^ω^)

本音を言えば、5月に公開された「スティーヴ・マックィーン その男とル・マン」
見に行きたかったのですけどね。
上映を知ったのが映画の終了後だったので、残念ながら行けませんでした。
その後悔の念で「栄光のル・マン」を買ったようなものです。

マックイーンが全てを注ぎ込んで「レース」を描きたかった映画、栄光のル・マン。
時間が出来たらたっぷりと堪能する事にします。
by onikibi | 2016-07-04 19:28 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi