ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

安全なリチウムイオン電池が出来る?

今や生活に欠かせないリチウムイオン電池。
スマホや携帯、タブレットにノートPC、果てはハイブリッドカーや航空機までもが
使うバッテリーとして、広く普及しています。

ですがリチウムイオン電池の最大の弱点というか欠点は「燃えやすい」という事。
ノートPCのバッテリーが発火したり、スマホが爆発したりというのもこれ。
持ち歩いてるけど有害で危険な物なんですよね(;´Д`)

便利だけど実は危険、それが今のリチウムイオン電池です。


そんな現状を打破すべく東京大学が、リチウムイオン電池の電解液として使える
安全な常温溶融水和物(む、むずかしい…)を発見したそうでうす


東大、リチウムイオン電池の電解液として機能する
「常温溶融水和物」を発見


簡単に言うと不燃・無害な有機溶媒に置き換えた夢の「水系リチウムイオン電池」が
出来るという事ですね。

今まではこの水系リチウムイオン電池の開発において、基礎研究レベルでも電圧が
2V以下の性能しか出せなかったそうです。
今回東大が発見した安定した有機溶液「ハイドレートメルト」は、3V以上の電圧で
使える性能で、従来のリチウム電池で使われる有機溶液と同等の性能を出せると
確認されたそうです。


すげー、要は「燃えないリチウム電池」が出来る訳ですね。
これはいち早く実用化に目処を立てて欲しいと思います。
便利な生活を支えるバッテリー、安全であるに越したことはありません。
むしろスマホより大量の電池を使う自動車や旅客機の方が、非常に有益な話かも
知れません。

何にせよ明るいニュースだ\(^o^)/
by onikibi | 2016-08-31 00:50 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi