ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

THOR/RAGNAROK【マイティ・ソー/バトルロイヤル】

※注・ネタバレあり!!※



































c0058052_21162335.jpg

ええ~!移民の歌ってそーいう意味だったの!?Σ( ̄□ ̄;)


ていうくらい驚いたマイティ・ソー/バトルロイヤル。
本日、喉の痛みを押して行って参りました(^_^;)

と言うかね、日本でソーさんこんなに人気だったけ?ていうくらいほぼ満員。
公開初日に祝日が重なったとは言え、そんなに人気だったか?(;´∀`)
と驚く程の客の入り&女性客多目。
クリス・ヘムズワースとトム・ヒドルストンの女性人気の高さを、改めて
思い知らされました(;^ω^)



いや~、宇宙モノって良いですね!!
今回のソーさんは、何か映画全体からガーディアンズ・オブ・ギャラクシーや
最近のスターウォーズっぽいSF感が満載でした。

エンタメ映画としては大満足の出来でしたが、ファンからすると笑いどころ満載、
いくら笑いの神・ロキがいるからって、面白すぎるだろ!!ヽ(`Д´)ノ


冒頭でソーがムスペルヘイムの王・スルトに捕まってるシーンで、鎖に繋がれた
ソーが会話の途中でくるくる回ってるところでもうダメ。
アスガルドに戻って来たら、何故か弟・ロキを称える劇を満面の笑で鑑賞する
オーディンと、巨大なロキの彫像でトドメ。
オマケは似てないロキとソーの劇で、ロキを演じてるのがマット・デイモンと
分かった時点で、両手を挙げて降参致しました(;^ω^)

いやあ、MCUの連中ぱないの!!

ここまでやって笑いを取りに来たら、そらもう日本は太刀打ち出来ませんわ。
降参降参。



2時間10分の上映時間でダレるシーンは無し。
かと言って、息が詰まる展開かというと、前述のギャグを交えるテンポが良くて
リラックスして最後まで見られます。

触れ込み通り最強の敵「死の女神・ヘラ」は、文字通り最強過ぎたのですが、
それが霞むほど話の展開とキャラクターが面白くて、満足感満載の出来栄え。

ヘラさんの能力がどう見ても「アンリミテッド・ブレイドワークス」なところも
日本のオタク的にはテンションの上がるところでしたけど、それが全部を持って
行くどころか、その上を行く展開が満載。
やっぱすげーなMCUは。


そして、これだけ自由なソーのお話が、実はアベンジャーズ・シリーズを繋ぐ
大事なクッションの役目を果たしているのも凄いです。
キャプテン・アメリカが独自のシリアス路線を貫き、ガーディアンズ・オブ・
ギャラクシーが破天荒なスケールを魅せる中で、どうやってそれぞれの作品を
新しいアベンジャーズ・インフィニティ・ウォーに集約するんだろうと案じて
いたのですが、それを担うのがソーさんの映画でした。

こう書くと、ソーの映画の立ち位置が揺らぐんじゃないかと危惧する向きも
あるかと思いますが、そんな事は全然ありません。
むしろ今回のソーさんが一番破天荒な映画じゃないか?と思えるくらいに、
爽快な彼らのお話が出来上がっているのが素晴らしいです。



いや~、MCUは最近、それぞれのヒーローの映画が出来良すぎる為に、そろそろ
失速するんじゃね?という予感が常に付き纏っていたのですが、毎回良い意味で
その不安が裏切られているのが凄いなあ。

まだまだ全然語り足りませんが、本当に面白いです「THOR RAGNAROK」
ラストは是非その目でご覧になって頂きたいです。


今回も大満足(*´∀`*)


by onikibi | 2017-11-03 21:26 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi