ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

新生フリーテルが新端末を発表




昨年すったもんだの末にSIM事業を楽天に売却し、その後端末事業だけで再生を目指しながら
年の瀬の12月に倒産したフリーテル。

日本にまだSIMフリースマホという市場が存在しなかった時代に、SIMフリースマホの開発と
販売を行ったパイオニア企業でもあります。
その後の格安SIM市場の拡大とSIMフリースマホ市場の拡大の中で、事業拡大の投資に見合う
収益を上げられないままフリーテルは倒産しました。



まぁ末期は非常に評判の悪い「とりかえ~る」等の悪手を打ちまくっていたのが残念ですが、
SIMフリー端末市場を切り開いてくれた事には敬意を表しています(;^ω^)



そのフリーテルの端末事業を引き継いだMAYA SYSTEMという会社が、フリーテルブランドの
新製品を発表しました。

フリーテルが倒産しなければ昨年末に発表されていた端末で、今までの端末は1~2世代ほど
古い海外端末を流用し外装を変えた製品を販売していましたが、今回のREI2とPriori5は
自社設計された端末だそうです。
SoCもMediaTekからQualcomm製に変更され、何より故障率の多かった以前の端末に比べて
信頼性の向上に努めたとの事で、実際に発売されてみなければ分かりませんが、以前より
性能も信頼性も上がっていると期待して良さそうです。




今回個人的に注目しているのは、フリーテルの製品を引き継いだMAYA SYSTEMが
eSIM搭載のモバイル・ルーターを開発・販売しており、eSIMを搭載したスマホの
発売を目指しているところです。

eSIMは通信事業者毎に発行され端末に差すSIMカードを廃止し、リモート操作で
通信事業者を切り替えるシステムの事です。
スマホ本体だけでキャリアも格安SIM業者の選んで契約出来るという事ですね。
超便利!


という訳で、eSIM搭載のスマホが国内販売される事に期待をしています。
まぁ、現状では海外を頻繁に行ったり来たりしない人には、言うほど恩恵が無いという
事なんですけどね(;^ω^)
私は新しモノ好きなので、興味津々なのですが。

という訳で国内でeSIM搭載のスマホが出るのを見たいので、新生フリーテルには頑張って
頂きたいと思います。
私が欲しくなるような変態端末をどんどん出してくれ~

by onikibi | 2018-02-10 01:24 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi