ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ZenFone5 2日ほど使ってみて

c0058052_18471024.jpg

えー、思わぬ掘り出し物を見つけて、予定外のZenFone5を買って2日。
一通り日常生活を過ごしてみての感想を書いてみたいと思いますが、
わかり易く使った範囲でのZenFone5の良さを列挙してみます。


・液晶画面が綺麗
・顔認証が便利
・大画面(6.2インチ)なのにコンパクト
・カメラが綺麗&オートフォーカスが速い
・カメラの夜景撮影が綺麗


分かりやすいところとしてはこれくらい。
もちろん前機種のZenFone3との比較です。

液晶画面は前のZenFone3でも不満は無かったのですが、ZenFone5は
クッキリしか感じが増して、色が落ち着いているのに綺麗に見えます。
具体的には白い画面を出して比べると、ZenFone3の方が青味がかっていて、
ZenFone5は比較すると赤っぽく見えます。
というか、ZenFone3が予想以上に青味がかった液晶だったんですね。

実際の液晶画面を見比べると、青味が強いZenFone3の方がより画面を
明るくしないと暗く見えますし、暗いと発色が良く無いように写ります。

対してZenFone5は画面を明るくしなくても綺麗に見えますし、一段暗い
明るさにしても綺麗に写真も文字も見えます。


まー2年使ったZenFone3の液晶画面の経年変化もあると思いますから、
さすがに新しいZenFone5の方が画面が綺麗なのは当然です。

あと、電池の劣化と共にアプリの動作に引っかかりを感じるようになって
いたZenFone3と比べたら、新しいZenFone5は雲泥の差でサクサクと
アプリが動きます。
こちらも当然と言えば当然ですが。

ZenFone3の電池劣化を差し引いても、新しいZenFone5の搭載チップは
型番の数字以上に高速だと感じました。



顔認証システムに関しては前に書いた通り、適当に買ったスマホケースが
分厚過ぎて、背面にある指紋認証センサーに指が届かないという欠陥があり、
仕方なく設定した割には便利だったので感激しました。

しかし顔認証システム(以下 フェイスID)は精度以前に色々と条件があって、
まずメガネを掛けて登録したので、メガネを外すと認証出来ない場面があり
ました。

具体的にには布団に入って横になり、枕と布団に囲まれてフェイスIDを使うと
失敗しました。

それからスプーンや歯ブラシを咥えてフェイスIDを使うと、これまたハネられ
ました。

そして最後に、今日散髪に行って来たのですが…見事にフェイスIDに弾かれて
しまいました(;^ω^)
髪を切る前が結構長くて毛量が多い、谷底ライオンみたいな感じだったので
散髪して一気に短くなると、登録した顔と別人とみなされたようです。

もちろん再登録しましたけどね。
それでも総じてフェイスIDは便利で優秀です。
自分の顔も弾く事があるんですから、まー他人の顔で解除出来る事は無いでしょう。


ていうか、背面の薄い手帳型スマホケースを買い直したい…
高速で認証して取りこぼしも少ないZenFoneの指紋認証センサーは優秀なので、
出来れば使いたいんですけどねえ。

私は胸ポケットにスマを入れるので、室内でよく屈んだ時にスマホを落として
しまうという悪癖があります。
なので全方位保護カバーの手帳型スマホケースが手放せないのです。

でもそろそろポーチにスマホを入れて持ち歩くように変えようかな…
スマホはどんどん大きくなるし。



そしてこの2日間で実感した、ZenFone5のカメラの楽しさ。
A.Iが瞬時に撮影シーンを判断して、最適な撮影モードをこれまた瞬時に選んで
HDR撮影をしてくれるカメラは、噂通り優秀でした。

「広角カメラなんて要るか?」と買う前は否定定期な立場でしたが、実際に
使って撮影してみると「こりゃ楽しい!」に変わるんですから、人間なんて
単純な生き物ですわ(;´∀`)


そして噂通り夜景が綺麗に撮れるもんなのか?と期待と猜疑心を胸に夕闇の街や
夜景を撮影してみましたが、搭載しているイメージセンサーの優秀さと、A.Iで
瞬時に明るさや対象を判断して制御するカメラ機能は優秀でした。



c0058052_18474961.jpg

c0058052_18481372.jpg

適当にシャッターを押しただけですが、以前のZenFone3なら撮影モードを夜間に
切り替えないと、思ったような明るさで綺麗な写真が撮れなかった事を考えれば、
十分に満足行く写真が撮れました。

あと、下の写真は広角で撮ろうとしていたのですが、カメラが瞬時に明るさを
判断して「(広角カメラでは)暗すぎるのでメインカメラで撮影して下さい」と
メッセージが出ました。

恐らくそのままシャッターを切っても撮影は出来たと思いますが、綺麗な写真は
撮れなかったでしょう。
暗いシーンでは「より明るいレンズで撮れ」と、A.Iが判断してアドバイスをして
くれるのは、何も考えずシャッターを切る私みたいな人は助かります。



まだまだ使って2日、音楽も聴いていませんし、3Dゲームもやっていません。
それでも使ってみて不都合や不満を感じる部分が全く無いというのが、実は
一番凄い事なんじゃないかと思ってます。

まあ少なくとAndroidスマホに変えてから、そんな思いをした事は一度もありま
せんが…

Windows mobileは…あれはあれで楽しかったですけどね。

その前はPalm OSの端末にPHSのデータ通信カードを挿して使ってましたが、
あの時代は持ち運べる端末でパソコンのEメールが受信出来たりネットに繋ぐ
端末が殆ど無かったので、便利に使えこそすれ困るような事は別に何もありま
せんでしたが。


まずはこのまま使ってみて、再び何かあれば報告したいと思います。

う~ん、懸案はスマホケースかぁ…

by onikibi | 2018-10-27 18:48 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi