ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ZenFone5 電池持ちはなかなか

c0058052_19522792.jpg

今月の25日に届いてからまだ1週間も経っていませんが、ZenFone5が届いてから
もう1月ぐらい使ってるような、もっと長く使ってるような感覚に陥ります。

それだけZenFone3から乗り換えて違和感が無い事、使っていたアプリはもちろん
自動でデータ引き継ぎが行われるものはそのまま使えた為、新規スマホの設定を
行う移行期間的なものが無いというのも、昔から使ってる感覚に陥る理由では
ないかと思います。


で、1週間足らずではありますが、使ってみての電池持ちはさすがに良いです。
一日外に出て通信してカメラで写真を取り、ツイッターやメールをつかって
外からWeb検索を行ってみても、私の使い方なら丸1日持って更に電池残量が
残っている状態でした。

普通に過ごしていて、頻繁にスマホを見なければ2日半は持ってくれます。

これなら電池容量が少ないZenFone3と同じではないかとも言えますが、
画面サイズが1インチも広がって解像度も上がっている状態を考えれば
十分電池の持ちは良い端末だと言えるでしょう。


電池がヘタっていたZenFone3と決定的に違うのは、電池残量が50%を切って
からの電池も持ち具合です。
丸2年使ったZenFone3はそこからみるみる減って行きましたがが、ZenFone5は
電池残量が30%でもまだまだ減り具合に急激な変化は起きません。

ま、これがヘタったバッテリーと新品のバッテリーの違いです。
やっぱりスマホの電池は新しいものに限ります、当たり前ですが。


あとメインメモリが6GBもある恩恵なのか、外で地図アプリを開いてブラウザで
検索して、なおかつSNSアプリを立ち上げてメールも受信して…と言った、
複数のアプリを立ち上げて切り替えながら使っていても、もたつく場面には
遭遇していません。
もちろんアプリ自体の動作が重いとか、パケットが詰まっているとか、本体に
起因しない状態は別ですが、今のところ大丈夫です。




最後に夕方の室内でフィギュアを撮影してみました。
ZenFone5のカメラで接写するのも初めての上に無機物なので、一体どんな写真が
撮れるのかは全く想像出来ませんでしたが、照明代わりの蛍光灯の影響をモロに
受けた写真になってしまいました。

A.Iカメラとは言え、いえ、A.Iカメラだからそこ、ユーザーが使って使用状況を
学習させなければカメラ機能も向上しません。
今後もチマチマとフィギュアやミニカーの写真を撮ってみて、カメラがどのように
学習して行くのかを見てみたいと思います。


あ~、私の撮り方が悪いというのまでは、A.Iも補正してくれないだろうな~…


by onikibi | 2018-10-30 19:53 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi