ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

店頭販売されるワイヤレスイヤホンの実情に驚愕…

iPhone7のイヤホンジャック廃止から端を発し、この2年ですっかり浸透した
ワイヤレスイヤホン。

世界のiPhoneがもたらした変化により、業界を挙げてワイヤレスイヤホンが
次々と開発されたお蔭で、Androidスマホを使う私も前モデルのZenFone3から
その恩恵を受けて、安いワイヤレスイヤホンで高音質の音楽を無線でエンジョイ
させて貰っています。

今や家電量販店の売り場でも、ワイヤレスイヤホンがズラリ並んでいる状況を見て、
時代の変化を感じずにはいられません。



ところが今回、友達がワイヤレスイヤホンを買うというのでビックカメラとヤマダ
電気の売り場に行ってみたのですが・・・
売り場の表示を見てびっくり!!

対応コーデックが書いてない!!!

しかも店員も知らない!!!!!

マジか!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

目を凝らして探してみても、かろうじて書いてあるのはACCのみ。
それすら書いてなくて、売り場の看板札に「iPhone用」「スマホ用」という
実に雑な分類で済ませている所が殆どで、愕然としました。

ていうか製品の箱にすら対応コーデックが書いてないとか、お前ら正気か???



・・・という憂き目に遭って来ました・・・

あー、そうね・・・日本は殆どiPhoneの国だしね、iPhoneで使えれば確かに
何も問題は無い・・・事は無いだろ!!ヽ(`Д´)ノ
対応コーデックが分からないと、iPhone/iPad以外は全てSBCじゃねーか!!

驚いたのは5千円以上するソニー製のワイヤレスイヤホンの箱にもコーデックの
表記が無い事。
これにはさすがに驚愕としました。
その上製品番号をググってみたら、ネットの評価で「atp-X未対応」という苦情が
検索上位に出てくる始末。

いやソニーさん、あんたのとこXperia出してるじゃないの、あれAndroidでしょ?
売ってるワイヤレスイヤホンがAACとSBCのみ対応ってマジかよ・・・

それ以前に箱に対応コーデックくらい表記して欲しい、お願いだから。



という、驚くべき売り場の実態に接して、少々混乱して帰って来ました。
友達のワイヤレスイヤホンは無事Amazonで注文しましたが。



こういう実態を知ると、世間で高いワイヤレスイヤホンを買って、iPhone以外の
ブルートゥース・オーディオに接続した時に「遅延がひどい」「音が途切れる」
「高いのに音が悪い」とう評価になりますわな。

私はてっきり、世間の人はさぞや素晴らしい音を普段から聞いているからこそ、
ワイヤレスイヤホンの音質にご満足頂けないのかと思っていましたが、多分
違うんですね。


因みに下記によく分かるBluetooth対応コーデックを、エレコムさんが紹介して
くれているページを貼っておきます。

これ以外に細かい事を言い出すとキリが無いのですが、音楽をワイヤレスで
聞きたいという人は、お使いのスマホの対応コーデックを確認して、覚えて
おけば大丈夫だと思います。


今やiPhone用のイヤホン売り場でAAC未対応品は殆ど無いとは思いますが、
Androidやその他の家庭用Bluetoothオーディオをお使いの方は是非、お使いの
スマホや音響製品がatp-X対応かどうか調べてみて下さい。

そして幸運にもapt-X対応であったなら、ワイヤレスイヤホンを買う時には
必ずapt-X対応製品をお買い求めになられる事をオススメします。


専門店ならまだしも、家電量販店では残念ながら諦めるか、自分で対応製品の
番号を調べて買うか、そこまで調べるならAmazon等のネット通販で買う方が
確実だと思います。

今やワイヤレスイヤホンの性能自体も上がっています。
音が良い製品もたくさん出回っています。
今までよく分からないままワイヤレスイヤホンを買って、酷い目に遭ったという
人がいましたら、是非対応コーデックを調べて、低遅延・高音質のワイヤレス
音楽ライフを手に入れて欲しいと思います。



いやー、今年一番リアルで驚いた出来事だったかも知れないわ・・・

by onikibi | 2018-12-07 21:40 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi