ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

Nintendo SwitchにVR KITが来た!!



噂自体は前々から上がっていたNintendo SwitchのVR対応キットが遂に発表されました。
しかもToy-Conだったのか!ダンボールは予想してなかったわ!!



更に驚くのが「Nintendo Labo: VR Kit」に同梱されるVR用ダンボール工作の豊富さ!
単体でも販売される「VRゴーグル Toy-Con」は、なんと手持ちのVR。
頭にバンド等で固定する、手ぶらで被る既存のVRヘッドセットではありません。

これはVR酔いやバンドでの頭の締め付け、頭部の重さに依る首への負担を考えた結果、
手に持ったVRゴーグルを離せばいつでも止められるという、実に任天堂らしい配慮です。


確かにVRヘッドセットは長時間の使用が負担になります。
VR酔いする人などはすぐに外したくなるでしょう。
汗かきの人は汗でゴーグル内が曇ったりします。
現状のヘッドセット方式は、まだまだVRの完成形とは言えないというのが、実際にVRの
ヘッドセットを試してみた私の感想でもあります。


もちろんVRで得られる映像体験自体は、素晴らしいと感じています。
ただ、まだまだハードウェアは過渡期と言わざるを得ません。

その中で逆転の発送とも言える「手に持って覗くVRゴーグル」という発想は無かったわ!
技術的に軽く・薄くするという一方向しか解決手段が無いと思う時点で、自分の頭の
固さを思い知らされた気がします(^_^;)



話を戻せば「Nintendo Labo: VR Kit」の基本中の基本である「VRゴーグル Toy-Con」を
見るだけでも、ちょっと打ちのめされてしまいました。
しかもダンボールで作るし!!
確かにスマホヘッドセットが一気に出回った時に、ダンボールヘッドセットは売ってたけど
手に持って使うものは無かったと思います。


まーこれも画面の左右に物理コントローラーのJoy-ConがあるSwitchならではなのですが。





そしてこの「Nintendo Labo: VR Kit」の他Toy-Conがすさまじい。

「バズーカ Toy-Con」は見ての通り、恐らく本体に仕込んだJoy-Conのセンサーで位置を
把握して、VR画面に出てくる敵を狙い撃ちするというものなのでしょう。
360°の仮想空間を実感するのに最適な遊びとも言えますね。
基本中の基本ですが、プレイヤー自らバズーカを構えた姿勢で敵を撃つというのは、
否が応でもVRを実感させられる良いチョイスだと思います。



「カメラ Toy-Con」も同じく分かりやすいですね。
これはバズーカと同じですが、今度は被写体をこちらが追いかける動きになります。
敵を避けて撃つのとは違い、よりVR空間内の把握が要求されますから、VR酔いなどが
起きにくい人には楽しめそうです。




「トリ Toy-Con」は、見た目はシュールですが、鳥の視点から世界を見渡すVR体験を
もたらしてくれる物でしょう。
これもVR体験においては基本であり、VRってなんじゃい?という人に分かりやすく
実感して貰える絶好のキットと言えるでしょう。




…そして困惑するのが「ゾウ Toy-Con」
見た目のインパクトも凄いですが、何?ゾウ視点のVR??
いやいや、伸ばした鼻の先を持って動かしてるので、もしかしてゾウの鼻先のカメラが
あるという体でのVR体験?

もうここに至るとその発想すら分かりません。
でもぜひ体験してみたい!ゾウ鼻体験VRなんて聞いたこともないし!!!




…更に「風 Toy-Con」に至っては、理解不能を通り越して不可思議な世界へいざないます。
風のVR…ってだけでピンと来ないのに、更に足に付けるってどーいう事?
波乗りみたいに風に乗るVR体験?

ていうか、足に装着した時点でそれVRじゃなくて体感だよね???
・・・教授、これは一体・・・!?




恐らく任天堂はガッツリしたVRゲームをやらせるのが目的では無くて、もっとカジュアルに
VR体験をSwitchユーザーに提供して、VRに触れてもらいたいというのが目的なのでしょう。


VR最大の欠点は、ヘッドセットを付けている人を見ても、周囲の人は何をやっているのか
全く分からないという点です。
しかしこの「Nintendo Labo: VR Kit」で「ゾウ Toy-Con」をプレイしている姿を見れば
「ああ、ゾウのVRやってんのね」と分かる!!


部屋の中で一人でVRやってる姿をおかんに見られても、少なくとも何してるか分かると
いうのは凄すぎませんか?
他人が見たらその姿がシュールであるという点は、全く変わらないのだけど!!!






うーむ、任天堂の狙いは、家族に「なにしてんのアンタ?」と言われるVRの疎外感を
少しでも取り除こうというのが目的なのかも知れない。

そしてその内に、ある日お隣のリビングを覗いたら、家族全員がゾウ鼻を振り上げて
VR体験を共有する未来が来るのかも知れんな・・・



何だろうこの愉快でシュールな未来(;´∀`)

by onikibi | 2019-03-08 00:03 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi