ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 05月 06日 ( 1 )

本日、スーパーアグリF1チームのF1グランプリからの撤退が発表されました。
2006年からF1GPにフルタイムで参加した、日本初のプライベーターチームとして、
日本人オーナーで元F1ドライバーの鈴木亜久里さんをオーナーに、佐藤琢磨選手を
ドライバーにして、F1にチャレンジを開始しました。


コンコルド協定締結前からF1を見続けている私にとっては、日本人の手によって結成された
F1の為だけのチームというのは、長年の夢であり心から待ち望んでいた事でした。

確かにホンダやトヨタがF1に参戦して、日本人ドライバーも日本のタイヤも、今やF1の
世界では当たり前の様になって来ましたが、F1をやる為だけにチームを作り、F1を戦う
日本人と日本のチームが出て来る事こそ、真のレース好きの夢であり本望であると
考えています。


参戦形態はシャーシ・エンジンともホンダから借り受け、ホンダのBチームという歪な形での
参戦でしたが、それでも「F1をやりたいからやる」という、プリミティブなレースに対する
情熱を糧に走る姿は、かつてF1がまだ「F1サーカス」と呼ばれた時代に、危険を冒し
負債を抱えながらもレースに挑む男たちの、熱いレース魂そのものだと思います。


様々な経緯を経て、資金繰りに行き詰まり、ホンダからはチームの売却を命じられながら、
それでも買収先を探してF1参戦の道を探っていた鈴木亜久里代表ですが、遂に本日
その挑戦を諦める事となりました。

何とか買収先が見つかれば良かったのですが、スーパーアグリの置かれた複雑な状況と、
発足時に多大な支援をして来たホンダとの関係により、遂にホンダから求められれた期日
までに、ホンダが納得する買収先を見つけられませんでした。

何とかチームを存続させて、ホンダのBチームを脱却して、完全な一つのF1チームとして
再スタートを切って欲しかったのですが・・・
またも参戦台数が減ってしまうのは残念で仕方有りません。


二輪の世界選手権MotoGPでも、最高峰クラスの参戦台数が少なくなり寂しい限りです。
出来ればF1は参戦台数を増やして、かなかつての華やかなフルグリッドの光景を取り戻して
欲しいと願わずにはいられません。

ありがとう、お疲れ様、スーパーアグリF1チームのみんな。
今後スタッフやドライバーたちが、F1の世界で続けてやって行ける様に願ってます。
by onikibi | 2008-05-06 17:01 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi