ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2013年 05月 28日 ( 1 )

というニュースが飛び込んで来て驚きました。
が、正確には3年前のフェラーリのF1マシンをフィオラノでテスト走行したとう物。

その目的は7月にモスクワで行われるフェラーリのプロモーションイベントで
F1マシンを走行させる為に、可夢偉がそのドライバーを務める事になった為、
事前にフィオラノでテスト走行を行ったというお話。

もう完全にフェラーリのドライバーですね、可夢偉。
もちろん直接今すぐにフェラーリのF1チームでレースをするという話でもなく、
今後フェラーリF1チームに加入出来るという確約もありませんが。
それでも日本人の小林可夢偉選手が、フェラーリのプロモーションの為に
F1に乗るというのは、経緯を考えれば異例の事だと思います。


海外では今回の可夢偉のテストについて、前回のモナコGPでマッサが激しい
クラッシュに遭った事もあり、次戦カナダGPで負傷したマッサの代役として
可夢偉が載るのでは?という噂になっていたようです。
それもあり、決勝後に「マッサは大丈夫」と言っていたフェラーリが、再び
「カナダでマッサを替える事はない」という火消しをする羽目に。

そういった話題はやはり国内より海外の方がお盛んという事でしょうね。
F1の注目度が日本より高い国が多い欧州では特に。


何にせよ可夢偉が元気な様子でなにより。
是非とも来年はグリッドに戻って来て欲しいと切に願います。
モスクワでのデモ走行の前に、まずはル・マン24時間レースだな。
by onikibi | 2013-05-28 21:04 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi