ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 02月 27日 ( 1 )

先日発売された1万4800円(税抜)のスマホ【Wiko tommy】
発売後に様々なレビューがネット上に上がってますが、このお値段でケータイ代わりに使うには
十分な性能である事に感心します。

Zenfone3を買った私ですが、スマホでゲームをしない人間なので、正直宝の持ち腐れ感満載では
ありますが、デジタルガジェット大好きな趣味の部分で大満足なので問題はありません。

ありませんが、格安SIMが浸透しSIMフリースマホが次々と登場する中で、今迄市場にあふれて
いた「安かろう悪かろう」の低価格帯スマホの分野にも、低価格で高コストパフォーマンスの
良品が増えて来た事にワクワクしています。

レビューを読むとこのWiko tommyは、お手軽で日常の使い勝手が良く、性能も値段を考えると
十分なもので、普段使いで困る事は何も無いところが素晴らしいです。

ゲームも一部の高負荷を強いる特殊なゲーム以外はストレス無く遊べる十分なものだそうで、
低価格スマホであっても新しい製品は全体の性能バランスが上手くまとめてありますね。
通信規格や周辺機器の規格も含めて、やはりスマホは新しい方がベターであると言えます。
ベンチマークでは計れない部分ですがこれは大事です。

個人的には今のZenfone3も可能な限り長く使いたいと思っていますが、いかんせんスマホには
バッテリー寿命という逃れられない宿命があります。
交換は可能ですが本体をメーカーに郵送して交換して貰わなくてはなりません。
そうすると、その間は手元にスマホというか、メインの携帯通信機器が無い状態になるので、
大抵バッテリー寿命がスマホの買い替え時となっています。

そういう時にWiko tommyのような低価格スマホを買って、次のメイン機選定までの間を凌ぐ
というのは、個人的には非常に有り難い避難措置にもなります。
そしてそのまま使い続けてしまってもOK!的な、もうこれでいいやとなってくれても全然構わ
ないので、これからもどんどん低価格で必要十分な性能のスマホが出てくれると嬉しいです。


一見低価格だけが売りに見える日本初登場のスマホブランドWiko。
しかし日本の市場に「スマホなんてこれで十分だよ」と周知してくれる存在になってくれたら
非常に面白い存在になると思います。


うーん、つくづく私のスマホ切り替えタイミングって悪いなあと、自分の間の悪さを呪うわ。
Zenfone3を買った直後にZenfone3Laserが日本発売だし…orz


by onikibi | 2017-02-27 12:47 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi