ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 09月 09日 ( 1 )

アストロガンガー

c0058052_19593173.jpg
友達から誕生日プレゼントに、アートストームのメタルテック:アストロガンガーを
頂きました(;^ω^)
本当なら7月の私の誕生日迄に出る予定だったものが、発売延期でこの時期まで延び
やっと届いたので私のところにやって来ました。

当初友達は「アイアンマンのフィギュアだ」と、頑なに言っていたのですが…
まさかガンガーとは、予想の斜め上でした(^_^;)

ていうか、今頃になってアストロガンガーのフィギュアが発売されている事に対して
正直驚きを禁じ得ません。
そーなんだ、需要あるんだ…ブラスター星人も出して欲しい(;^ω^)


c0058052_20001092.jpg
取り敢えず外の化粧箱を開封すると…中にも箱が(^_^;)
ボックスアートがまた強烈。




c0058052_20012719.jpg
中身を取り出して立てると、何故か勝手に首が少し傾いたのですが、そのまま撮影。
なんとも味の有る立ちポーズになってしまいましたが、妙にガンガーに合ってる気が
するので、まぁいいか。
ピントがボックスアートに合っているのもまぁ、これはこれで良いかと(^_^;)


しかし今見ても肌色の顔を持つロボって、インパクトがぱないの!(;^ω^)
昔の記憶など殆ど無くて、東京に来て最後に見た再放送で「こんな話しだったっけ?」
という場面に山ほど遭遇した記憶が、私のおぼろげなガンガーの記憶です。




c0058052_20020135.jpg
そのせいで、頭部の替えパーツに入っていた偽ガンガーの記憶がありません(^_^;)
いや、偽ガンガーの話があったというのは覚えていたのですが、こんな顔だったか
どうかは既に記憶の彼方です。

肌色の顔を持つロボットなのに、こんな分かり易いくまどりがあったら一発でバレる
よなあ、等と大人げない気持ちになりました(;´∀`)



しかし放送当時は、アニメなんて利益を生み出すコンテンツとは思われなかった時代の
作品だったのに、まさか21世紀になって造形物として世に出るとは、当時の人は誰も
予想していなかった事でしょう。
色んな意味で凄い時代になったんだなあと、ガンガーを眺めて感慨にふけっています。



それにしても部屋のどこに飾ればいいんだ?ガンガー…(;´Д`)



by onikibi | 2017-09-09 20:04 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi