ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 10月 10日 ( 1 )



遂に正式発表されたGoogleの新型スマホ「Pixel3/Pixel3 XL」
併せてChrome OS搭載のタブレットデバイス「Pixel Slate」と、ディスプレイ付き
音声アシスタント端末「Google Home Hub」も発表されました。

タブレット端末もパワフルで、かなり力を入れた発表である事が伺えます。

新型Pixel3で驚いたのが、わざわざ日本市場向けにFeliCa対応端末を用意してくれた事。
海外では代わりにeSIM搭載となっていますが、日本ではおサイフケータイ機能が必要
だと考えた結果だと思われます。

失礼ながらGoogleブランドのスマホ市場にとって、さほど数の売れない日本に対して
個別対応を取ってれたという事実に、正直かなり驚きました。


そして売れる・売れないという話以前に、新しいPixel3がデバイスとしてかなり魅力的で
面白い端末に仕上がっている事に、私はテンションが上っています(*´ω`*)


マーケットをリードするiPhoneに負けず劣らず、必要か不必要か?という事よりも、
面白いか面白くないか?という機能を搭載している事にワクワクします。
やっぱり新しいデバイスは「面白い・楽しそう」が無いとワクワクしませんよね。


特にPixel3のカメラ機能は、カタログスペックを謳うのでは無く、楽しさを全面に
押し出した様々な機能を搭載しています。
下記のリンクを参照して頂けると分かりやすいかと。


シングルカメラで全ての撮影機能をフォローして、なおかつ楽しいカメラ生活が送れる
ようにしてるところが魅力的。
スペック自慢を押し出していませんが、実はこのシングルカメラの構造自体もスゴイ。
でもそんな内部構造の数字をいくら並べ立てたところで、スマホのカメラで写真を撮り
たい人には関係ありません。

思えば日本未導入のPixel2のカメラは、スマホ史上最高性能のカメラでした。
しかしカメラの活用法ではなく、プロが評価したその性能面ばかりを押し出していた事で、
かえってその魅力を伝わり辛くさせていたのではないかと思います。

どんなに優れた性能の機械でも、使い方の有難味が分からなければ宝の持ち腐れ、
猫に小判です。
しかも高いものですから、そんなもの欲しいとは思わないでしょう。



個人的にPixel3のカメラ機能はメチャメチャ楽しそう。
そして「A.I」機能を謳うスマホも多いですが、こちらもそのA.Iで何をするのかが今一つ
伝わり難い製品が多い中、Googleは「A.Iの電話自動応答・自動撃退」という、これまた
分かりやすい機能を表に出しました。

あと、カメラで撮った対象物をA.Iが調べてくれる機能も楽しそう。
スペックではなくスマホを使った生活がどう変わるのか?という提案を見せてくれるのは
分かりやすいと思います。

面白そうと思う人は興味を持ちますし、それが何?と思う人は余計な手間も時間も取られ
ませんから、好き嫌いで評価出来る事は大事だと思います。


こーいうのはあまり損得で考えない方が良いんですよね。
損得でモノを選ぶとついつい周りと比べてしまい、選んだ商品の損が気になり出したら
もう始末に終えません。
興味や好きや楽しそうという感情は、損得抜きにして選んだ商品を使えます。

ここ最近の新製品スマホの多くが「対iPhone」を意識していたり、カメラの「数と性能」
を売りにする中で、Googleが「これ使うと楽しいよ」という機能面をアピールしている
というのは興味深いです。


だからこそ私は、新型のスマホよりもリアルタイム翻訳が出来るイヤホンに興味津々です。

Google アシスタントに対応し、リアルタイム翻訳機能が使えるこのイヤホンが欲しい!


・・・しかしAndroid OS9からか~~~~( ̄△ ̄;)
これ使うのに結局高い端末を買わないといけないのか~~~~・・・・


まー来年になったらミドルレンジの製品にもAndroid9が来るだろう。
焦らず待つとするか。




う~ん、楽しい機能が満載のPixel3は欲しいが税抜価格9万5千円か~。
24回分割で買っても税込で月々4275円・・・





やっぱりZenFone5を一括で買うか(;^ω^)

by onikibi | 2018-10-10 13:26 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi