ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 07月 08日 ( 1 )



ミドルレンジの製品を整理して、高価格帯のスマホへシフトする方針に
転換したASUSのスマホ事業。

その先鞭を付ける形になった今年のフラッグシップモデル・ZenFone6
ですが、その性能とは裏腹に、ハイエンドモデルにしては余計な機能を
盛り込まなかったせいで、ライバルに比べて格安の高性能機になって
しまい、海外の通販サイトでは高性能カメラ+snapdragon855搭載の
爆速スマホが手に入るとあって更にセールが加速するという、ASUSの
思惑と違う方向に流れてるような感じです(;^ω^)




いや、FeliCaも完全防水も要らないっていう、私みたいな人間には
嬉しい誤算でしかないので、技適通過が確定しているZenFone6が
いつ日本で正式発売されるのか気になるところ。

いやね、個人的には爆速とかどーでも良いのですよ。
もう完全にデジカメ代わりがスマホになってる私としては、価格が
ミドルレンジでカメラが高性能であればウェルカム。

無線LANや通信SIM搭載のコンデジ+スマホ機能が、今や私にとっては
大事なスマホ機能です。
なので、ZenFone6は大事な選択肢の1つとなります。
もちろん第一候補はGoogleのPixel3aではあるのですが…(;´∀`)


ま、ゆっくり待ちますか。
その内にPixel4も発表されるでしょうし、来年早々かもしくは年内に
Pixel4a(仮称)も発表されるでしょう。

次のスマホカメラの狙い目は高機能デジタルズームとナイトモードだな。

by onikibi | 2019-07-08 20:10 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi