ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

と言うか、よゐこの二人が遊んでる姿が面白すぎて「なになに?」って感じで
ついつい遊んでいるゲームを覗き込んでしまう…そんな不思議な魅力満載。

という訳で「よゐこのインディーでお宝探し生活2」がYouTubeで始まりました。
もう第2回目ですが、Nintendo Switchのダウンロードゲームに豊富に掲載される
インディーズゲームの山から、よゐこのお二人がお試しでゲームを遊んでみて、
その面白さと魅力を紹介する番組です。


前回紹介していた「Ultimate Chicken Horse」も魅力的なバカゲーでしたが、
今回紹介している「Donut County」は、実にシュールなゲームです。

動画を見て頂けたら一目瞭然なのですが「穴」を操作して、そこに物を落とすと
穴が広がり、更に大きな物体やキャラクターを穴に落とすゲームです。

…聞いても一体何のことかサッパリ分からないと思いますが、私もe-shopに
掲載された時は、訳が分からなくてスルーしていました(^_^;)


今回よゐこのお二人(主に破壊神 濱口)がプレイする様子を見て、始めて面白い!
と思った次第です。

やっぱりゲームは人が遊んでるの見てナンボですよね。
やってる人が面白そうに熱中してると、横で見ている人も「なにそれ?」と
興味が湧いて来ます。

遊んでる人がめっちゃ面白そうであれば、自然と横目に見ているだけのゲームに
どんどん興味が膨らんで来て「ちょっとやらせて」となりますわな。


まあそれが今YouTubeで盛り上がるゲーム実況なんでしょう。
体験版をプレイするより、人がやってるのを見る方が、面白いし分かりやすいです。


お値段が手頃で、やるべき事がシンプルなインディーズでは、スマホとSNSで忙しい
現代人に合っているのかも知れません。




・・・ええ、思わず「Donut County」、買ってしまいましたとも・・・(;^ω^)
チッ!商売が上手ぇな、よゐこの二人は


# by onikibi | 2019-04-19 19:43 | Comments(0)
c0058052_18475838.jpg

またまた気まぐれでアニメ映画。
昔のゲーム「グリザイアの迷宮」は好きでしたが、このグリザイア・ファントムトリガーは
ゲームもアニメも内容も全く知りません。
強いて言えばEJアニメシアターのポスターを見ただけで、思いつきで見に行きました。





劇場公開は3月に始まっていたので、まだやっているとは正直最初は思っていませんでした。
丁度仕事が終わった区切りで一丁見に行ってみるか!と、勢いのしぼまぬ内に特攻。



個人的には悪くなかったです。
率直な感想を言えば私は好み。

ただ、まあ例によって「人にオススメ出来るか」と言われると…そこは自己責任で(;´∀`)



今どき確かにこんな話は受けないし、なかなか作れないわな…とは思います。
でもまあ楽しめたので良し!!

あと声優さんは私の好みだらけで、それだけでも耳に良いアニメでした。
最近は種崎敦美さんの声が耳障りよくてクセになってます。
特に今回は好みの声での演技だったので、これだけでもまあ良いかと。
ほら、今日は知らなかったけどサービスデーだったので、1,100円で観れましたし(^_^;)


それと、美浜学園がそのまま使われていたり、グリザイアの迷宮から世界観を引き継いで
いたりと、強くはありませんが引き継いでる要素があるのは驚きました。
タイトルだけで中身とキャラは全く別物だっただけに、前作シリーズを知ってると少し
親近感が湧きますね。

とは言え、前作の情報を全く知らなくとも全然問題無いですけど。


ま、そんなこんなでお近頃決まりのアニメに少々飽きを感じる人にはオススメします。
もちろん自己責任だぞ。

# by onikibi | 2019-04-17 18:48 | Comments(0)

とりあえず仕事中につき




今日はアベンジャーズ/エンドゲームの最新予告でも見ながら寝ます(;^ω^)
毎度のことながら予告映像だけではさっぱり分かりませんね。
だからこそ映画を見た時の驚きと楽しみがある訳ですが。


さて、寝る前にもう一度「八月のシンデレラナイン」でも見るか。
アマゾンPrime Videoでも見られるようになっていて、何気に嬉しい。

個人的に内容は面白いんだけど、これ8月までにナインが集まって試合出れるのかな?
それ以前に1クールでメンバー揃わなかったりして……(;´∀`)



# by onikibi | 2019-04-15 20:58 | Comments(0)
久しぶりに光回線のルーターが通信しなくなるトラブルに見舞われました。
以前にも一度、同じトラブルが起きたことがありました。

その時に有料サポートに連絡して、電話越しに一つ一つオペレーターの指示する
トラブルシュートを試して行った結果、最終的に解決しました。


今回は週末の上、仕事に出かける直前にトラブルが起きた為に、その時に教わった
手順の一番簡単なものから試して行ったのですが、時間切れで放置。

電源を抜いて放置したまま夜に仕事から戻って来ましたが、再度通電して起動しても
光ルーターは相変わらず不通のまま。


最初は、翌日の修理サポート受付時間の開始まで、契約しているスマホのSIMで
テザリングでもしようかと考えていましたが、まずは前回のトラブル時に教わった
トラブルシュートを一つ一つ試してみました。

結果、ブラウザーから本体にアクセスして状態を戻す事に成功し、有償サポートの
手を煩わせる事無く解決しましたが、このひかり電話対応ルーターも使い始めて
結構長いです。
そろそろ壊れてもおかしくない時期かも知れません、ずっと電源入れっぱなしだし。



今回思ったのは、やっぱり緊急用も兼ねて一番安いプランで良いので、データ通信の
SIMを一枚持っておいた方がいいなという事。
スマホのテザリングも出来ますし、スマホでネット検索してトラブルシュートも探せ
ますけど、これ電話端末でもありますし、メールやLINEで連絡も取っているので、
一つの端末で緊急時とはいえあれこれデータ通信端末を繋げて賄うのは厳しいです。

何か安いモバイルWi-Fiルーターを買って、千円の月額データSIMを持って置く事は
保険と思えば高くないのでいかと思いました。

ノートPCも持ってますし、使ってるタブレット2枚もSIM無しのWi-Fi専用端末なので、
出かける度にスマホのテザリングをオンにするよりは有益に使えるでしょう。


お絵かき専用に買いたいと思っているレイトレックタブ10インチも当然Wi-Fiですし、
そろそろ本気でモバイルWi-Fiルーターを買えと、今回のトラブルが促しているような
気もします。



……単に膨れ上がった物欲という気もしますが……気の所為ダナ(;^ω^)

# by onikibi | 2019-04-14 11:26 | Comments(0)
c0058052_11433068.jpg

という訳で機能届いた「Nintendo LABO VR KIT ちょびっと版」
元々Nintendo SwitchにVR対応機能が付いていた事は報道されていましたが、果たして
任天堂が対応するのか否か?という問題がありました。

まだまだ現在市販されてるスタンドアローン型VRゴーグルでさえ、やっと販売する
価格と性能の入り口に来たという感じなので、そもそも世の大半の人はVRの楽しさも
必要性も感じていないのが現状だと思います。

今現在で一番分かりやすく有益なVR体験は、アトラクションや観光地で使うVRでは?
と正直思います。

私みたいに新しいから体験してみたい!しかもまだ製品として完全じゃなくとも!!
なんて思う人間は、ネットの中に比べて現実は遥かに少ないでしょう(;´∀`)



c0058052_11434614.jpg

なので任天堂が取った手法は
「VRってなんじゃい?」
という疑問への回答。


しかもダンボール工作を経てVRへと至る、完全体験型のDIY VR。

実際VRゴーグルの組み立ては、徐々にVRへと近づくワクワク感の盛り上げに一役
買っている事は間違いありません。




c0058052_11441464.jpg

実際手順に従って組み立てたVRゴーグルは、ダンボール製だけあって軽いです。超軽い。
これならNintendo Switch本体を差し込んで、手に持ったとしても苦痛ではありません。
むしろVRは人によって急激なVR酔いを引き起こす場合もありますから、VR体験が目的の
Nintendo VR KITは、すぐに手を離せば済むので安全とも言えます。


そもそも対象が7才以上ですから、7才が安全に使える基準という時点で驚きです。

とりあえず組み立てたVRゴーグルで対応ゲームを遊んでみた感覚は、ちょっと驚きの
体験でした。
手に取って覗いた瞬間に、既に自分の動きに合わせて画面中に見える世界が動いています。

当然ですが、Switch本体やJoy-Conがジャイロやセンサーの塊なので、Switch本体を
差し込んだVRゴーグルは、それだけで見事にVR機能を果たしています。

手に持ったVRゴーグルと共に頭や体を動かせば、VR空間内を自由に見渡せるというのは
既にスマホのVRで体験済みではありましたが、やはりSwitchの専用ソフトで体験出来る
というのは新鮮な感動がありました。

あとシンプルにブロックや物を動かしたり、ラジコンカーを走らせて積んだブロックを
倒したり、ロボットを操作して上下左右後ろのVR空間内にある物を動かしたり壊したり、
複雑な事を一度にやらせないというのは、VR空間内を把握させるのに有益でした。

いやもうホント、物理演算で転がっていく物を探すのに、部屋の中をぐるぐる見回して
探しましたよ(;´∀`)
もちろん仮想空間内ですけどね、当然私自身も部屋の中で動いてました。

VRゴーグルだけで十分遊べる事に驚きました。
これはバズーカを組み立てて遊ぶのが楽しみだな。


もちろん解像度の低さゆえにドットが見える事は致し方ありません。
それは倍以上の解像度があるZenFone5を使って見ても分かる事なので、気にしても
仕方がないというか、完全再現されたVR空間で転がるオブジェクトを追い回してると
全く気にならなくなります。

目的はVR体験と、そのVR空間を使った遊びがメインですから、高解像度のVRは
今後の業務・医療用機器や、お金持ち向けの高額VRにお任せしましょう。



とりあえずちょびっと版を買ったけど、これ鳥とかカメラを買い足したいな。
と言っても買い足すのはダンボールの組み立てパーツだけですが(;^ω^)
まずは忙しい仕事や他の作業が終わってからになりますけどね。
でもバズーカは楽しみだな。


あと、ゼルダやマリオデ以外の他の既存ソフトも、VR対応が増える事を期待します。




…これ、間違いなくSwitchを入れて頭にバンドで留めるヘッドセットが販売されるよね…
任天堂製が出るかどうかより先に、海外の製品でたくさん…

安いと買っちゃうな(;^ω^)

# by onikibi | 2019-04-13 11:45 | Comments(0)


定額の音楽配信サービスが今や「音楽を聞く」主流になって感があります。
私もアマゾンPrimeサービスで利用出来るPrime Musicで、ラジオ代わりに音楽を鳴らして
聞いているのが現状だったりします(;´∀`)


言うてもおっさんですから、数々のCDは未だに手元にありますし、オタクですからアニメや
映画の気に入った主題歌・サントラは定期的にCDで買っています。
但し買った音源は即座にリッピングして、データをPCとスマホに入れて聞くのが現状ですが。

そうやって聞いていると、ついつい自分の好きな曲や、気分に合わせた音楽を集めたマイリストを
作成して、そればかり聞くようになってしまうので、買ったCDから聞かなくなった曲も多々
あったりします。


そんなとき、ふと元のCDを聞きたい気持ちになる時があります。
けれどせいぜいプレイヤーからアルバムを選択して聞くのが関の山。
たまにはコーヒー片手に、CD一枚を聞くというのは贅沢な時間なのではいでしょうか?


まあご多分に漏れず、我が家にも既にCDプレイヤーは存在しません(;´∀`)
CDデッキなんて21世紀になって不燃ごみに出してしまった記憶があります。
しかし今更CDプレーヤーを買うのもなぁ…ポータブルは安いけど、それならパソコンの
CDドライブに入れて聞くのと大差ないし。

という気分の時に見た記事が、上記のCDプレーヤー。
本体にバッテリーを備え、Bluetoothに対応しているのはもうちろん、ステレオミニジャックや
光デジタル端子の外部出力を用意してあるところも便利。

何より外観が据え置き型のプレイヤーとして鎮座する、見事にシックな佇まいを見せています。
小型で便利というデジタル機器の常識とは逆で、むしろ置いて使う事が前提の不便にすら映る
デザインにも惹かれます。


お値段は12,000円とお手頃で、決して高級品ではありませんが、CDしか聞けない据え置き型の
プレーヤーを買って、部屋でCDを聞くという時間を楽しむという「形を整える」という物なら
悪くないのではないかと思います。

本格的なオーディオを揃える訳ではありませんが、パソコンのCDドライブで聞くよりは断然
「CDで音楽を楽しむ時間」を作るには丁度良いかも知れません。



うーむ、確かにここ数年「CDを聴く」なんて事やってないなあ

# by onikibi | 2019-04-12 09:14 | Comments(0)

新海誠監督の最新作「天気の子」
最新予告が公開されましたが『予報』とはなかなか洒落てますね。

前作「君の名は。」の大ヒットは記憶に新しいところですが、それだけに
今までの「新海映画」と違い、多くの人が公開前から興味や期待を抱き、多くのメディアに
取り上げられるというのは初めての事かも知れません。


いつものように「新海誠監督らしさ」を求めつつ、勝手な期待を抱かぬよう、ニュートラルな
心で映画の完成を待ちたいと思います。


正直「君の名は。」も、中身の大半が抜群のエンターテイメントで楽しめた内容だっただけに、
ラスト直前、瀧と三葉の二人が雪の振る歩道橋ですれ違った時は
「泣くほどじゃねえよ、いつもの新海誠だよ、平常運転じゃねーか…グスッ…」
と、大人の余裕で落胆に構えていた事を思い出します(;´∀`)


ま、要は見終わるまで色んな意味でハラハラさせられるのも、何度落胆しても裏切られても
新海誠監督の作品を見てしまう魅力の一つなのでしょう。

ぶっちゃけ引き込まれる映像世界だけでゴハンが食べられる監督なので、エンタメ性が加わった
今となっては楽しみしかありませんが、ファンの勝ってな思い込みと期待は作品を殺す毒にも
なってしまうので、期待はしつつも、期待が勝手に暴走してモンスターにならぬよう、予告編
以外の余計な情報は耳や目に入れぬよう、公開される事を心待ちにしたいと思います。


さて、また「君の名は。」のBlue-rayでも見るか(*´ω`*)

# by onikibi | 2019-04-11 09:33 | Comments(3)



前から5分アニメや10分アニメは深夜帯のオタク向けにもあったんですが、今期は15分という
10分よりもう少し展開を膨らませられるアニメ枠が増えました。

リンクしたのは見た作品のほんの一例ですが、まだまだたくさんありますよね。


今までこの手のショートアニメは、チェックしてたら本数が増えるので、録画・再生が面倒という
超個人的に横着な理由だけで敬遠していたんです(;^ω^)
ところがアマゾンPrimeやabemaTVやNetflixにdアニメストアなどの、いわゆるVODサービスに
加入してからは、見るのが本当に楽になりました。

新作が追加されたらボタンを押して再生するだけ。
なんということでしょう、横着な私も大満足です。



という理由も大きく手伝って、今期はショートアニメが面白いです。
なにしろ短くて見やすい上に、スナック感覚でひょいパクっと見れるのが良いです。
忙しい現代人にピッタリとマッチしているのかも知れません。


…その割にNetflixで配信されたULTRAMANは、ガッツリと全話見てしまいましたが(;´∀`)


ま、それはともかく、今期は見るのにも疲れないショートアニメが豊作です。
なにより放送時間を気にしたり録画しなくていい環境というのは本当に楽。
仕事を終えて家に帰って、VODサービスの新着をチェックして来てたら見るだけ。

(ネット)世間の騒音に煩わされる事なく、自分のペースで見たい作品だけを見る。
う~ん、シアワセ(*´ω`*)
しかも時間が取られないショートアニメは、生活のお供にピッタリです。

(15分アニメ3本続けて見たら45分じゃん…という、非人道的な事は言わない方向で)


# by onikibi | 2019-04-10 12:37 | Comments(0)


次世代無線通信規格の5G、理論値とテスト環境下の実行速度は凄いです。
固定回線より速いテストでの実測値には驚くばかり。
いよいよ固定回線よりも優位に立つのか?と思わずにはいられないレポート結果です。

けれど今の4Gだって、理論値は325Mbps以上、利用速度は下り75Mbps~100Mbpsを謳っては
いますが、実行速度は住んでいる地域やトラフィックの集中時間・エリアで随分と下がります。

それこそネットのエリア速度検証で、自分の使ってるキャリアは速いはずなのに、実際自分の
端末では重いなと感じる人もいるでしょう。
ネットの実測検証では激重と指摘されたMVNOを使ってる人も、いやそんなに困らないという
人だっていますから、一概に発表される速度が必ずしも各個人の端末速度とイコールでない事も
混乱する一因になったりします。


5Gもまだテスト段階、実際にスタートして現行4Gに取って代わった時に、一体どれくらい
速度を維持出来るのか、そして価格はどうなのか?という事が一番重要だと思います。
それは今の4Gでも同じですけどね(;^ω^)


恐らくスマホを生活の一部として使う多くの人々に取って必要なのは、理論値の高速化ではなく
実行速度の底上げとトラフィックの解消が一番では無いでしょうかね。
現実的にはそれが求められている事なのだと思いますが。
一部の人やコンテンツ・サービスを提供する側からすれば、高速通信は大歓迎でしょうけど。


なので個人的に5Gに期待している事は、今の4Gに比べて同時多数接続が10倍になる事と
4Gの10分の1と言われる低遅延になる事です。

テストで出る速度上限なんざ、どーでもいいんですよ。
トラフィックの緩和と低遅延が、今の4Gより確実に(理論的にには10倍)良くなるというなら
それが一番だと思います。



なのに動画のカメラ映像を4K8Kストリーミングするとか、せっかく上がった速度を無駄に使って
5G通信のトラフィックを増やすんじゃねえよ!!ヽ(`Д´#)ノ
それこそ別途専用回線を確保してやれや!!!


とまあ、あくまで個人的感想でしか無いので、あしからず。


結局5Gが一般に普及した頃は「この時間ネット超重てぇ!」「(8K)動画クッソ遅ぇなオイ!」と、
今混雑してる場所と時間帯で起きる不平不満は何も変わらぬ予感がします・・・

# by onikibi | 2019-04-09 09:46 | Comments(0)


平成が終わる今、振り返るとビデオデッキは平成三種の神器と言っても良いくらい
普及していた気がします。
留守番電話と同じく、有って当たり前と言いますか、留守録機能で夜や週末に
見たい番組を後で見る、というライフスタイルが当然の日常風景でした。



そんな私もDVD/ブルーレイ時代になってレコーダーを買いましたが、
昔ほど地上波番組を録画しなくなりましたし見なくなりました。

ほぼほぼ深夜アニメの録画用(;^ω^)


それも今はFire TV Stickを買って以来、VODサービス加入で殆どアニメも録画
しなくなってしまいましたが。


テレビ離れが進む今のご時世は、テレビの録画環境の有無も含めて、人によって
優先度は随分変わったのでは無いかと思います。

そんな中、スマホで利用出来たTVer(ティーバー)のサービスが、Fire TVや
Android TVに対応した事は、利用したい人に取っては朗報ではないでしょうか。
スマホで見れれば良いという人もいれば、やはりテレビの大画面で見たい人も
いますからね。



何にせよより一層テレビ離れが進みそうな気がしますけど、モニター画面で
コンテンツを楽しむ形自体は、まだまだ残りそうです。

# by onikibi | 2019-04-08 20:00 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi