ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
仕事が終わったので、後付のカゴを装着するためビックロに預けていた
電動アシスト自転車を受け取りに、明日新宿に行って来ます。
ついでにバルト9でもう1回青ブタの映画を見て来よう、パンフレットが
売ってるといいなあ…




そして仕事が終わるとパソコン組みたい熱が出てくるので困ります(;´∀`)
サファイアのグラボ、1.5万で8GBのメモリ乗っけてるの良いなあ。
私のパソコンの使用目的ならこれで十分どころか、お釣りが来ますわこれ。


まーパソコン組むのはもうちょっと先になるでしょうけど、仕事が終わった
後くらい、自作の夢を見させてくれ~

# by onikibi | 2019-06-25 23:05 | Comments(0)
c0058052_03300060.jpg

写真は充電中の図。
ペアリングボタンはMicro USB コネクターの隣、電源ボタンとボリュームは
USB コネクターの反対側にあるので、首にかけて操作するのに便利です。


しかしちゃんと充電して使ってみると、だんだんと音声設定やら音量調整の
正しいやり方が分かって来ました。
そうしたらテレビモニターの音声出力も、目一杯上げなくても普通に聞こえる
ようになりました。


「よかった、これで解決ですね」
(ゼノブレイド・シュルク談)


解決してしまえば、これは実に便利なデバイスですね。
前々から欲しいと思っていたのですが、買ってみれば「もっと早く買えば良かった」
という感想です。

耳を塞がずに音楽が聞ける、テレビの音声が届く、たったそれだけの事なのですが
本当に便利。
カナル型イヤホンの重低音と比べたら、低音の弱さに最初は少しガッカリしましたが、
アニメを聞いてると音楽やSEの響きが良くて、なるほど、安物でも4スピーカーを
上手く使って音を出してるんだなと感じます。


やっべー、これ3万くらいのBOSEとかソニーのネックスピーカー買ったら、超すげえ
音いいんじゃね?
サラウンドのスピカーシステムをしつらえるのは、環境的にも厳しい我が家。
もしかてサラウンド対応の良いネックスピーカーを買うというも、アリなんじゃね?
超ありありじゃね?

というくらいに夢が膨らむネックスピーカー。
うむ、買ってよかった(*´ω`*)

# by onikibi | 2019-06-24 03:30 | Comments(0)
c0058052_12205850.jpg

前々から欲しいと思っていた首掛け式のネックスピーカー。
Amazonのタイムセールで安物が売っていたので、お試しと思ってポチって
しまいました(;^ω^)

お値段3千円程度の商品ですが、一応Bluetooth接続で1回の充電で約10時間
使用可能。


取り敢えず取り出して確認しましたが、重さ80gというのは想像以上に軽い!
首が超太い人はちょっと装着が困難かも知れませんが、私程度のデブならは
問題なく装着出来ます。

首の内側の面にMicro USBコネクターがあるので、装着したままの充電は
出来ないと書いてありましたが、私は問題なく首にかけて使えます(;´∀`)

L字型コネクターを使えば、ほとんどの人が充電しながら使っても問題無い
ような気がしますので、付属のMicro USBケーブルをL字型コネクターに
すれば良いのにと思いました。


ペアリングは簡単で、電源をONにしてペアリングボタンを押すだけ。
一度でもBluetooth機器を使った事がある人なら、迷うことは無いと思います。
ただ、説明書が英語オンリーなので、ヘッドフォンやBluetoothオーディオの
知識が無いと、英語が分からない人にはちょっと手間かも知れません。

私は英語はダメですが、この手の機器の扱いには慣れていたので、それらしい
単語だけ拾ってボタンを押したら使えました。



安物なので色々期待はしてませんでしたが、音はこのお値段のスピーカーとしては
十分かと思います。
ハイクオリティな音質を求めるならば、イヤホンタイプのものやヘッドホンの方が
良いと思います
あくまでこれ、スピーカーですから。

個人的には夜のFire TV視聴時に使うとか、自転車に乗る時にはイヤホンを使う事が
法令違反になるので、自転車で音楽を聞きたい時に使うのが目的です。



対応コーデックがSBCとAACなので、apt-Xが使えない事がデメリットとなりますが、
今の所SBC接続で途切れる事も無く、気になる程の遅延も感じられません。
お試しで買った安物ですが、ハッキリ言ってこれで十分な性能と感じます。

もちろんこの製品が2万円を超えているなら、ちょっと納得しかねますが、お値段を
考えると価格以上の価値があると感じています。



ただ1つの難点は、この製品の不具合ではありませんが、私が以前買ったミニジャック
接続でテレビやオーディオ機器から電波を飛ばすBluetoothトランスミッターで、
この製品に音を飛ばすと音量が非常に低い事。

カナル型のBluetoothヘッドフォンなら問題無かったのですが、スピーカーで音を出すと
かなり小さいので、テレビ側の音量をかなり上げないと音が小さいです。

スマホから音楽を飛ばす分には、イヤホンと同じ音量で問題なく聞こえるんですけどね。


まートランスミッターに関しては、後日また調べてみようと思います。
それよりも、このお値段で首に掛けて十分使える、普通に音楽が聞けるというだけでも
予想以上の便利さです。


もちろん音は外に漏れるので、あまり大音量で聞くと外では周囲に迷惑を駆ける事に
なりますので、外で使うときには注意が必要ですが、イヤホンと違って周囲の音が
普通に聞こえる便利さはスバラシイ!

それに自分の耳で聞こえる音量と、首から蓮して外向きで聞く音量には倍近い差が
ありますから、1mも離れたらうるさく感じる音量ではありません。
とは言え人混みの中で使うには気が引けますから、外なら自転車オンリーで使う方が
良いでしょう。


個人的には耳を塞がないというのは、非常に開放的で楽です。
夜間にVODサービスの映画やアニメを見る時には、かなり便利に使えそうです。


うーむ、テレビ側のボリュームを上げれば良いとは言え、トランスミッターの問題は
なんとか解決したいな…

# by onikibi | 2019-06-23 12:27 | Comments(0)

※注意・ネタバレあり※



仕事の間のお休みが出来たので、急遽行って参りました。
映画「きみと、波にのれたら」

湯浅政明監督最新作…と言っても、私は湯浅監督の作品は「夜は短し歩けよ乙女」と
「夜明け告げるルーのうた」くらいしか見てませんので、偉そうに語るべきものは
持っておりません。

それでもこの監督ならではの、シュールな表現というオブラートに包まれた、人の持つ
本質的な部分対する問いかけには、結構感動していたりします。

なので今回も劇場で目にする予告以外は一切情報を入れないで見て来ました。
そしてまた、それが大正解だった訳ですが…(;^ω^)


予告だけ見てると、あれが映画の全てという感じに騙されますが、まあ大勢の客を呼ぶ
という意味では当然の宣伝かと思います。

一応ネタバレありと書いてますが、内容のアレコレをどうこう言う作品では無いと思って
います。
それでも宣伝に出てくる港とひな子の二人以外が、案外重要で結構面白いキャラだったり
するのが非常に良いですね。

関わった人全てが、人を作り育てる糧となるんだなという事を、改めて思い知らされます。


ぶっちゃけ、港の妹である洋子はどストライクですわ(;^ω^)
こういう捻くれたキャラ大好き!
そして人と関わり、人に影響され、少しずつ変わって行く様は最高にイカしてます!
言ってる事が最後に逆転する様も爽快ですね!!


洋子最高!!!


これはルーのうたに続いてBlue-ray買っちゃうな、マズイ…マズイぞ…


という訳で、宣伝なんて気にせず、心の赴くままに見て頂けたら、きっとあなたの心にも
響くものがあるはず。

# by onikibi | 2019-06-21 13:54 | Comments(0)

8月30日に発売予定のゲーム、ASTRAL CHAIN(アストラルチェイン)
個人的にはアクションゲームはゲロ吐くほど下手くそなのですが、映像見てると
遊んでみたくなるのがガンですね(;^ω^)

アストラルチェインは世界観が近未来っぽいのと、捜索・探索要素があるだけで
興味が湧きます。
もちろんアクションを駆使して敵を倒さないと一歩も先へ進めない事は承知の上
ですが、Nintendo Switch Online加入で1万円で2本のソフトが買えるチケットの
対象になっているので、かなり心動かされてます。


ま、実際買っても私の腕前では、クリアどころか前半で挫折するのは火を見るより
明らかなのですが…


とは言えゲームというのは興味が最大のエッセンスなので、クリア出来るとか
ゲームで勝つ達成感が目的では無い私にとっては、興味の無いゲームは例え
世界の全てが称賛していても、やりたいとは思わない類の人間なので、出来も
しないゲームを買って自爆する事も、喜びの1つでしか無いのでしょう。


思えばウルティマ・アンダーワールド2もクリアしてないなあ…
主に英語が理解出来ない事が最大の障壁だったけど(;´∀`)



何にせよ興味があれば、出来る・出来ないは二の次なので、楽しみに発売日を
待つ事にしましょうか。

# by onikibi | 2019-06-20 12:03 | Comments(0)


ワコムが新しい汎用スマートペン Bamboo inkの新型を発表しました。
新型は2種類で、電池方式からバッテリー方式に変更され、傾き検知にも対応した新しい
Bamboo ink Plusと、付属品を省いた従来型と同じ電池式ながら、ペンのデザインが
一新されたBamboo inkの第二世代、こちらは傾き検知には未対応ながらなんとお値段が
5500円と、同じ性能の従来モデルより3千円以上お安くなっています。
両方共に筆圧感知は最大4096段階となってます。


ワコムアクティブ静電気結合方式(AES)対応のデバイスと、マイクロソフト・ペン・
プロトコル(MPP)方式に対応したタッチペンデバイスに使用出来るとの事なので、
市販のWindows10ベースのタッチペン対応PC(主にタブレットや2in1ノート)で
使用出来ますが、お値段が下がった第2世代Bamboo inkは、魅力的な商品なのでは
ないかと思います。

今まで高い高いという印象が強いワコム製品ですが、タッチペンが使えるデバイスが
増えて来た昨今、お値段を抑えた製品の投入は素直に喜びたいと思います。


確かにワコムのBamboo inkは、一度使ってみたいとは思っていたので、機会があれば
買って試してみるのも良いかも知れません。



でも今は電池レスのペン使ってるしな…
…道具以前にまずは自分の画力を上げる努力をしないと (;・∀・)

# by onikibi | 2019-06-19 12:56 | Comments(0)
c0058052_13172517.jpg

日曜日に自宅のある江古田から豊洲まで、電動アシスト自転車で走ってみました。

私の買ったパナソニック SWは、20インチの小径ホイールを履いた小型ママチャリ
タイプの電動アシスト自転車です。
車重は21.6kgで変速無し、電動アシストもモード切り替えの無いシンプル設計で、
アシスト距離はカタログ値で約36kmというバッテリースペック。

これで果たしてどれだけちゃんと走れるだろう?元々近所の買い物用途として
作られた自転車で、道路行程で片道約20km(Googleルート検索結果)を走るのに
適しているかと問われると、まあ若干無理してる感は否めません(;^ω^)
(あとGoogleのルート検索で出る距離はあまり信用してない…)


ですが腐ってもパナソニック自転車のママチャリ設計、丈夫さは言わずと知れた
実績があるので、後はゆっくり焦らず走ってみようと思いスタートしました。



さて、目的地の豊洲(正確にはららぽーと豊洲)までは、電車を乗り継ぐと自宅から
約1時間、小型のママチャリで走ると一体どの程度の時間が掛かるものかと思って
いたのですが、ゆっくり走って約1時間半で到着しました。

しかも行きはほぼほぼ下り行程という事もあって、結局一度も電動アシストは
ONにせず、それでも薄ら汗ばむ程度で行けました。


その理由の1つが、スタート時のバッテリー残量が3分の1というのがありまして、
映画を見た帰りの方が絶対疲れるだろうから、帰り用にバッテリーを残して
おきたかった事と、帰りの時間が夕方に掛かるという事で、ライト点灯用にも
バッテリーを切らす訳には行かないという理由もありました。


帰りは大半の距離で電動アシストをONにして使いましたが、結果的に使った
電力量はバッテリーの3分の1。
恐らくこれは、アシスト比率が速度に合わせて自動で変更されるシステムの
お陰で、10km以上の速度が出ていれば思いの外電力が節約出来たからだと
思われます。

安物であろうともさすがパナソニック製電動アシスト自転車、電力制御技術は
最新のものが使われているんだなと実感出来ました。


という訳で、電車で1時間掛かる距離を、のんびり走って1時間半というのは
案外悪くない結果です。
しかも晴天ながら風は涼しいという気候条件でしたから、気分も爽快で実に
楽しいサイクリングとなりました。

行きはただの重りとして適度に体力を使い良い運動に、帰りは坂道での疲労を
軽減してくれて、疲れていても気持ちが沈まない帰路を約束してくれる。
いやはや、電動アシスト自転車は思った以上に楽しいです。
私が選んだ小型ママチャリタイプのパナニック SWで、これだけ楽しめるなら
十二分に大満足です!( ^ν^)




う~む、これは将来的にe-BIKEが欲しくなるな…(;^ω^)

# by onikibi | 2019-06-18 13:18 | Comments(0)
c0058052_18343766.jpg

最近はセルフィー向けに広角レンズを搭載したスマホが増えてます。
私のスマホは自撮り用ではありませんが、広角レンズを背面に搭載してあり、
明るい場所では気軽にパノラマ写真が撮れて、これはこれで楽しいです。

しかし広角レンズの端は、どうしても歪みが出てしまいます。
私が撮ったこの写真は、ぱっと見分かりづらいですが、右下の欄干部分が
ぐにょーっと曲がっているのが分かります。


個人的にはこれも広角レンズ撮影のの味かな~、と思っているのですが、
集合写真のセルフィーの場合、端にいる人は顔の形が大きく変形するのは
さすがに味では許せない人もお多いようで…




そこでMITとGoogleの研究者たちが、画面の端で引き伸ばされる顔だけを
自動で修正するソフトを開発したそうです。
フォトショップなどのソフトで、レタッチ職人が手で修正すような作業を
自動で顔だけ判別して、背景その他に影響を与えないように修正するという
非常に手間の掛かる作業を自動修正してくれる訳です。


なるほど、まあ確かにこれなら自撮り集合写真で、全ての人が不満なく
写った写真が出来上がるという訳です。


凄い技術ですね、Googleフォトに実装されたら、世界中で便利になると
思いますが、自撮りも集合写真も撮らない私には、何の関係も無かった…

# by onikibi | 2019-06-17 18:35 | Comments(0)
※注意・ネタバレあり!!※



















c0058052_19022545.jpg

えー、という訳で急遽仕事の休みが出来たタイミングで、豊洲まで行って来ました。
映画「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」を見る為です。
恐らく新宿のバルト9は劇場自体が大混雑だろうと思ったのと、ユナイテッド・シネマ
グループの中で都内では豊洲だけ青ブタを上映していた事もあって、せっかく電動
アシスト自転車を手に入れた事だし、ここは一丁自転車で行ってみるか!と思い
豊洲まで。

もちろん前回「プロメア」を見た時に、結構豊洲のユナイテッド・シネマが良かった
事もあります。
それにポイントが貯まっていたので、一本タダで見れるというのも(;´∀`)



c0058052_19024419.jpg

カタログ値で約36km走れるバッテリーの残量は約3分の2。
直線距離なら自宅から豊洲までは5~6kmという感じですが、ルート検索をして
道なりに走るとなんと片道で20kmくらい走る計算に!
マジカ!?道路を道なりに走るというのは案外走行距離が伸びますねえ。


で、気合を入れて出発したのですが、実際はのんびり走りました。
安全第一で速度も落として走ったのですが、およそ1時間半ほどで到着。
天気が良かったので日差しは暑かったのですが、気持ちのいいライドでした。

そして行きは下りという事もあり、ほぼ電動アシスト無しでした。
でも走りやすい自転車だったので、疲労感は随分少なかったです。




そして肝心の映画ですが…

個人的には内容に大満足、待った甲斐がありました!(*´ω`*)
…言うても半年ほどですが…

これはねえ、TVシリーズを1話から見て来た積み重ねが、かなり映画の内容に
大きく影響を与えてくれます。

主人公・咲太に起きた胸の傷の謎、中学生と大学生の二人が存在する牧之原翔子の
謎に、咲太と麻衣さん二人の行く末…


咲太がどんな人間で、麻衣さんがどんな人間なのか、わずか13話とは言えテレビ
シリーズを見て来た私の中には、確かに彼らがどんな人間でどんな事に喜ぶのか
悲しむのか、確固たるものが出来上がっていました。

だからこその映画での各キャラの行動や決断に、「え!?」っと驚きながらも
それが納得出来てしまう、分かってしまうという事に、悔しくて悲しくてそして
やり切れないという想いが募りました。


全てが丸く収まる解決や、みんなが幸せになるご都合主義な結末というのは、
例えタイムトラベルで何度やり直したところであり得ない話です。
だからこそ人は選択し決断し、前に進まないといけないのです。


それでも科学に希望を抱き、事象の彼方に新たな地平を目指し、量子の世界に
未来を夢見る…
人間というのはロマンチックな生き物なんだなあと思います。



さて、映画も見たし、そろそろ原作小説を読んでみたいと思いますが、読んだら
読んだでまた更にハマりそうな予感しかしない…


取り敢えずTVシリーズをもう一度見直そうっと(;^ω^)

# by onikibi | 2019-06-16 19:03 | Comments(0)

今日は雨、雨、雨…

今日は一日雨なので、本日のブログはお休み(;^ω^)
いや、私は今日も仕事ですけどね。


という訳で以前撮った快晴の写真を貼って、少しでもジメジメした気分を
吹き飛ばしましょうか。


c0058052_13101249.jpg




…なんて虚しい現実逃避なんだ…


# by onikibi | 2019-06-15 13:10 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi