ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

モアナと伝説の海を観に行ったら、レゴバットマン ザ・ムービーの予告編を
上映してました。
なかなか力の入った長めの予告だったのに驚きましたが、一番驚いたのは
予告に使われていた歌。
80年台にヒットした「We Built This City」が流れていてビックリ!!
うわ~懐かしい!ていうかこの曲が入ったアルバム買ったよ、ミーハーなんで。


カバーだと思うんですが、このメロディが流れた瞬間に分かりました(^_^;)
なんだこのオッサンホイホイ…レゴの映画シリーズってオッサン向けなの?

最近は80年台のヒット曲が使用されてる映画も多く、プロデューサーとか監督
とか、偉い人がそういう世代なんでしょうか?
当時MTVにハマった世代が驚くような仕掛けだな。困る…(;´Д`)


でまあ、大体予告だけだったりするんですよね。
そう言えばファインディング・ドリーの予告も、ピーター・ガブリエルの
ソルスベリー・ヒルが使われていたバージョンがありました。
あっちは見てないので、作中に使ったかどうかは知りませんが、そういう話題を
聞かないので予告のみなのでしょう。


まあレゴ・ザ・ムービーシリーズも一本くらい劇場で観ても良いんですけど…
行ったらオッサンホイホイの釣り針に、見事に掛かったようで情けない限りです。
映画に行ったら予告編を見て、勝手にストーリーを想像するのが大好きな私は
一番良いカモなのかも知れません(;^ω^)




あ、友達に教えて貰って「ポッピンQ」のブルーレイを予約しました!
チョロいぜ俺!!

by onikibi | 2017-03-11 00:48 | Comments(0)

モアナと伝説の海

※注・ネタバレあり※









































c0058052_15025651.jpg
という訳で今日から公開の映画「モアナと伝説の海」を観て来ました。
公開初日とは言え平日の金曜日、豊島園は午前中の上映回は楽勝で当日に席が取れました(;´∀`)
とは言え実際劇場に入ってみたら半分くらいは埋まってましたけどね。


映画の感想は、とにかく南国の色彩と映像が綺麗!
ハワイに行った時を思い出すような、現地の南国らしい光と色彩のチョイスは見事です。
リアルさではなく、心に残る風景の印象を上手く拡大したライティングは一見の価値あり。
それを助けているのはもちろん音楽、ハワイアンミュージックやポリネシアミュージックを
上手く作品に溶け込ませて、更に南国気分を高めてくれます。

この映画を見ているとハワイに行きなくなってしまいます(;^ω^)


お話はザックリ言うと非常にシンプル、少女の成長と自身の壁を超え、少しだけ大人になるお話。
闇に蝕まれる村を救う為、しきたりを破り一人海に出た海に選ばれし少女・モアナは、人の英雄
半神マウイの力を借りて苦難を乗り越え、火山の怪物テ・カを退け海の神テ・フィティに心を返し
無事に村を救い人々に未来をもたらします。

海は希望、英雄マウイは勇気、火山の怪物テ・カや世界を覆う闇はそのまま心の闇・恐れ。
古いしきたりを尊重しつつ、新たな未来を切り開く勇気と希望を手に入れる少女の成長物語。
シンプルなだけに、映画から何かを得たいと思う人には食い足りませんが、春休みに子供というか
これ中学生くらいが見ても、将来への不安を抱えた人には刺さるのではないかと思います。

美しい映像と音楽に癒され、説教臭さを感じさせないという意味では、爽快な癒し系映画とも
言えると思います。
スカっとしたい人向けではなく、スッキリしたい・心のデトックスをしたい人向けです。


因みに私は本作の言語キャストで、半神の英雄マウイを演じるドウェイン・ジョンソンのファン。
なので是非とも字幕版を見たかったのですが、残念ながら豊島園では吹き替え版のみ( ̄△ ̄;)
仕方がないので今度新宿へ字幕版を観に行こうと思ってます。
個人的にこの映画は、ドウェイン・ジョンソンの声を聞かねば終われません。


今回は映像を見るだけで得をした気になる「モアナと伝説の海」、来週は期待の「SING」
公開と「ひるね姫」だ!!

by onikibi | 2017-03-10 15:07 | Comments(2)
AMDの新CPU「RYZEN7シリーズ」が発売され、市販品のテストでも順調に高スコアの性能を
発揮しているようで、Intel1強だった個人向けハイエンドCPU市場がにわかに活気づいてます。

お陰で海外では早速IntelがCore i7を始めとしたCPU価格の引き下げを行い、今後もAMDと
共に市場原理に従って価格変動が期待されます。
PC大好き・自作大好きな私としては、非常に喜ばしい状況を迎えましたヽ(*´ヮ`)ノ


とは言え、個人で複数台のPCを所有したり組んだりする場合は、目的別に組む訳ですから
同じ性能である必要はありません。
なのでAPU中心に展開して来た従来のAMDは、ハイエンドではありませんがIntelと差別化
されていたので、私は重宝してましたけど(;^ω^)


そんな中で個人的にも注目していたのは、打倒i7を掲げたRYZEN7 1800Xよりも、
TDP65Wの省電力で動く1700の方でした。
そういう狙い目の人は結構いるようで、その要望に応えるかのようなレポートが
PC Watchに掲載されていました。

「Ryzen 7 1700」は高コスパな8コアCPUとなりえるか?



結果は正にドンピシャ!期待通りの高コスパCPUという判定。
RYZEN1800Xに対して1700は安定して9割近い性能を発揮。
それでいて価格は1800Xより2万円以上安い38,800円、加えて省電力。

うーん、これは期待通りというか、期待以上の高コストパフォーマンス。
メモリ価格が下がり対応マザーが揃った頃に、是非ともRYZEN7 1700で一台組んで
みたいものです。
おそらく春から夏に掛けて、BTOパソコンにも採用されていくつかの製品も出ると
予想されます。
そちらを狙って、素の構成を買っておいて、後で好きなパーツを追加するというのも
良いかも知れません。

いやはや、期待通りの性能と価格のRYZEN7 1700。
今後が楽しみになって来ました。



とか何とか言いつつ、実はIntelの値下げに期待してるのはナイショだ(;´∀`)


by onikibi | 2017-03-09 21:15 | Comments(0)
c0058052_17584849.jpg
キッチンABC江古田店は、まだ内装工事中。
しかしもう壁の横に看板が出してありました。
メニューも幾つか乗っていて、開店が待ち遠しい限りです。



c0058052_17590340.jpg
看板を見ると「昭和44年豊島区にて創業」とあります。
どうやら私が初めて東京に出て来た時に大塚でお世話になっていたお店は、正に江古田に支店を
開設するお店と同系列であったと判明しました。
やっと心のモヤモヤが取れた気分。
そして上京した頃に味わった味が、再び江古田で味わえる事になると思うと感慨もひとしおです。

3月中にオープン予定でしたから、そろそろ開店間近なのでしょう。
出来たら早速食べに行ってみたいと思います。
しかしオッサンとなった今のの私にはキツイところがあるかも(;´∀`)
多分ガッツリ食べさせてくれる所は継承されていると思いますから、学生さんや若者にどんどん
行って欲しいですね。


さて、何を注文するか…今から考えておこう(;^ω^)

by onikibi | 2017-03-08 17:59 | Comments(0)

注文したPROコンはまだか

先週NintendoSwitchを買った後に、ネットで「在庫あり・翌日発送」となっていた別売の
NintendoSwitch PROコントローラー。
ところがその後入荷待ち→発送未定のコンボを食らいました(;^ω^)
さすが○mazon、表記してある在庫数なんて関係ないぜ!

とは言え、Joi-Conを両手持ちでプレイしているので、十字キー必須なゲームが出るまでは
当分届かなくても困らないなー( ´ー`)y―┛~~
キャンセルしてやろうかしら…


そのNintendoSwitchのコントローラーですが、なんと本体付属のJoi-ConもPROコンも
パソコンに繋げて使えるという報告が!!

Nintendo SwitchのJoy-ConがWindows 10でゲームパッドとして動作




まあWiiUのPROコントローラーも、無線でパソコンに繋げる市販アダプターを使って

普通にパソコン用のゲームパッドとして使える訳ですから(現に私は使ってます)

同じ事が出来ても全く不思議はありません(;´∀`)


しかしまさかあの独特のJoi-ConがPCに繋がるとは思いませんでした。

試す人は何でも試しますねえ、さすがです。

これでゆくゆくはSwitch用PROコンも、PC用に転用される未来が約束されました。

それまで持つかどうかはSwitch用ドラクエ10次第ですが(;´∀`)




滑落死を延々続けていたゼルダは、防寒具を手に入れたのでやっと先へ進めそうです。

どこまで行けるのか、どこまで登れるのか、体力ゲージと相談しながら壁や山を登る

快感は、近年のゲームではなかなか無い楽しみ方です。

いや、これがゼルダの本質では全く無いのですが(;^ω^)


山に登って狩りをして、料理を作って夜は寝る。

うーん、これだけで楽しいなんて実にユニークなゲームだ。


時々ゴブリンを爆弾で吹き飛ばしたり棒でシバいて、原野に火を掛けて焼け野原にして

後は野盗のように戦利品を頂戴してるんですけどね(^_^;)



ま、Skyrimでやってた事と何が違うかって言うと、爆弾か弓かの違いしか無かったり。

でも今は放火魔でもあるな、悪化してるじゃんプレイスタイル…


by onikibi | 2017-03-07 22:39 | Comments(0)
既に報じられていますが、ドイツのオペルがフランスのPSAグループになりました。
オペルの株主である米国ゼネラル・モーターズから欧州のフィナンシャル事業と共に譲渡され
1929年から約88年続いたGMの欧州事業は終わりを迎え、オペルとヴォグゾールは名実共に
欧州のメーカーへと戻る事になります。

これがオペルの衰退に向かうのか、繁栄に向かうのかは、現時点では分かりません。
願わくばオペルとしての存在感を発揮しつつ、ブランドの独立と独自性を保って欲しいと
切に願います。

因みにPSAグループがGMに支払ったオペル/ボグゾールの取得金額は13億ユーロ、
金融事業が9億ユーロと報道されています。
くっ…俺に13億ユーロあれば…( ̄△ ̄;)


オペルが再び日本市場へ参入する事はあるんだろうか?
PSAグループに期待…はしてない(;´∀`)
先ずはプジョーとシトロエンの日本販売を頑張って!!





c0058052_20165081.jpg

閑話休題
結局ゼルダはJoi-ConをJoi-Conグリップに装着しないで、本体から取り外して
両手に持って使ってます。
手が小さい私にはジャストフィット!
まんまWiiリモコン+ヌンチャクの無線バージョン。

こ、これは便利過ぎる(;^ω^)
コントローラーみたいに手を体の前に固定しなくて、両手ブラリ、体制自由で遊べます。
こんなところもフリーダム!!
PROコン注文したんだけど、ゼルダはこのままJoi-Con両手持ちでプレイを続けそう…

息抜きに買った「空飛ぶブンブンバーン」は、思った以上に遊びやすくて箸休めに
丁度良い塩梅のゲームでした。
なんかPS1発売当初を思い出す、アイデアと勢いをそのままゲームにしたフレッシュさが
気に入ってます。

あとバイクの振動は意外に凝ってましたね。
これだけでもJoi-Conの振動が過去のゲーム機に比べて完全にレベルが上がった事を
実感出来ました。
これくらいライトなゲームがもっと欲しいところですが、インディーズゲームの参入を
支援してるそうなので、今後に期待が膨らみます。

あ、ポイソフトのゲームは雰囲気がインディーっぽいだけで、仕上がりも良く不具合も
無く、遊ぶ為のストレスゼロという所にプロの腕前が光っています。
誤解無きように伝えておきます(;^ω^)


そしてゼルダで爆弾を手に入れた私は、草原の放火魔と化したのでした…燃えろ~♪
いいから先に進めろよ、道草プレイに全身全霊を傾けてないで…

by onikibi | 2017-03-06 20:17 | Comments(0)

ゼルダBoW超面白い

ゼルダの伝説/ブレス・オブ・ワイルド(略称:BoW)をちょっと遊んでみたのですが、これがまた
超面白い出来でした(*´ω`*)
テレビやネットのCMを御覧の方は分かる通り、海外のリアル系グラフィックとは違う、柔らかな
色彩で描き込まれた絵画やイラストのような世界がシームレスに繋がっていて、見えるところには
全て到達出来るという、オープンワールドの醍醐味全開のゼルダです。

最初から好きな所へ行き、好きな所で自由に死ねる!
いや、死ぬつもりなんざ更々無いんですが(;^ω^)
でもまあサクッと死ぬよね、不用意な行動を自分が取るので。
慎重に行くべきところは慎重に、大胆に行くべきところは大胆に。
それは全てプレイヤーの判断次第です。

こ、これだよ視聴者の求めてるモノは!!

いや、私が求めてるものなんですけどね(;´∀`)
それはもう古くはウルティマから始まって、キングスクエストでもアセンションでもDriver3でも
Fallout3でもSkyrimでもセノブレイドでも…
ずーっと私が求め続けて来たものが、ゼルダの伝説でも初めて実現したという驚愕の事実に触れ、
打ち震えている訳なのですよ(^_^;)

WiiUのゼノブレイドクロスと言い、任天堂は国内では珍しくオープンワールド作りが上手いなと
感心させられます。
それは海外ゲーの文法を真似るとかではなく、ちゃんと自分のゲームの中でオープンワールドを
目的では無く手段や手法として消化しているところに、良く出ていると思います。




c0058052_18541261.jpg
そんなゼルダのパッケージを開いたら、こちらも驚くほどの割り切り!!
こ、これはまた・・・
まあ紙の説明書って読まないよね(爆死)
ただファミコン時代には、そこに書かれたぞんざいなイラストが、ゲームの世界を想像させる
大事な手がかりでもあったのですが。
今はゲームのグラフィックの方が何倍も綺麗ですから、そりゃすぐにゲーム画面を見せた方が
手っ取り早いってもんです。




という訳で昨日の続き(^_^;)


c0058052_18545741.jpg
Joi-Conを本体に装着し充電してる間に、本体を色々操作してました。
これがホーム画面になります。





c0058052_18563249.jpg
そこで早速ニンテンドーeショップを開いて、ソフトを一本買ってみました。
microSDカードは予約した時に早々と買っておいたSanDiskの128GBを装着済み。
ニンテンドーアカウントを入れて残高統合を実行すれば、WiiUや3DSにチャージした金額が
そのままSwitchで使えます。





c0058052_18564232.jpg
そして私が選んだソフトは、ポイソフトの「空飛ぶブンブンバーン」
魔法少女がバイクに跨り、星空の中を暴走…走り回って星のカケラを集めるという、
見るからに聞くからに頭の悪そうなゲーム(褒め言葉)
まあ千円で小難しいゲームを買おうともやりたいとも思いませんけど(;^ω^)

因みにザックリ遊んでみた限り、「魔法少女」というワードから連想される萌え要素は皆無です。
ポイソフトをご存知の方はさもありなんですが。




c0058052_18570071.jpg
購入完了!無事にホーム画面にソフトが追加されました。
あとホーム画面にあるドラクエヒーローズⅠ&Ⅱは無料体験版です。
WiiUや3DSに比べたらスッキリというか、寂しいくらいにアッサリしたホーム画面は
個人的に好感が持てます。
ゲームに特化したNintendoSwitchならではというところでしょうか。
お陰で操作は超サクサクです。

あと、テレビで見る画面も綺麗ですが、本体の液晶画面も驚くほど綺麗!
Tegraのカスタムチップってマジぱねえ!!Σ( ̄□ ̄;)
そして色が綺麗なのも驚き、NVIDIAごめん。Tegraをナメてました。
6.2インチの本体でもこれだけ綺麗なら別にフルHD液晶いらねーな。
解像度が下がった分CPU負荷が減り電池負担も減るなら、これはマジで良い選択です。





c0058052_18572406.jpg
それでまあ、今日は天気も良くて散歩日和。
早速買ったキャリングケースを試してみようと開封。
取っ手が付属していかにもゴツそーうなケースではありますが、ハードケースでは
ありません(;^ω^)
もちろんそれなりにしっかりしてるので、セミハードと言った感じでしょうか?





c0058052_18574108.jpg
本体を収めてみると綺麗に入ります。
液晶のカバー部分は、裏側にNintendoSwitch用ソフトを収める収納になっています。
その上蓋部分はスペースがあるので、USB Type-Cケーブルやイヤホンを収められそう。





c0058052_18580134.jpg
c0058052_18580905.jpg
自転車であちこち走って風を感じ、足腰をイジメた後で、戻って来て江古田の森公園へ。
ベンチに座っておもむろにNintendoSwitchを取り出す姿は、どう見ても不審者です(;´Д`)
写真映りは良くないですが、外でも綺麗に見える液晶画面に問題は無し。
外で風を感じながらやるゼルダは、なかなか気分爽快でしたよヽ(*´ヮ`)ノ

…まあいつも通り、崖から落ちて死んだんですけどね(;´∀`)
体力ゲージが切れるかどうかハラハラしながら登る崖は、大抵落ちてるな俺。
まあいいや、この洋ゲーのように死にまくる展開は嫌いじゃないです。



という訳で、引き続きNintendoSwitchを堪能してる訳ですが、これ軽くて良いなあ。
どこでも持って行けるし、家に買ってドックに挿せば、驚くほどキレイな画面でゲームの
続きが出来ます。
早くこれでドラクエⅩをやってみたいなあ。
そしたらモバイル・ルーター買って、外でオンライン出来るじゃないですか!!
お、恐ろしいゲーム機だNintendoSwitch(;^ω^)

そしてWiiUで未だに遊んでるけど、早くレゴシティ出してね。
外でやるレゴシティはきっと素晴らしい体験になるでしょう。
何よりゲームスタート前のロードが改善されていると信じてます!お願い!!



しかし携帯ゲーム機向けに専用ゲームを作らなくても、NintendoSwitch用に一本作れば
そのまま外で遊ぶ携帯ゲームにもなるなんて、恐ろしい話だなこれ…
スマホやタブレットの進化を考えると全然不思議じゃ無いんですが、そのテクノロジーを
敢えてゲーム専用と割り切って、ブラウジングやSNSは手持ちのスマホにお任せする事で
このサイズでPS4に近いゲームを動かせるというのは、本当に驚くばかりです。
NVIDIAの本気を感じます(;´∀`)



という訳で、ゼルダ好き最新ガジェット好きでなければ、慌てて買うようなもんじゃあ
ありませんが、買った私は予想以上に満足なNintendoSwitch。
結局ゼルダはJoi-Conグリップに装着しないで、両手に持ってWiiのリモコン+ヌンチャク
みたいにして遊んでます。
なんて自由なゲーム機なんだ。

色んな制約から開放され、本来あるべきゲーム専用機に立ち戻ったフリーダムなゲーム機。
私の中でNintendoSwitchは、そういうポジションに収まりました( ´ー`)y―┛~~

by onikibi | 2017-03-04 19:05 | Comments(0)

NintendoSwitch到着

c0058052_18295023.jpg
Amazonさんは頑張ってくれました(;^ω^)
という訳で本日無事にNintendoSwitchが発売日に到着致しました。
届いたのは午後3時を回ってたけど(いつもなら午前中)

まずは記念に本体の外箱をパチリ。



c0058052_18301035.jpg
一緒に届いた物がこちら。
専用キャリングケースに液晶保護フィルム。
そして当然ゲームソフトはゼルダの伝説ブレス・オブ・ワイルド!



c0058052_18303989.jpg
まず開封したら最初に出てきたのがセットアップの説明。
これには理由がありまして、紙の説明書が付いてません(;´∀`)
思い切ったな~任天堂。

まずはこの説明通りにスタートすればOK、後はスマホと同じで画面の指示通りに
進めて行けばセットアップは完了するという仕組み。
それでも迷う人の為に、QRコードで詳しい説明とQ&Aがある任天堂サポートページに
繋がる仕組みです。
多分スマホ触ってる人というか、若ければ若いほど迷わず進めるような気がします。

箱を開けてすぐ触るタイプの人なら問題無いでしょう。
でも説明書をしっかり読んでから…って人には向かないな。
任天堂にしては珍しくバッサリと割り切って、使う人を選ぶ作りに驚いてます。

まあ私は遊びたいのが先に立つので、気にせずバリバリ開けて電源入れますけどね。





c0058052_18314204.jpg
一応開封したら最初に本体と目玉のJoi-Conがありました。
小さいな~!NintendoSwitchの本体!!Σ( ̄□ ̄;)





c0058052_18324638.jpg
c0058052_18325913.jpg
2段目の箱には本体を挿すドックにHDMIケーブルとAC電源ケーブル、それにJoi-Conを
取り付けて使うJoi-Conグリップ。
後はJoi-Conストラップが左右2本入ってました。



c0058052_18331355.jpg

取り出しましたるSwitchドック。
かなり小さくて驚きます。
どれくらい小さいかというと…


c0058052_18333513.jpg
WiiU GamePadと比べたらこんなもんです。





c0058052_18340653.jpg
驚くほど小さいNintendoSwitch本体にJoi-Conを装着して、WiiU GamePadと比較した
画像がこちら。
まあSwitch買った人がやってみたいありがちな比較です(;´∀`)
でも実際に手に持つと、NintendoSwitchのコンパクトさと薄さに驚きます。




c0058052_18342298.jpg
ついでにWiiU PROコントローラーと装着済みJoi-Conグリップの比較。
こちらも手に持ってみたら小ささに驚きます。

残念なのはこの付属のJoi-Conグリップには充電機能が無いところ。
左右分離し独立して無線で繋がるJoi-Conは当然充電式。
本体セットでJoi-Conを充電するにはSwitch本体に装着して、ドックに挿すかUSB Type-C
ケーブルで本体に充電するかしないと、Joi-Conに充電されません。

据え置き機を謳ってはいますが、本体のセット内容では携帯モードで使う事がメインに
想定されている気がします。
キャリングケース買って正解だな(;^ω^)

でもまあゼルダは最初くらいちゃんと大画面でプレイしたいので、寝る時はちゃんと本体に
Joi-Conを差して寝るという事を心がけるつもりですが。
別売の充電式Joi-Conグリップを買うか、それともSwitch専用PROコントローラーを買う
べきか…

ま、悩む事無く十字キーが装備してあるPROコントローラーを早速注文したんですが(^_^;)



c0058052_18344314.jpg
暫く充電もあるし、セットアップをした後はドックに差して3時間ほど放置しておきます。
充電までの間の暇つぶしにブログを書いてる訳では断じてありません!

・・・・ごめん、うそ(´・ω・`)




ソフトのレビューとかeショップの使い勝手とか、そこいら辺はまた後日。
本体とソフトが届いた日くらい、ゼルダに没頭させてヽ(`Д´)ノ

by onikibi | 2017-03-03 18:37 | Comments(0)

素晴らしきかな、人生

c0058052_18501866.jpg

映画の日、夕方に仕事が終わった後で近所の映画館へ。
何を観るかは決めてませんでしたが、せっかくの映画の日なので時間が合う映画を
何か見ようと思って行きました。
当初はアカデミー賞の誤発表で話題の「ラ・ラ・ランド」にしようかと思っていた
のですが、微妙に時間が合わなかったのと2時間25分の時間で回避(;^ω^)

仕事の直後だったので、出来れば2時間以内で何かサラッと見て帰ろうと思って
いたところ、上映時間も長さもピッタリだった「素晴らしきかな、人生」に決定。


いつも通り事前情報全くゼロ、それどころか存在すら殆ど知らない映画でしたが
こういう機会でも無いとまず見ないだろうと思い、敢えて選びました。



ナメてました(;´∀`)
いい映画でした、いやマジで。
ウィル・スミスの時点で気分は「またかよ!」というマイナスイメージからの
スタートだったのですが、ウィル・スミスに対する個人的ネガティブな印象が
却って冒頭で彼が演じるハワードの、自信満々の成功者の姿と被っていたのが
直後の転落へと見事にマッチしてました。

そして以前劇場予告を見ていた事を思い出し、その思い出した予告内容にまた
見事に騙されました(;^ω^)

いや、予告を知らなくても序盤の流れが予告通りで、綺麗に騙されるんですけどね。


ネタバレになるので書きませんが、観る者も退場人物も、自分が能動的視点で
ドラマを動かしている側だと思っていたら、いつの間にか自分たちがパッシブな
立場にあって、自分の問題と立ち向かっていたというところが気に入ってます。

陳腐な部分もあります。
しかし私はそれを笑うほど若くは無く、どちらかと言うと主人公のはワードに
感情移入しながら、その実彼と会社を助ける立場に居た3人の仲間たちの側に
立っていました。


期待してなかった分、観終わったら心地よい気分に包まれていました。
押し寄せる感動の渦も、過激なテーマも、胸躍る冒険もありませんが、
この映画は観て良かったと思える作品でした。

110分で色々と伝えたい事を伝えるには、観る人の想像力に訴えかけなければ
なりません。
そういう意味でも無駄に尺を取る事無く、これだけのドラマを見せる事が
出来るというのは見事だと思います。
面白くあり、色々勉強になりました。あー面白かった(*´ω`*)
by onikibi | 2017-03-02 18:51 | Comments(0)

F1バルセロナテスト開幕

今年もF1のテストがスペインのバルセロナから始まりました。

テストの結果やテストの写真はこちらからどうぞ↓
AUTOSPORT web F1バルセロナ合同テスト 2日目午前


今年からリヤウイングもフロントタイヤも幅広になって、見た目が
かなりゴツくなった今年のF1ですが、タイムも相当速くなってます。
メルセデス一強でレースの興味はかなり失われたとはいえ、やっぱり
シーズン前のテストはワクワクしますね。

まるでプロ野球オープン戦で、応援するチームにまだ夢を見ている
かのような…(;^ω^)

まあ早速メルセデスがその夢を打ち砕いて、今シーズンが始まる前から
興味を削いでくれやがってる訳ですが(^_^;)

そしてレギュレーションでタイヤもエンジンもエアロもも変わった
今年こそ、ホンダが飛躍するチャンスでもあります。
マクラーレン・ホンダの活躍に期待しつつ、誰か(出来ればフェラーリか
マクラーレンが)メルセデスを倒してくれないかな~と、淡い期待を
抱きつつ、まずはテスト結果に一喜一憂しながら開幕を待ちたいと
思います。


ていうか、フジテレNEXTもバルセロナテストの中継をしてくれたら
いいのになと、毎年思うんですけどね。
プロ野球のキャンプ中継みたいにね、あんな感じでダラダラ流して
くれてOK!なのに(;^ω^)

何はともあれ、今年も3月末のオーストラリアから長いシーズンが
始まります。
今年は一体どんな展開でレースが進むのか、始まるまでは本当に
分かりません。
本当に分からない結果になってくれたら、一番嬉しいのですが。

まーここんとこ毎年期待は打ち砕かれれいますが、それでもなお
開幕戦のレースに期待しましょう(;´∀`)




by onikibi | 2017-03-01 00:42 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi