ぴすとんのタワゴト

piston.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

c0058052_22365147.jpg

江古田にあったスーパーオークラが閉店して、残った巨大な空きスペースは一体
どういう風に再利用されるのかと思っていましたが、近くにあったコンビニの
セブンイレブンが引っ越して来るという形に落ち着きました。

元がスーパーだっただけに、結構広いスペースがあるのですが、コンビニでペイ
出来るのかやや心配ではあります(;^ω^)
しかし案の定、今流行りのイートイン・スペースも設けてありますし、冷凍食品や
他の品揃えも豊富で、なんだかスーパーっぽい巨大なコンビニとなりました。


あと、以前のセブンイレブン前にあった郵便ポストもこちらにお引越し。
元あったセブンイレブンも結構前からあったので、地元に密着した大事なお店と
言えると思います。

すぐ近くへの移転ですし、今後も繁盛して続いてくれる事を祈ってます。




うーん、今度はセブンイレブンがあった空き店舗がどうなるのか気になる…(;´∀`)

by onikibi | 2018-05-31 22:37 | Comments(0)

昨日のニュースで見た、遠隔操作のアバターロボ「MODEL H」の市販化に驚いた
ばかりですが、、今度は労働支援型パワーアシストスーツの販売が、今年の8月に
開始されるというニュースが入って来ました(;´∀`)

ほんの数年前までは、ニュースで取り上げられながら、一体どこで使っているのか?
実際に売ってるのかがよく分からなかったパワーアシストスーツ。

実際に労働現場でテストされていたり、ケース・スタディで導入されている現場は
あるのでしょうが、町中の労働現場で見かける機会が無いのでピンと来ない…
という事が大きな理由ではないかと思います。


今回ジェイテクトが発売するパワーアシストスーツJ-PAS」は、業界最大クラスの
40Nmを発生させる電動アシスト・トルクが売りで、製造現場や物流現場での使用を
想定して販売を行うそうです。


うーむ、VRと同じくパワーアシストスーツも、気付けば日常の風景になる日が来る
というのは、案外すぐそこまで来てるのかも知れません。

999の世界にあった「機械の体」って、案外こんなところか始まったのかも…

by onikibi | 2018-05-30 21:35 | Comments(0)

今日のニュースで話題になってましたが、視覚や聴覚だけじゃなく触覚まで
再現して、遠隔操作で使用者に伝えるロボットが開発され、一般向けとして
実用化試験が始まる段階にまで到達したようです。

VR技術を使って遠く離れた場所での作業や体験を行えるロボットの開発は
前々から行われていましたが、遂に実用化の目処が立ったんですね。
予想していたより早く未来がやって来た事に驚きです(;^ω^)



このロボットは「MODEL H」と命名されていて、VRゴーグルを装着した
操縦者の動きをトレースして、遠隔地で自由に動かせるのみならず、視覚
聴覚触覚を操縦者に伝えて、離れた場所で遠くの場所を体感する事が出来る
というスグレモノ。

ニュースの解説にもあるように、まるで映画のアバターみたいです。
ロボットでの体験がリアルに使用者にフィードバックされる様子を見ていると、
個人的にはブルース・ウィリスが主演した「サロゲート」を思い出します。


開発したベンチャー企業のTelexistence(テレイグジスタンス)は、auの
支援を受けて、鹿島や東急不動産と享禄して、今年の夏に東京と小笠原を
繋いだ遠隔操縦体験会を開催する予定なんだそうです。

触覚や温度なども再現されるということで、実際に体験してみたいですね~。

その内にこういうサービスがスタンドアローンの個人向けVRヘッドセットで
利用できるようになるんだろうなあ。
そしたら南極やサハラ砂漠のど真ん中を、家に居ながら体験する事が可能に
なるのかも知れません。

虫にや危険な野生動物に臆する事なく、ジャングルの密林を冒険出来るように
なるのももうすぐか。



うーむ、現実的な価格になるかどうかがポイントですが、凄い時代になって
来ましたねえ(;^ω^)




by onikibi | 2018-05-29 21:11 | Comments(0)

今夜はウマ娘第10R

c0058052_19135648.jpg

…しかし日中は思いの外暑かった…(;・∀・)

という訳で本日はお休みです。
450円で売ってた安いチリワインを飲んでくつろぎます。
タブレットのセットアップやらメディバンペイントの設定やら試し描きで
疲れました(;^ω^)

タブレット自体は超快適で、お絵かきだけに使うのがもったいないくらい。
なんでタブレットに1300万画素の高性能カメラ搭載してんのよ?
スマホの買い替えを先延ばししたんだけど、スマホ本体をテザリング用の
中継機にして、タブレット持ち歩くのもアリだな…

いやいや、お絵かき用に買ったのにそれじゃ本末転倒だ!


ニンテンドーショップで買った半額割引の256GB/SDXCカードをSwitchに
入れて、Switchに入ってた128GBのカードをタブレットに移植したので、
これで保存容量の心配も無くなりました。

風呂上がりに凉んでからラクガキの続きをしよう。



by onikibi | 2018-05-27 19:14 | Comments(0)
c0058052_20151578.jpg

丸4年以上愛用していた液晶タブレットの画面に傷が入ってしまい、自分で思ってた以上に
精神的ダメージが大きかったようです。
その傷を癒やす為に、とうとうタブレット端末を買ってしまいました…

ギリギリまでレイトレックタブと迷っていたのですが、どちらにしても結局はラフと
下描きがせいぜいだろうと割り切るべきだと悟り、HuaweiのMediaPad M5 Proに
しました。
本体の価格差が税込みで4千円以下だったというのも決め手に。



c0058052_20153652.jpg

とりあえず届いた箱を開封。
中に入っていた本体と付属品はこれで全部。
Androidタブレットなので十分な内容です。
コネクタがUSB Type-Cというのも地味に嬉しい。



c0058052_20155187.jpg

おまけに本体保護カバーが付いてました。
液タブ画面を破損させた身としては、これはありがたい。




c0058052_20161272.jpg

そしてこちらが期待の付属ペン。
4096段階の筆圧検知と傾き検知、これがAndroidタブレットに搭載されたからこそ
MediaPad M5 Proにした決め手になりました。

個人的にはクリップ要らない派なんですが、これがあると転がり防止にもなるので
持ち歩き用途には地味に便利です。
あとクリップがあるとタブレットカバーにスタイラスペンを留める事が出来るのも
グッド!



c0058052_20163099.jpg

更にこのクリップはトップで回転させると、USB Type-C充電コネクターを隠す
カバーになっています。
なかなかのアイデアですね。




c0058052_20165542.jpg

このペンは充電式ですが、1回の充電で約50日持つというのもありがたいです。
という訳で早速充電。
ある程度充電してあったようで、すぐに充電は完了しました。

このペン、無くさないようにしないと…





c0058052_20171543.jpg

ペンの充電も完了し、タブレット本体もGoogleアカウントを入れて設定完了。
早速お絵かきソフト「メディバンペイント」をGoogle Playからダウンロード。
一応昨日からWindows版のメディバンペイントProをPCに入れて、操作を勉強
していたので早速ラクガキ。

うーむ、ペンの具合はササッと下書きやラフを入れるレベルなら全く問題ナシ。
むしろWindows版に比べて設定やダアログボックスの出し方が分からない為
メディバンペイントの操作に慣れる方が大変でした。

しかしタブレットでは2点タッチで自由に画面を回転させたり拡大縮小させる
ことが出来るというは便利です。
まあタブレットなんで、本体を回して絵を描けるんですけどね(;´∀`)

あと本体の設定で、ペン入力時は指のタッチで線が引けない設定にしておくのが
大事ですね。
前述の操作は2点タッチなので問題無しで動きます。


Windows版のメディバンペイントProは、コミスタを使ってると戸惑う事なく
すぐに絵が描けるので思いの外便利でした。
Android版も基本は同じなので、インターフェイスデザインで設定やらレイヤー
やらのメニューボタンがどこにあるか覚えると、そんなに困る事も無いでしょう。

それよりもまず手持ちのBluetoothキーボードを繋げなければ…
キーボードがあればかなり便利になる気がします。
とは言えタブレット操作だけでもアンドゥはボタン一発なんで、ラフや下書きは
慣れればキーボードなんて要らない気がしますが。

ラクガキは無事にクラウドセーブでPCで読み込めました。
後でちゃんと完成させます(^_^;)



とまあ、何だかんだで気分転換の意味合いが強かった気もしますが、新しい
お絵かきソフトも試せましたし、色々と新しい事を覚えるのは楽しいです。

多分レイトレックタブを選んでも後悔しなかったと思います。
むしろAndroidタブレットをお絵かきで試すというのは、今から考えると
かなりの冒険だったなあと(;^ω^)

それでもまあ、世の中がどんどん便利で新しい方向に動いてる最中なので、
結局は使う人間が慣れて対応していく事が重要なんでしょうね。

将来はこの板だけでマンガが描けるようになるとイイなあ。


by onikibi | 2018-05-26 20:18 | Comments(0)


またまたサンコーレアモノショップが、変わったアイデア商品を出して来ました。
それがこの水冷クーラーベスト。

バッテリーを搭載していますが、実は冷水をベストの中で循環させるポンプを駆動する
為に電力を使うだけ。
じゃあベストを冷やす冷水はどうするのかというと、凍らせた水タンクを背負って使う
という、実はローテクベストです。

しかし真夏でも凍らせたタンクの冷水は4時間くらい持つそうで、溶けてしまったら
コンビニやスーパーで買って来た氷を入れても代用出来るそうです。

確かに夏の自転車は地獄です(;^ω^)
真夏の自転車移動は、運動のレベルを超えて熱中症への危険すら孕んでいます。
そんな時にこの冷水クーラーベストがあれば、かなり快適に自転車移動が行なえそう。

このベストの使い方はバイクや自転車だけにあらず、真夏の釣りや警備仕事、それに
建設現場で使う事も考慮されています。
ベストの重量はバッテリー込みで2900g、これなら直射日光の下で動く暑さに比べて
十分に使えそう。



お値段は29800円とそれなりに値が張りますが、炎天下での移動を考えたら
一考の価値ある商品かも知れません。


いや、熱中症になりそうな日にはさすがに自転車で遠出はしないんですが…


by onikibi | 2018-05-25 21:28 | Comments(0)

ゆるきゃん△ Blu-ray第2巻

c0058052_20045301.jpg

実は2日も前に届いてました(;^ω^)
私事(液タブ画面の破損)で大わらわだったので、開封も遅れてしまいました。

今回は5話から8話までを収録。
四尾連湖キャンプも収録されていて、再びほっこりした気分に浸れそうです。

今回もオマケが盛りだくさん。
スペシャルイベント「夜の部」優先販売申込券はもちろんの事、新作アニメの
「ほらキャン」も収録。
…ほ、ほらキャン!???Σ( ̄□ ̄;)
もうこれだけで予想はつくけど楽しみ倍増です。
なでしこの中の人、花守ゆみりさんの「はじめてのキャンプ入門」も収録で、
本編だけでも楽しいのに、特典満載なところが嬉しいです(*´ω`*)


タブレット選びに疲れたので、ゆるキャン△見て心を癒そうヽ(・∀・)ノ

by onikibi | 2018-05-24 20:05 | Comments(0)
液タブ画面の一部が破損して、液タブを買い足すか別の持ち運び用タブレット
端末を買うべきか、色々思案していましたが、とりあえずは候補を2機種に
絞って試し描きをして来ました。

池袋の家電量販店に行っても良いのですが、いっそ秋葉原に行った方が
店もモノも多くて良かろうという事で秋葉原へ。



まあ候補はHuaweiのMediaPad M5 Proと

ドスパラが出してる raytrektab DG-D08IWP







上記の2つなんですけどね(;^ω^)


まずは店頭デモ機が自由に扱えるアキバのビックへ。
そこでMediaPad M5 Proを触ってみました。
ペンの動きや追従性は十分、画面サイズも10.8インチで、ラクガキには
ちょうど良い大きさと薄さです。

ペンの書き味も良くてペンとカーソルの視差も感じません。
ネットで買った人の報告やレビューや試し描きを見ていましたが、実際に
触ってみると買った人の満足度の高さに納得です。

お店の人は実に正直で、Androidで筆圧検知製品が殆ど存在して来なかった
事で、MediaPad M5 Proの筆圧検知に対応したソフトがまだ少ない事が
ネックであると、色々と細かい事まで教えてくれました。

既に購入した人のレポートでは、メディバンペイントで筆圧検知は有効で
あると報告が上がっていました。
内蔵のお絵かきアプリ以外も対応製品がある事で、買った後ですぐに使える
事が分かって購入候補としての問題点は無事クリア。

何よりも持ち運びに優れていて、ペンの性能が個人的には十分素晴らしい
出来である事が一番の魅力です。


次にドスパラに行ってレイトレックタブを試してみました。
こちらも試用機が置いてあって、自由にお絵かきが出来ました。

ペンの性能は噂に違わず良かったですね。
そもそもお絵かきに特価したWinタブなので、性能的には間違い無いです。
こちらも評判通りというか、触ってみると評判以上に描けるタブレット
でした。

そして何より税込5万円以下でクリスタがバンドルされている点が凄い!
正直言って、発表された時にハードウェアのスペックを見て、対象外に
していました(;^ω^)
ですが実際に触ってみると実に良く出来たお絵かきタブレットです。

何よりWindows10タブレットなので、お絵かき環境もデスクトップとの
連携も問題なくすぐに使える点が優れています。


一番の問題は、8インチという画面サイズですね。
慣れたら全然問題なく描けるとは思います。
買ったら普通に描けるであろう自信もあります。
それでもせめて10インチあったらなあ…と、MediaPad M5 Proを触った
後だと感じて止みません。


うーん、悩ましい…
ラクガキと線画に限定するならMediaPadで決まり。
ただ実際の作業とシームレスに連携させられるレイトレックタブも
捨てがたい。

どーすっかなぁ。
もう少し色んな情報を収集して熟考してみます。
まずは手元の傷モノ液タブでラクガキだ!!ヽ(`Д´)ノ

by onikibi | 2018-05-23 23:54 | Comments(0)

液タブに物理的破損が…

c0058052_18114977.jpg

ココ数日、デジタルでラクガキしてると液タブの画面の真ん中辺りに
黒い影のようなものが落ちていて気になりました。

液タブ画面が発光していると、保護フィルムの辺りにある傷のような
ものが、正面から見るとドット欠けのように見えていたのですが、
斜めから見ると発光部から浮いて見えるので、液晶画面そのものでは
無いと判断して、購入時から使い続けていた保護フィルムを新品に
交換してみました。

すると…

なんと液晶画面トップの本体透明部に、何か黒い破損が見つかりました!
ショック!!Σ( ̄□ ̄;)

確かに仕事場と自宅を持ち歩いていますから、破損のリスクは常にあった
訳ですけど、まさかこんな事が起きるとは予想外。

しかもここ以外にも、左隅に液晶画面内に入り込んだホコリも見つかって
更にショック!!_| ̄|○ il||li


これも持ち運びを繰り返しているからなんでしょうね、それにしても長年
使い続けた保護フィルムが傷だらけだったので、気付くのが遅れるとは…



実際液タブ画面が発光すれば、写真で見るほどは気になりませんけど、
画面の真ん中近くなので、気にならないと言うとウソになります。
疲れて作業してると消し忘れのゴミかと迷いますし。



まあ…この1点を除けば本体は使えるので、今すぐ買い換えとかは
考えていませんが(Cintiqは超高いし)
いずれ買い替えを検討する時期が来るかも知れません。

うーむ、MediaPad M5 Proを見て良いな~とか思っていた矢先に
肝心の液タブ本体がこんな事になろうとは…
やはり持ち運び用には据え置きの液タブではなく、お絵かきタブレットを
検討した方が良いのかも知れない。

今まで散々仕事場と自宅を往復して、今回のトラブルしか出なかった事が
奇跡的とも言えるし…

Cintiq本体がまだ生きてる内に、真剣に持ち歩き用のタブレットか、
安いUSBバスパワー駆動の液タブを買うか考えよう。

by onikibi | 2018-05-22 18:12 | Comments(0)

ラクガキしてると…

ラクガキしてるとペンで線画が描けるタブレットが欲しくなりますね…(^_^;)

PCと液タブを持ってるので、ちゃんと色塗りしたり仕上げ作業&マンガ制作を
タブレットでやろうとは思っていませんが、どこでもすぐにササッとラクガキ
出来るタブレットが欲しくなって来ました。


今まではラクガキ程度でも絵を描くとなると、iPad Pro以外の選択肢が無かった
というのがネックでした。(本体もそうですが専用ペンが高い…)
けれど先日Huaweiが発表したMediaPad M5 Proが、4096段階の筆圧検知と傾き
検知のデジタイザペンを付属して、思いの外ラクガキ用途に便利そうでした。

リフレッシュレートの差で、当然iPad Proほどペンの素早い動きには対応して
いませんが、正直言ってiPad Proはプロユースの最高峰レベルに達する製品。
ラクガキ用タブレットにそこまでの高性能と支出を求めてない私としては、
今までiPad Pro以外に選択肢が存在してなかったところへ、ペン入力性能が
初めて実用に耐えうる製品が、高いコストパフォーマンスで発売された事に
驚きました(;・∀・)


発売直後のレビューでは2点タッチのバグでリズムゲーが出来ないなど、
まだまだブラッシュアップが必要な部分があるみたいですが、ペンに
関しては期待通りの性能の様子で、一度お店に行って試し描きをして
みたいですね。

ていうか私はペン入力で線画のラクガキが出来れば十分なので、
ゲームが出来ないとかマルチメディアソフトの不具合とか全く
関係ありません(;^ω^)

そういう意味では割り切ったラクガキ用タブレットとして非常に魅力的。
今後値段が下がってくれたら嬉しいガジェットですね。



ヤバイ、マズイ方向へ物欲が向いてる…(・_・;)

by onikibi | 2018-05-21 10:20 | Comments(0)

日々のタワゴトを徒然に


by onikibi